おしんあらすじネタバレ第14話朝ドラ / たぬき汁飲まされる!

おしん あらすじ 126話ネタバレ朝ドラ / 佐和の裏切り?脱出失敗 キャスト再放送感想 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年4月16日(火)

スポンサドーリンク

あらすじ

おしんは、俊作と松造に身の上を話しをすると、松造が自分の息子が二百三高地で亡くしてしまったと話します。

山小屋の暮らしは、おしんにとって驚きばかりの、まったく未知の暮らしでした。

そんな毎日が、いつしかおしんに、家のことも奉公先のことも、遠い世界のことのように忘れさせていました。

おしんが中川材木問屋からいなくなって20日を過ぎたころ、口入や屋の源助がやってきて、源助におしんがいなくなったことを話します。

源助は、おしんの家に行くと言いますが、おツネは、連れ戻す必要はないと言って、渡した米1俵返してもらいたいと言い出します。

おしんは、自分のことを何ひとつ話そうとしない俊作に、子ども心ながらに暗い影を見ていました。

口入れ屋の源助が、おしんが逃げたと、おしんの実家に文句を言いに来ました。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回13話 TOP 次回15話>>

前置きレビュー

見知らぬ男にびっくり!

中川材木問屋で、盗人呼ばわりされ、契約のことをわかっていながらも、さすがに耐えきれなくなったおしんは、逃げてきてしまいます。

あのまま中川材木問屋にいたら、盗人として、どんなヒドイ目に合わされるかと思えば、逃げた方がましと思っても仕方がないと思います。

しかし、雪深い中、幼い身で逃げるのは、生きるも地獄の世界でした。

そんな悲惨な状況とも思えますが、助けてくれる人が現れますが、凍死寸前の状態でした。

人間簡単に死ねませんが、それにしても苦難の連続に、胸が苦しいです。

とにかく死なせてはならないという思いから、猟師は、裸になって、幼いおしんを温めます。

おそらく、手足から顔から、氷のように冷たくなっていたのかもしれません。

凍死などしてしまったら、一生不自由な思いをすることになるので、猟師は必死の思いです。

ようやくおしんは、目を覚めると、どこにいるのかわからず、しかも目の前には、見知らぬ男がいます。

驚くと、猟師が気づきますが、おしんは裸で抱かれていたことがわかり、おびえてしまいます。

すぐに、猟師は、熱い汁を飲ませてやるからと言ってくれますが、おしんは、自分のおかれた状況がわかっていません。
たぬき汁!
熱い汁飲めと言われて、けんちん汁のようなモノかと思っていたら「たぬき汁!」

管理人、頭が混乱・・・・

いのししや鹿は、今でも食べますが、明治時代に「たぬき汁」なんですね。

江戸時代の大名だったか、「鶴」を食べた記録がありますが、「たぬき」

あまり美味しそうなイメージがないのですが、おしんは「おいしい」というのです。

おしんの「おいしい」は、わからない。

普段、大根飯しか食べていないから、なんでも美味しく思えたのかもしれませんし、ほんとうに美味しいモノなのかもしれない。

とは思ったのですが、気になって調べたら、平成の世でも、たぬきを食べていた人がいました。

なんでもたぬきは、時期を選べば、脂のノリが良くて、美味しいのだそうです。

感想

おしんの身の上
俊作は、おしんが、まだ7歳で奉公に行かされたことに驚いたようでした。

おそらく俊作は、道に迷って遭難してしまっただけとしか考えていなかったのか、おしんの境遇に驚き、詳しく聞きだそうとはしません。

おしんは、俊作に松造が、やさしくしてくれるので、すっかり打ち解け、子ウサギのみたいに、雪の中を飛んでかわいいです。

腐ってるおツネ
口入れ屋の源助に、おしんが逃げて、もうあんな子いらないから、米1俵返してもらって、その米で、別な子をよこせなんて、おツネは、本当にいじわるでセコイです。

そして、ここでも奥さんは、つねに強く言わないのも歯がゆいです。

自分の早合点で、おしんを盗人呼ばわりしたクセにして、それもこれも口入れ屋の責任だと、たいそうなモノのいいようで呆れます。

自分が、反省をするなど、みじんも考えないんですね!

俊作に興味津々
親切にしてくれる俊作は、鉄砲を持って、おしんの父とは全然違う暮らしをしています。

しかも話す言葉が違うと、利発なおしんは気づきます。

おしんは得意になって、カタカナが書けることを言いますが、俊作は、おしんの身の上を思うと、あまり話そうとはしません。

おそらく俊作の育った環境とは、あまりにも違うのだと思います。

おしんは、素直に、俊作のところの子供になりたいと、家に手紙を書きたいと話をしますが、俊作は、自分の居所を知られては困るので、おしんをにらみます。

何はともあれ、このまま俊作のところにいられたら、毎日美味しいモノをお腹いっぱい食べられ、ヒドイ扱いを受けることもありません。

それに、見たこともない本が置いてあるので、どんなことが書いてあるのか、気になるのでしょう。

おしんには、ワクワクすることがたくさんですが、今の生活が長くは続かないんですね。

<<前回13話 TOP 次回15話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました