まんぷくあらすじネタバレ第148話朝ドラ / 野呂さんの店で牧善之介夫妻と好美さん

まんぷく最終回ネタバレ朝ドラ / 歩行者天国!福ちゃんバンコクの屋台で麺食べる まんぷく

スポンサドーリンク





 

2019年3月27日(水)第26週「いきましょう!二人で!」

スポンサドーリンク

あらすじ

あるタクシー会社が「まんぷくヌードル」を大量購入。物珍しさから買ってくれるのではなく、本当にまんぷくヌードルを必要とするお客さんが買ってくれるようになったと、萬平さんは手ごたえを感じます。

さらに萬平さんが考えた次の手は、ヌードル専用の自動販売機の導入です。

外で手軽に食べてもらおうと、大阪に1000台、東京に2000台の設置を目指して動き出します。

福ちゃんはパーラー白薔薇で、敏ちゃんやハナとまんぷくヌードルを食べながら、どうすればまんぷくヌードルが売れるか井戸端会したり、野呂さんのレストランで牧善之介と恵夫妻、真一さんの妻の好美さんと話合います。

福ちゃんは、誰も気づいていないアピールポイントを探し続けます。

鈴さんは、夢枕に現れた咲姉ちゃんに、若くして亡くなって悔いが残っているか尋ねると、「最後にみんなにありがとうと言えた。」そのことを思い起こし、生前葬をすると言い出します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回147話 | 次回149話>>

前置きレビュー

自動販売機
今のように、24時間営業のコンビにもなければ、ファストフード店などありませんでした。

おそらく、夜勤をやっている人など、お腹がすいたら、街中にある食堂でご飯を済ませるか、店屋物をとって済ませることくらいだったと思います。

時間的なことを考えたら、確かにまんぷくヌードルがあったら、気兼ねなく、場所を考えずに食べられるので、画期的だと思います。

多少値段が高くても、時間の方が貴重だと思うので、タクシー会社に売れたのも、そういう利便性が、受け入れられたのもわかります。

ただ、軌道に乗るまでが、ほんとうに一苦労です。

源ちゃんや岡さんは、家に帰って夕食を食べた後、営業に走り回ります。

タクシー会社以外にも、夜勤をしている会社はあるでしょうから、そこへ飛び込みに行くわけです。

いつまでも、その状態が続くとは思えませんが、そんな中、萬平さんは、自動販売機を設置することを思いつきます。

こんな発想が出てくるなんて、スゴイとしか言いようがありません。

コンビニがないので、自動販売機は、便利な機械だったかもしれませんが、AIなどないアナログな時代です。

「フタは、どうする?」「〇キちゃんは?」と疑問が出てくるのですが、もはや萬平さんの辞書には「不可能」という文字はありません。

感想

野呂さんのレストラン
福ちゃんは、まんぷくヌードルのアピールポイントを探そうと、いろんな人から話を聞きだそうとします。

パーラー白薔薇で級友たちと、野呂さんのレストランで、牧善之介夫妻と、真一さんの妻の好美さんと一緒にランチをしながら、まんぷくヌードルの話。

すると牧善之介さんは、古い世代には、まんぷくヌードルを理解できない人がいると言います。

確かに、そうだと思います。

鈴さんは、ずっと近くにいて工程を見てきたので受け入れましたが、世間のお年寄りは違います。

その人たちを無視するというワケではありませんが、やはり価値観をわかる若い人に向けた方が話は早いのですが、それをどうアピールすれば良いかが見えません。

この後、なるほど!と思える展開が待っているのですが、大きな花火になると思いますけれど、どうなることやら楽しみです。

しっとり咲姉ちゃん

何かと言えば、このごろの鈴さんは、「もう長くないし」が口癖になっています。

それは言ってはいけないと思うのですが、言いたくなってしまうんでしょう。

若い孫の幸ちゃんにも、グチをこぼし、かまってちゃん状態です。

そんな中、また咲姉ちゃんが夢枕に現れたと話ますが、確かに自分は年を取ろうが、若くして亡くなってしまった娘は、永遠に若いままです。

今日の咲姉ちゃんは、いつにもましてさらにしっとりした感じで、いかにも若奥さん然として、お料理をしています。

ほんとうなら、生きながらにして、毎日、こんな風にお料理をしていたと思うと、やはり切ないものがあります。

鈴さんは、若くして亡くなってしまったことで、悔いがあるんじゃないかと問うと、咲姉ちゃんは笑顔で、最後、みんなにありがとうと言えたから、何も悔いがないと言います。

そんなものなんでしょうか。

ともかく鈴さんは、そのことを思い起こして、生前葬をやると言い出します。

考えてみれば、鈴さんは、娘を早く亡くしましたが、夫にも早く先立たれているので、未亡人状態が長く、その寂しさは計り知れないものがあります。

娘の旦那がいくら立派になったと言っても、それと自分の内面のことは別です。

そんな埋められない寂しさもあるのかもしれませんね。

それにしても、今日の安藤サクラさんは、いつものようなデフォルメした驚きの「えっー」じゃなかったですね。

鈴さんが生前葬をやるというシリアスな場面に、一応合わせてみたんでしょうか。

BBAの管理人には、あの演技が喜劇とも思えず、良さを理解できないのですが、今日は自然な感じでした。

<<前回147話 | 次回149話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました