イカスミは食べるのにタコスミ?料理も!チコちゃんにられる

イカスミは食べるのにタコスミ?料理も!チコちゃんにられる チコちゃんに叱られる!

スポンサドーリンク





 

イカ墨のパスタって、歯が黒くなってしまいますが、美味しいです。

あー食べたい。

ところで、何でイカスミは食べるのにタコ墨は食べないの?

ピンクレディーのケイちゃん「タコスミを食べると、永久に黒く染まってしまうから!」

チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

「チコちゃんに叱られる」(2019年4月26日放送)より、まとめました。

何でイカスミは食べるのにタコ墨は食べないの?

チコちゃんは知っています。

分身のイカ、煙幕のタコだから!

詳しく教えてくださるのは国立科学博物館名誉研究員窪寺恒己先生。

先生は、世界で初めて深海を泳ぐ巨大イカを撮影したスゴイ人です。

イカスミは食べるのにタコ墨を食べないのは、同じスミでも性質が違います。

そもそもイカやタコが墨を持っているのは、敵から身を守るためです。

イカの場合、排出したスミは粘り気があり、水中を漂っています。

イカというのは、分身の術を使います。(イカのスミを”分身”とたとえます)

イカの天敵は、マグロやイルカなど大きなものですが、彼らは目が良いのです。

餌を見て、目でおいかけるのです。

イカはそれらから逃げる時に、スミをパッと出すのです。

それで分身を残したまま、他へ逃げて行ってしまいます。

イカはスミをはいて、分身を作り、分身を敵が食べている間に逃げるという方法で身を守っています。

タコの場合は、はいたスミが煙のように広がります。

タコ自体もそんなに速く泳げません。

タコは襲われた時に、ふわっと墨を広げちゃいます。

その隙に逃げます。

タコは墨を煙のように吐いて敵の視界を遮ったり、驚かせたり、その隙に逃げます。

つまりイカスミは、固まりを作るため、粘り気があり、タコスミは、煙のように広げるためサラサラとしているのです。

イカスミには、アミノ酸や多糖類が含まれています。

イカスミの粘液には、昆布などにも含まれているグルタミン酸など旨味成分や、粘り気の元となる多糖類が多く含まれています。

イカスミパスタを食べるのも、納得できるような気がします。

というわけで、美味しいのは分身のイカスミ、美味しくないのは煙幕のタコでした。

と思いきや、窪寺先生から意外な一言が。

スポンサドーリンク

タコスミ料理

タコスミはイカスミと違って粘液が入っていないのですが、タコスミにも多くグルタミン酸が含まれています。
比べてみるとイカの中でも旨味の多いスルメイカよりも、タコスミの方がおよそ3倍も旨味成分が多いのです。(グルタミン酸、アスパラギン酸、コハク酸)

イカの墨袋は独立した機官なので、取りやすい位置にあります。

一方、タコの墨袋は、他の臓器に潜り込んだところにあり、簡単に取り出すことができません。

まとめ

タコスミパスタ、美味しそうではありますが、存在を忘れそうです。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました