なつぞら広瀬すず役モデルは奥山玲子!出身学校スゴイ!子供や夫?画像

なつぞら朝ドラ感想25話あらすじネタバレ / 信哉が東京からなつに会いに十勝へ なつぞら

スポンサドーリンク





 

朝ドラ「なつぞら」は、日本のアニメーションの草創期を描きます。ドラマは3編で構成され、「北海道・十勝編」「東京・新宿編」「アニメーション編」。

ヒロイン、奥原なつ(広瀬すず)がアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を発揮してゆく姿が描かれます。

このドラマの「アニメーション時代考証」として参加する小田部羊一氏は、日本のアニメーションとゲームの世界で数々の実績を上げ、故・高畑勲氏、宮崎駿氏と共に、「アルプスの少女ハイジ」「母を訪ねて三千里」を創り上げます。

ゲームの世界に転ずると、任天堂で「スーパーマリオブラザーズ」や「ポケットモンスター」のキャラクターデザイン監修、アニメーション監修を務めています。

そんな小田部氏の夫人の奥山玲子さんは、日本のアニメーションの草創期を支えた女性アニメーターで、ドラマ「なつぞら」の主人公奥原なつのモデルと言われています。

どんな人なのか、まとめました。

スポンサドーリンク

なつぞら広瀬すず役モデルは奥山玲子!経歴とプロフィール

奥山玲子

生年月日:1935年~2007年

出身地:宮城県仙台市

1958年東映動画(現・東映アニメーション)入社。
日本初の長編アニメーション映画「白蛇伝」(動画)、「わんぱく王子の大蛇退治」(原画)、「太陽の王子ホルスの大冒険」(原画)、「アンデルセン童話 人魚姫」(作画監督)、「龍の子太郎」(作画監督補)、「注文の多い料理店」(原画)、「冬の日」(絵コンテ・原画)

1985年より東京デザイナー学院アニメーション科講師。1988年より銅版画制作。

スタジオでは女性アニメーターのリーダー的存在でした。

労働組合の活動にも積極的に参加し、女性の処遇改善や合理化阻止を掲げて闘ったそうです。

なつぞら広瀬すず役モデルは奥山玲子!出身学校スゴイ!

子供の頃は病弱で、学校もよく休んだりして、「日本文学全集」や「世界文学全集」とかを読んでいたそうです。宮城学院高等学校を卒業すると、父親が教員だった影響で東北大学の教育学部に進学しますが、2年で辞めて、家出同然で上京します。

東北大学と言えば、旧帝国大学です!

しかも、当時、女性で大学に進学する人は、それほど多くなかったと思うので、かなり珍しかったと思います。

大阪帝国大学附属医学専門部を卒業して医師免許を取得した手塚治虫さんといい、日本のアニメの根幹にかかわられていた人が、高学歴で驚きました。

ただ、男尊女卑ではありませんが、アニメーションの世界は、雑誌の少女漫画の世界より、厳しかったのではと思います。

男女雇用機会均等法が成立し施行されたのは、1986年になるので、女性の活躍が、隠されてしまったようにも思えます。

絵は我流で、高校では友達のマンガ的な似顔絵やスタイル画を描いていました。

東北大学では油絵を描いていて、とにかく自立するんだと意気込んでいました。

たまたま映画撮影所と関係のあった叔父から東映動画の募集を教えてもらうのですが、「動画」を「童画」と間違え、絵本などの仕事が出来ると思い東映動画に入社。

本当は東京でファッションとか語学とか、そういう関係に行きたかったようです。

奥山は敗戦で教科書に墨を塗らされたりして、価値観が全部ひっくり返った経験から「もう何も信じられない」となった人で、負けず嫌いで反骨精神のある自立した女性でした。

初期のころ、アニメーターや仕上げ(セル画の色を塗る職種)で意外にも、女性が多かったのですが、当時、女性スタッフは「結婚したら退職します」という誓約書を書かされていました。

ところが、奥山さんは、それに反発します。

とにかく負けず嫌いで、アニメーターとしてもたくさん描きます。

当時、新人は会社から1日15枚のノルマがありましたが、奥山さんは負けず嫌いだから、残業してでも、たくさん描きます。

奥山さんは、モダンジャズのセロニアス・モンクとかを良く聴いたそうです。

昔のアニメの音楽って、ジャズが多いんですよね。

今聞いてもカッコいいのですが、さすがにある程度の年齢になってから、そのことに気づきました。

なつぞらモデル?

奥山さんは仙台出身ですが、ヒロインは北海道出身ということもありますが、あくまでも「なつぞら」の奥原なつは、奥山さんの伝記じゃなくて、「モデル」というか「ヒント」です。

奥山さんを通して、当時のアニメーション業界の世界を描くことです。

当時の東映動画にはディズニーを追い越せという気概があり、みんな大変だったけど楽しんでいた当時の熱気と、奥山さんや女性スタッフたちの仕事ぶりなど、そういう雰囲気がドラマにエッセンスとして出るかもしれません。

奥山玲子さんには、一貫した「自己表現の追求」と「意志の強さ」を持った人です。

アニメーションの世界という限定されたものではなく「夢の実現」「女性の地位向上」「後進の育成」と、ドラマのヒロインのモデルにはピッタリの人です。

奥山玲子子供は?

お子さんは、いらっしゃらないようです。

数々の作品が、子供と言っていいのかもしれません。

まとめ

広瀬すずちゃんは確かにかわいいけれど、そのモデルになった奥山玲子さん、「巨人の星」の星飛雄馬のお姉さんみたいで、とてもキレイな方で驚きました!

こんな方が、日本のアニメの草創期に関わっていたなんて、日本、スゴイです。

「マジンガーZ」に「母を訪ねて三千里」など、その節は、お世話になりました。

そんなこととはつゆ知らず、婆になり果てしまいましたが、奥山さんという方を知れて良かったです。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました