プリンのカラメルはなぜ必要?プディングの違い?チコちゃんに叱られる

プリンのカラメルはなぜ必要?プディングの違い?チコちゃんに叱られる

スポンサドーリンク



卵の味のするプリンは、大好きなものの一つです。

プリンに欠かせないカラメルですが、ちょっとしたコツが必要なんでしょうが、これを自分で作ろうとすると、難しいんです。

ところで、どうしてプリンにカラメルは必要なんでしょうか?

「チコちゃんに叱られる!」(2019年3月15日放送)より、まとめました。

カラメル

プリンのカラメルはなぜ必要?プディングの違い?チコちゃんに叱られる
プリンの下にある、少し苦みのあるカラメルですが、そもそもカラメルとは、砂糖を180~190度に熱して作る焦がしたアメです。

ところで、どうしてプリンにカラメルが入っているか?

キレイな形で食べてもらうため~

詳しく教えてくださるのは、西洋菓子の歴史に詳しい、東京下高井戸の「ノリエット」のオーナーパティシエで、日本洋菓子協会連合会公認技術指導副委員長永井紀之さん。

プディングの違い?

そもそもプリンは、イギリスのプディング(つめる料理)が起源です。

16世紀、イギリスのエリザベス女王のもと、世界の海の支配に乗り出していたイギリスにとって、大きな問題は、船乗りたちの食糧事情でした。

限りある食材を無駄にしないために、船乗りたちが作り食べていたのが、プディングです。

当時のプディングは、あまった肉、あまった人参などの野菜を煮込み、冷やして小麦粉などを混ぜ合わせ蒸します。

その後、プディングは、ヨーロッパ各地でさまざまな形が誕生します。

ドライフルーツやナッツ類を入れるクリスマスプディング。

シンプルなパンだけで作るパンプディング(パン・卵・牛乳・砂糖を混ぜ合わせ蒸したもの)

地域によって材料も見た目も全く違うものが誕生しました。

スポンサドーリンク



プリンのカラメルはなぜ必要?

そして18世紀から19世紀のフランスで、カスタードプディング、いわゆるプリンが誕生したと考えられています。

当時は、カラメルを使っていなかったと言います。

卵や牛乳、砂糖を混ぜ、それを器に入れ、蒸し焼きにし、冷やした後、周りをナイフで切り取り、お皿に出します。

当時のプリンは、取るとき型の底にくっつき、うまく取り出せず、見た目もキレイではありませんでした。

そこでなんとかキレイに取り出せないものかと、ヨーロッパの職人が、カラメルを使うアイデアを思いつくのです。

固めたカラメルを容器の底に入れ、プリンを作り、取り出してみると、キレイに取り出せました。

カラメルは、西洋菓子を作るとき、良くつかわれる材料だったので、料理人の人たちが、見た目をきれいにするために、試行錯誤する中で、たまたま使ってみたら、キレイに取れたので、それが広まったものと考えられます。

なぜカラメルを入れると、キレイに取り出せる?

カラメルは、水に溶けやすいのですが、この特性を生かしたのが、現在のプリンなのです。

固めたカラメルにプリン液を入れると、水分が徐々に下に行き、カラメルが溶けていきます。

そして蒸している間にも、徐々にカラメルは液体になり溶けます。

さらに冷やしている間も、溶け続けます。

カラメルは、プリン液の水分を吸収することで溶け続けているのです。

液体となったカラメルは、型の底とくっつかないので、キレイに取り出せるのです。

今では、容器に入った食べるモノも売られていますが、プリンのイメージとしてカラメルはつくようになっています。

スポンサドーリンク