ラザロいだてんで日射病で死去!そっちじゃない史実?画像マラソン選手

ラザロいだてんで日射病で死去!そっちじゃない史実?画像マラソン選手

異国の地で接する外国人と、心の交流が持てるほど楽しいことはありません。

ドラマ「いだてん」で四三さんは、ストックホルムでのオリンピックに参加することになりますが、そこでポルトガル人選手のラザロと交流を持つことになります。

片言の言葉であっても、気持ちの通じる相手がいると、それだけで緊張もほぐれると思います。

しかも、ラザロ選手は、四三さんの履いていた足袋に興味を持ってくれ、こんなうれしいことはありません。

片言でのやり取りにしかすぎませんが、四三さんが競技をする上で、ラザロは特別な存在になります。

そんなラザロ選手には、思わぬ末路が迫っていました。

ラザロ選手について、まとめました。

スポンサドーリンク

ラザロ選手の経歴とプロフィール画像マラソン選手

ラザロいだてんで日射病で死去!そっちじゃない史実?画像マラソン選手
フランシスコ・ラザロ(Francisco Lazaro)

生年月日:1891年1月21日~1912年7月15日

ポルトガルの陸上競技選手です。

ラザロはポルトガルで有数の長距離選手、すでに1910年のリスボンマラソンを始めとして国内のマラソンで3回の優勝経験がありました。

ラザロはポルトガルの選手としては初めてオリンピックマラソン競技の代表としてストックホルムオリンピックに出場することになり、オリンピックの開会式では旗手を務めています。

ラザロいだてんで日射病で死去!

ストックホルムオリンピックのマラソン競技は、19カ国から68人の選手が出場して1912年7月14日に開催されました。

この日は気温が40度に達し、日陰でも32度を計測するという記録的な暑さで、選手のうちほぼ半数の33名が途中棄権する事態となります。

金栗四三さんと同じく、熱中症で意識を失う選手もいました。

ラザロは、30キロ過ぎの給水所を越えてゴールまであと8キロを残した地点で倒れて意識を失います。

ラザロが倒れたという知らせはすぐに伝えられて、医者が駆けつけます。倒れてから約1時間半後には、病院に搬送されて夜通しの治療を受けますが、体温が42.1度の高温に達し、意識不明の状態で翌朝6時に亡くなります。

ラザロの死因については、競技実施日の記録的な暑さによる深刻な脱水症状によるものと推定。

なお、ラザロは殆どの選手が日除けの帽子を被っていた中で、帽子を被っていない選手の一人と言われていますが、途中、スカーフをかぶっていたそうです。

この写真が、ストックホルムでの競技の様子の写真になりますが、何もかぶっておらず、口ひげの人がラザロとのことです。

ラザロいだてんで日射病で死去!そっちじゃない史実?画像マラソン選手
また、ラザロは、日焼けと過度の発汗を防止するために、体の表面の大部分にワックスを塗布していたことが判明しています。

このワックスの油分が水を弾いて自然な発汗までも妨げたために、体内における電解質の重篤な不均衡を引き起こす結果になったと見られています。

1912年に開催されたストックホルムオリンピックのマラソン競技中に倒れ、その翌日に死去したラザロは1896年に近代オリンピックの歴史が始まって以来、オリンピック競技で亡くなった初めての選手です。

ラザロの訃報は、他の選手たちや世間の人々に衝撃を与えました。

この事態を受けて当時の国際オリンピック委員会会長だったピエール・ド・クーベルタンはラザロの遺族に哀悼の意を表します。

オリンピックが終ると、メインスタジアムでは追悼の音楽会が催され、23,000人の人々が参列しました。

音楽会での収益14,000クローナはラザロの遺族に贈られます。

その後、このマラソンの折り返し地点であるソレントゥナには記念碑が建立されました。
ラザロいだてんで日射病で死去!そっちじゃない史実?画像マラソン選手
財政的な困難のため、ラザロの遺体は約2か月後にポルトガルに移送され、1912年9月24日にBenfica Cemeteryに埋葬されました。

参照元:http://anavedobomgosto.blogspot.com/

故国ポルトガルで執り行われたラザロの葬儀には、数千人の人々が参列したそうです。

21歳の若さでした。

ラザロいだてんそっちじゃない史実?

どこまで史実なのか、わからなかったのですが、ドラマではラザロは、ポルトガルで大工をやっていました。

貧しくて、電車に乗ることができず、いつも走って移動をしていたところ、マラソン選手にスカウトされます。

途中、四三さんは道を間違えますが、ラザロ選手に「ノーノー」と言われますけれど、道ではなく、生死を分ける境目を指していたのではとネットでは言われています。


皮肉なことに、その後、当のラザロ選手が亡くなってしまうなんて。

ドラマではラザロ選手は、日射病による髄膜炎で亡くなります。

ラザロいだてんの役者俳優

ラザロを演じたのは、ポルトガルで売り出し中の俳優、エドワード・プレダさんという人ですが、詳しいことはわかりませんでしたが、実物ととても似ていると思います。

世界各地でオーディションを行い選ばれました。

スポンサドーリンク