夜が暗い理由?宇宙が膨張涯てがある!なじみの店?チコちゃんに叱られる

夜が暗い理由?宇宙が膨張涯てがある!なじみの店?チコちゃんに叱られる チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

子どもの頃、おばけが出てきそうで、夜は苦手でした。

チコちゃん「だから夜になるとどうなるの?」

かたせ梨乃「暗くなる」

チコちゃん「夜が暗くなるって知っているんだ」

かたせ梨乃「知っている」

チコちゃん「なんで、夜は暗いの?」

かたせ梨乃「太陽が沈むから」

チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ」

「昼は明るく夜は暗い」これを当たり前と思っていませんか?

「チコちゃんにられる!」(2019年4月5日放送)よりまとめました。

スポンサドーリンク

夜が暗い理由?宇宙が膨張!

夜が暗いのは宇宙に涯(は)てがあるから

「その質問があるからこそ、現代の天文学が発展したと言ってもいいほど、大きな鍵なんです。」

そう答えるのは、宇宙物理学の第一任者佐治晴夫先生(丘のまち郷土学館美宙天文台長)

宇宙探査機ボイジャーに、宇宙人へのメッセージを人類を代表して作ったメンバーの一人です。

世界的なレジェンドです!

夜が暗いというのは一言で言ってしまえば、宇宙に涯(は)てがある証拠です。

太陽が隠れているからではないんです。

そういうこと言うとね、「あいつ凡人じゃないか」って笑われちゃいますよ。

先生によると、生まれたての宇宙は、今よりかなり小さく、長い年月をかけて、現在の大きさになりました。

ということは、宇宙のはしっこが存在。

つまり宇宙には、涯てがあるということになります。

宇宙の大きさに限りがあり、星の数にも限りがありますと考えられています。

宇宙の中には、たくさんの星があって、その中の一つが、太陽であり、太陽以外にも宇宙の中には、太陽のように光る星が多数あります。

もし宇宙が無限に広がっていたら、太陽のように光る星も無限にあることになるので、夜空は明るいはずです。

わかりやすく子供たちのために書いた本があります。

おそらに はては あるの?

空には星がいっぱい、空には星がいっぱい、大きい星、小さい星、明るい星、暗い星、その星と星の間の暗いところも。

よくのぞいてみると、小さな星でいっぱいです。

望遠鏡で、もっともっと大きくして見ると、やっぱり星と星の間には星が見えてきます。

お空に涯てがなくて、この星空がどこまでもどこまでも続いていたとすると、星と星の間の暗いところは、小さな星屑でいっぱいになってしまいます。
夜が暗い理由?宇宙が膨張涯てがある!なじみの店?チコちゃんに叱られる

森の樹の下で見上げると、小さな葉っぱもたくさん重なって青空を隠してしまうように。

「もし宇宙が無限に広がっていたら、星と星のすき間には、遠くの星の光が見える。さらに遠くの星の光が、さらにさらに遠くの星の光が見えるはずです 。」

もしお空に涯てがなくて、星空がどこまでもどこまでも続いていたら、暗い星空はなくて夜はきっとこんなに眩しいことでしょう。

今、私たちが見上げる夜空が暗いっていうことは、大空に涯てがあって、どこまでも星空が続いているのではないっていう証拠です。

宇宙が膨張していることも、夜が暗い理由の一つです。

先生によると、138億年前に誕生した宇宙は膨張して、今の大きさになり、今なお膨張し続けていると、この膨張が夜をさらに暗くしています。
夜が暗い理由?宇宙が膨張涯てがある!なじみの店?チコちゃんに叱られる
宇宙が膨張しているというのは、太陽、月や人間など宇宙のあらゆるものが膨張していると考えられています。

宇宙が膨張するとどうなる?

地球から等間隔に四つある玉を星、黒いゴム紐を膨張する宇宙とたとえます。

地球から一番近いみどりの星と、一番遠い赤い星が地球から遠ざかるスピードに注目。

宇宙が膨張するのを、緑のボールと赤いボールを見比べてみると、赤いボールの方がより早く遠ざかります。

遠い星ほど早く遠ざかるので、これが宇宙の膨張です。
夜が暗い理由?宇宙が膨張涯てがある!なじみの店?チコちゃんに叱られる
遠い星ほど速いスピードで遠ざかっているので、地球に届く星の光遠ければ遠いほど弱く、かすかな光になって行きます。

いずれは近くの星も遠ざかり、消えてしまう運命をたどります。

つまり夜は、今よりもどんどん暗くなっていくのです。

星が見えるのは、ものすごく貴重な、今という時間しか体験できないこと。

そういう風に思いながら星を眺めていただきたい。

なじみの店

佐治先生「チコちゃんは、これは当たり前だと思ってたんだけど、実は違ってたってことあるかな?」

チコちゃん「なじみの店が閉店するたびにそう思う。・・・・あの先生は凄い先生で、NASA が認定していた宇宙人と最初に接触する地球人だった!」

塚原愛「人類を代表して佐治先生が、宇宙人へメッセージとして送ったのが、音楽なんです。言葉がなくても、感じ会うことができる音楽がいいだろうというふうに考えたそうなんです。その中でも、美しく数学的な構造を持つ、バッハのプレリュードなどを選んで送られました。」

まとめ

なんでも永遠にあるなど、思ってはいけないのだといろいろと思わされるこのごろ、今回の話もやっぱりでした。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました