仙道敦子おしん美少女かわいい!朝ドラなつぞら!若い頃の画像年齢?

猫の鳴き声の意味やネオテニー?ニャーかわいい?チコちゃんに叱られる 芸能

スポンサドーリンク





 

NHKの朝ドラ「なつぞら」で、帯広に店を構える「菓子屋 雪月」の店主の妻、小畑妙子を仙道敦子さんが演じます。

俳優の緒形直人との結婚を機に、女優業から離れていましたが、2018年放送されたドラマ「この世界の片隅に」で、23年ぶりに女優復帰。

23年ぶりなんて、無茶苦茶緊張しそうですね。

もっとも仙道敦子さんは、もともと子役から始められていたので、案外度胸はすわっているのかもしれません。

実は、「おしん」にも出演していたのです。

ちょっと仙道敦子さんについて、まとめました。

スポンサドーリンク

仙道敦子の経歴とプロフィール

仙道 敦子(せんどう のぶこ)

生年月日:1969年9月28日

本名:緒形 敦子(おがた のぶこ)旧姓、仙道

出身地:愛知県名古屋市

所属事務所:研音所属

夫は俳優の緒形直人

長男は俳優の緒形敦

義理の父は俳優の緒形拳

義理の兄は俳優の緒形幹太

東京都立代々木高等学校卒業。

児童劇団ひまわりから、1980年東京12チャンネル「大江戸捜査網」に出演

1981年、ANBテレビドラマ「判決-生きる」(9月24日、)でレギュラーデビュー。

「積木くずし その後の娘と私たち」(テレビ・1985年 制作中止になる)

1984年、サントリーの炭酸飲料「サスケ」のCMなどでも活躍します。

斬新!!しかも超豪華メンバー!!!!

1982年、東映映画「鬼龍院花子の生涯」

1983年、「白蛇抄」では、1984年度日本アカデミー賞新人俳優賞、第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞しています。

仙道敦子おしん美少女かわいい!

おしんの4つ上の姉・はるの少女時代を演じますが、この時、仙道敦子さんは13歳です。

生まれたのは、山形県の最上川上流の寒村です。

おしんの生家は、地主から五反の田を借りた小作で、とても貧しい生活を強いられています。

はるは、当時貧しい農村では珍しくない奉公に出されます。

かわいいです!

管理人としては、仙道敦子さんのかわいさと言ったら「鬼龍院花子の生涯」の松恵です。

夏目雅子さんの子供の頃を演じていたのです。

ちなみに「なつぞら」では、おしんを演じた小林綾子さんは、主人公奥原なつの同級生の少年山田天陽の母を演じます。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました