おしんあらすじネタバレ47話朝ドラ / 座敷女中に口入れ屋髪結い 再放送青春編

渡辺美佐子おしんあらすじネタバレ49話朝ドラ / 長谷川たか役髪結いの師匠 再放送青春編感想

スポンサドーリンク

2019年5月24日(金)

あらすじ

おしん(田中裕子)のおかげで、姉のはるのところへ製糸工場で世話になった平野がお見舞いに来ます。

平野が優しくはるに語りかけると、はるは涙を流して「死にたくない」と訴えるのでした。

一方、おしんは父の作造(伊東四朗)から新しい奉公先として、料理屋の座敷女中の仕事をしつこく勧められますが、はるは、強く反対して、東京へ行って「髪結い」になるんだと、自分が大事に貯めたお金をおしんに手渡します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回46話 TOP 次回48話>>

スポンサドーリンク

前置きレビュー

座敷女中

おしんは、製糸工場の監督をやっている平野さんに、おはるさんのために見舞いに来るようにと頼むと、花束を持ってやってきます。

おはるさんは「良くなって、もういっぺん平野さんと、一緒に働けるまでは、死なない、死にたくない」と言って、涙があふれ落ちます。

平野さんが帰ると、おふじさんは、おはるさんにも、秘めた人がいたのに可哀そうだと泣きます。

おしんは、人を好きになることもなく亡くなるのは不幸だけれど、会わせて良かった。

自分は、浩太さんのことは諦めると言います。

そこへ口入れ屋の勝次という男が来て、おしんに山形の料理屋の座敷女中の世話をすると言ってきましたが、おはるさんは、勝次のことを知っていました。

製糸工場へ来て、仕事がきつくてやめたいと言う女工さんたちをだまして、女郎に売り飛ばしているというのです。

しかも、製糸工場の方が、ましだと言うのです!
髪結い

はる姉ちゃんは、いつまでも製糸工場で働くのではなく、東京の髪結いのお師匠さんのところへ行くつもりで貯めていた、東京までの交通費と所書をおしんに渡します。

はる姉ちゃんは、自分ができなかった分まで、おしんに生きて欲しいのです。

髪結いというのは、「髪結い亭主」と言って、髪結いを生業としている女房をもらうと、一生食うに困らないと言われるくらい、収入があったと言われています。

ただ、一人前になるには、無給の下働き3年、梳き子3年を経て、ようやく師匠に習うことができますが、田舎の娘の憧れの仕事でした。

今も、美容師と言ったら、人気の仕事ですが、今も昔も変わらないのです。

おしん口入れ屋の勝次

口入れ屋の勝次役は、江幡高志さんですが、久しく顔を拝見していないと思っていたのですけれど、現在90歳でご健在です!!!

「小悪党の代名詞」と言われた俳優さんですが、懐かし~い

江幡さんは、お母さんから「お前何でいつも悪い役なの?」と言われて困ったとか、、、

本名:江幡高志
別名義:江波多寛児、江波多寛志
生年月日:1928年12月15日(90歳)

出身地:東京都

身長:156cm

体重:51kg

明治学院大学経済学部中退、劇団俳優座の3期生で、同期には愛川欽也、穂積隆信など

2016年にドラマ「ヤッさん築地発!おいしい事件簿 第4話」が、最新の出演になります。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回46話 TOP 次回48話>>

スポンサドーリンク