おしんあらすじネタバレ第23話朝ドラ / 泉ピン子ふじが銀山温泉宿の女中に出稼ぎ

おしん あらすじ 簡単に?46週目「恩返し」ストーリーキャストネタバレ朝ドラ  再放送再起編 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年4月26日(金)

あらすじ

小作の貧しさに耐えかねたおしんの父親作造も、ブラジル移民に夢をかけようとしたのです。
しかし、作造もさすがに母親を捨てられず、いつかその話も立ち消えになり、おしんの母ふじ(泉ピン子)が、その年の一家の窮乏を支えるために、出稼ぎに出ることになります。

明治41年秋、おしん8歳。

おしんの一番下の妹のスミを、養子に出すことになりました。

ふじは、旅立っていったのですが、おしんには、温泉宿の女中が、本当はどういう仕事をするのか、知る由もありませんでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回22話 TOP 次回24話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

ブラジル移民
山の中の貧しい暮らしから、いきなりブラジル移民の話が出てくるなんて斬新です。

ふじは、そんな良くわからないところへ行ったからと言って、生活が急に楽になるとは思えないと反対をします。

作造の話では、ブラジルは、一年中、お日様が輝いていて、土地も肥えていると、まるで天国を見るような気持ちになったのかもしれません。

雪で閉ざされた所に住んでいると、そういう土地に憧れを抱いてしまっても仕方がないです。

作造の聞いた話は、いいことばかりです。
土地をくれるから、小作じゃなくなるので、採れたものはみんな自分のモノ。

さとうきびは、面白いように出来て、コーヒーというものを作れば、お金になると。

作造の頭の中では、楽園にでも住んでいるかのように、想像していたのかもしれません。

しかし、ふじは本当に良くできたお嫁さんです。

年寄りのなかを、そんなわけのわからないとこへ連れて行くわけにいかないので、自分は行かないと拒否します。
養女
とうとう口減らしのために、おしんの一番下の妹のスミを、養女に出すことになってしまいました。

おしんは、スミが、どうして人の家に行くことになってしまったのか、納得できません。

このままスミを、この家で育てても、どうせ、おしんのように奉公に行かせることになってしまいます。

それならいっそ、いい家にもらわれた方が、幸せになれると考えてのことでした。

酌婦

ふじが温泉宿の女中として出稼ぎに行くことになりましたが、重いです・・・

女中と言っても、掃除洗濯をやるような奉公とは違い、いわゆる酌婦です。

貧しい農村の農閑期に、ふじのように酌婦をやることが、あったようです。

作造には、もしかすると一番堪えられえないことだったのかもしれませんが、そこまでしないと食べていけないのでした。

感想

スミと突然の別れ
毎日、スミを背中におぶさって子守りをしていたのに、突然、養女に出されることになって、おしんは驚きます。

いちいちおしんに断りなど入れないので、無理もありませんが、かわいい妹が、他の家にもらわれてしまうのです。

ふじは、この家に、このままいるよりも、いい家にもらわれて、お腹いっぱい美味しいモノが食べられ、きれいな着物を着られて、学校へ行ける方が、よっぽどいい。

ここにいたら、そんなこと、一生叶うことがないので、それなら、まだ赤ちゃんのうちに、人の家にもらわれた方が幸せだと言うのです。

親として、子供に良い思いをさせてあげられなくて悔しいですが、どう頑張っても、先が見えているのです。

おしんは、子守りくらいしかできなくて、落ち込んだことでしょう。

どんなに貧乏でも、ばんちゃんやかあちゃんと一緒にいたいと言って、ふじにはどんなにうれしいことやら。

ふじが出稼ぎに
スミが養女に行くだけではなく、ふじも出稼ぎに行くことになってしまいました。

そこまでしないと、食べていけないのです。

貧乏すると、お金がないだけでなく、家の中も寂しくなります。

竹造には、穀つぶしと言われ肩身の狭い思いをしなくてはならず、ふじがいなくなった分、家の中のこともしなくてはいけません。

石板に、思いのたけをぶつけるだけが、おしんには生きがいだったと思います。

竹造は、ふじが出稼ぎに行ってしまった分、おしんに容赦なく、仕事をさせます。

おばあさんたちに交じって、山の急斜面で杉の苗植えをさせられたりと、周りの大人たちが不憫に思ったと思いますが、おしんは、大人になったら、ここの杉を買ってやると聞いた大人は驚きます。

そう思うようになってしまっても、不思議じゃないです。

米5俵
酒田の米問屋で、2年の奉公で米5俵もらえると、話が入ってきました。

おしんは、家にいて穀つぶしと言われるくらいなら、奉公へ行った方が良いのだと思います。

よろこんでやると言いますが、おしんがいなくなると、家の中のことができる人間がいません。

ふじが出稼ぎに行く前だったら、すぐに返事をしたでしょうが、竹造は、米5俵と聞いて迷います。

おしんを奉公に出しても、ふじが帰ってくるわけではないので、体の悪いなかがヨタヨタと頑張ることになるのかな。

<<前回22話 TOP 次回24話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました