おしんあらすじネタバレ45話朝ドラ / 千野弘美はる姉ちゃん製糸工場で肺結核  再放送青春編

渡辺美佐子おしんあらすじネタバレ49話朝ドラ / 長谷川たか役髪結いの師匠 再放送青春編感想

スポンサドーリンク

2019年5月22日(水)

あらすじ

おしん(田中裕子)は、ひとり故郷へ帰ってきます。

八年ぶりの懐かしい家ですが、敷居は高かった。

突然の帰郷を、父作造(伊東四朗)も兄の庄治(吉岡祐一)も喜んでくれないことが、おしんにはわかっていたからです。

製糸工場から肺結核が原因で帰されてきた姉はる(千野弘美)の「小作の娘だけは、もうやだ」という言葉が、おしんの胸をえぐっていました。

これから先、どうすればいいのか、前途に何の光も見えないおしんには、身にしみる言葉でした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回44話 TOP 次回46話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

竹造のご機嫌
女の情念に、自分をごまかすことができず、加賀屋を辞めてしまったおしんは、実家へ帰ります。

竹造の怒った顔と、兄の庄治の冷たさを思うと、家に帰るのは重いことだったと思います。

ところが、結婚をすると思っている竹造は、8年ぶりに帰ったおしんを見て、「いい娘になって、見違えたぞ」とご機嫌です。

この竹造の機嫌が、一瞬で変わるのかと思うと、おしんでなくとも怖いのですが、おしんは、加賀屋を辞め、結婚の話を断ったと正直に話します。

すると竹造は、烈火のごとく怒るかと思いきや、金持ちと結婚するからと言って、竹造の家にお金が入ってくるわけではありません。

竹造にとって、おしんの仕送りはありがたかったので、奉公に行ってもらっている方良いのです!

背中に背負われたはる姉ちゃん

おしんは姉2人は元気にしているか聞くと、姉のみつの奉公先は、あまり待遇が良くなく、他のところへ移ろうと考えています。

もう一人のはる姉ちゃんは、製糸工場へ行ったものの肺結核にかかり、庄治の背中に背負われ帰ってきます。

おしんは、加賀屋での奉公がいかに恵まれていたか、思い知ることとなります。

加賀屋では、奉公人と言えど、立派な布団で寝て、着物も上等なものを着せてもらっていました。

肺結核になるほど体を壊してまで働いても、それを治療するような余裕は、はる姉ちゃんにはありません。

千野弘美はる姉ちゃん
はる姉ちゃんを演じるのは仙道敦子さんではなく、千野弘美さんになります。

千野 弘美(せんの ひろみ)
生年月日:1956年8月18日

本名:原野 弘美

出身地:大阪府

出身学校:夙川女子短期大学中退

東京俳優生活協同組合を経て、テロワールに所属しています。

ドラマ「太陽にほえろ」やアニメ「火垂るの墓」では本城君枝役などを演じています。

「桃太郎侍」や「必殺シリーズ」など、時代劇に多く出演しています。

仙道敦子おしん美少女かわいい!朝ドラなつぞら!若い頃の画像年齢?

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回44話 TOP 次回46話>>

スポンサドーリンク