金田明夫の若い頃?おしんあらすじネタバレ46話朝ドラ / 平野さんが見舞いに  再放送青春編

渡辺美佐子おしんあらすじネタバレ49話朝ドラ / 長谷川たか役髪結いの師匠 再放送青春編感想

スポンサドーリンク

2019年5月23日(木)

あらすじ

おしん(田中裕子)が帰ってきた故郷の家に、製糸工場で肺結核になってしまった姉のはるが、兄の庄治に背負われ帰ってきました。

おしんは、一生懸命、はる(千野弘美)の看病をします。

おしんが、母のふじ(泉ピン子)に電報ではるの病状を伝えると、ふじも家に戻り、おしんといっしょに、はるの世話をします。

さらに、おしんは、はるが想いを寄せていた製糸工場の監督の平野(金田明夫)に、姉のお見舞いに来てくれるよう、はるばる工場まで足を運んで必死に頼み込みます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回45話 TOP 次回47話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

姉妹そろって叶わぬ思い
娘同然に大切にしてくれた奉公先の加賀屋さんで、あろうことか、そこのお嬢様と恋敵になり、居づらくなって辞めることになってしまいます。

実家へ戻ると、身も心も病魔にむしばまれる変わり果てた姉がいて、大正5年ごろは、肺結核の特効薬もなく、感染したら最後、命尽きるのを待つしかないのです。

幸いにして、姉のおはるさんに、米のおかゆに生卵を食べさせることができたのは、かすかな幸運だったと思います。

幼い頃、脱走兵と一緒に生活をしていたことで、周りから白い目で見られていた時、はる姉ちゃんは、やさしくおしんを見守ってくれました。

それなのにお嫁にも行けず、変わり果てた姿に、おしんはできることを懸命にしようとします。

製糸工場は冷房などない中で、熱気で暑く、1日12時間、立ち通しで、マユから糸をとりますが、少しでも手を休めると、監督に怒鳴られます。

1週間ごとに交代で夜勤になりますが、毎晩1週間徹夜が続くと、いっぺんに170匁(約630g)体重が減ってしまうので、半年も持たずに辞める人も少なくありません。

それでもおはるさんは、家の借金のことがあるので、辞められなかったのです。

部屋は、一人当たり、畳1畳で、二人がひとつのふとんで寝ることになりますが、昼夜と交代です。

どちらかが結核になると、もう一人も感染して結核になります。

読み書きそろばんのできない女が、製糸工場など辞めたら、商売女をするしかありません。

つらい人生に思われましたが、それでもおはるさんには、平野さんという、心の支えがいたことで、つらい仕事ががまんできたと言います。

せめて、最後に一目、その平野さんに会わせてあげようと、おしんは平野さんのところへ行って見舞いに来るように頼みます。

金田明夫の若い頃?
おはるさんの、心の支えだった平野さんを演じるのは、金田明夫さんですが、当時は28歳。

生年月日:1954年10月13日(64歳)
出身地:東京都
身長:168 cm

出身学校:東京都豊島区立長崎中学校、東京都立北野高等学校

家族は妻と子供3人。

朝ドラは、「おしん」をはじめ、1984年「ロマンス」、1995年「春よ、来い」、2009年「つばさ」に出演しています。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回45話 TOP 次回47話>>

スポンサドーリンク