おしんあらすじ簡単?9週目キャストお小夜ちゃん亡くなるネタバレ朝ドラチャレンジ  再放送青春編

おしん あらすじ 279話ネタバレ朝ドラ / 仁の息子補導道子と同居 剛役 玉野叔史 キャスト再放送感想 おしん

スポンサドーリンク





 

49話~54話

2019年5月27日(月)~6月1日(土)

スポンサドーリンク

あらすじネタバレ

髪結い長谷川
おしんは山形の実家を出て、東京浅草にある髪結い屋さんへ行きますが、人手が足りているからと断られてしまいます。

おしんは簡単に諦めることなく、チャンスを見計らって置いてもらおうとします。

店じまいが始まると、おしんも後片づけを始めますが、弟子は、おしんを無視して掃除を始めます。

お師匠のおたかさんは、とりあえず見込んで置いてやろうと考えますが、弟子は、素性の知れない娘を置くなど面白くないので、おしんのことなど、まるで相手にしません。

ところが、おしんの働きぶりに心を開くようになると、ここで働いている人たちの事情を話してくれます。

おしんの働きによって、年の若い弟子の仕事を取ることになってしまうとわかると、他の奉公先を探すことにしますが、お師匠さんのおたかさんは、やる気さえあったら、見捨てるような事はしないと話します。
髪結い修業
髪結いの修業は、12~13歳から始めるのが普通ですが、おしんは16歳なので、修行を始めるのは大変だねと言われます。

これから3年下働きして、お客の髪に触らせてもらうのが、19歳か20歳になってしまうからです。

それでも、おしんは下働きとして、掃除や、みんなの食事を作ることになります。

お師匠のおたかさんが、おしんの作った手の込んだ食事に、お金がかかっていると思い、おしんに問いただしますが、おしんの才覚で、食材を安く売ってもらったというのです。

それだけでなく、着物を3晩で仕立て上げるし、16歳くらいで立派な字も書けるおしんに、何か事情があるのだろうけれど、おたかさんは、やる気があればそれで良いと、ようやくおしんは、弟子入りを許されます。

実家では

おふじさんは、おしんには自由に生きて欲しいと思っていますが、兄の庄治は、今年も米が不作で大変になり、いら立っています。

せっかくのチャンス
おしんが髪結い屋さんに来てから3月ほど経つころ、年の瀬になりますが、髪結い屋さんにとっては一番忙しい時です。

おしんが梳手(すきて)をやることになります。

通常は、下働きを3年しなければできないのですが、毎晩おしんに、お師匠さんのおたかさんの髪を梳かせて練習をさせていました。

ところが先輩よりも早く、おしんを梳き手にしたことが面白くないので、先輩たちは、辞めると言い出します。

おしんは自分のせいで先輩が辞めるなら、自分は、今まで通り下働きをすると言って梳手を辞めます。

現代パートスーパー田倉

昭和57年(1982年)スーパー田倉は16号店まで店を増やし、息子の仁は17号店の出店を発表しますが、出店予定地を見ておしんは反対します。

加賀屋で奉公していた時、社会運動をしていた浩太と恋仲になりますが、お加代さまのおかげで別れることになります。

ところが浩太とは、その後も縁があり、現在は、並木食料品店を経営していますが、浩太の息子が、スーパー田倉17号店より有利な土地を、田倉とは別の大手スーパーに売るつもりでした。

もし土地が売却されれば、スーパー田倉は苦境に立たされてしまうので、息子の仁は、おしんに浩太と会って、売却しないように頼んで欲しいのですが、おしんはスーパーがつぶれても構わないと思って旅に出てしまったのです。

2年経つ
おしんが髪結い屋の長谷川に来て2年が経ちますが、世の中は、日本髪より洋髪が浸透してきて、おしんは、ふと日本髪がなくなったらと不安になります。

お小夜ちゃん亡くなる
加賀屋のお小夜ちゃんが風邪をこじらせて亡くなってしまったのですが、その知らせが手紙で届きます。

2年ぶりに加賀屋におとずれると、おしんを大奥様も若奥様も涙ながらに迎えてくれます。

皆、お加代さまを心配していますが、おしんには探す時間も当てもありません。

何より、お加代さまに会うと、浩太のことを思い出してしまうので、おしんにはつらいのです。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回8週目 TOP 次回10週目>>

おしんキャスト

田中裕子、長岡輝子、石田太郎、小林千登勢、渡辺美佐子、乙羽信子、大橋吾郎、田中世津子、木瓜みらい、島村美妃、富沢美智江、真野ゆうこ、名川忍、伊東四朗、泉ピン子、吉岡祐一、高橋悦史

前置きレビュー

髪結い屋
髪結い屋は、言うまでもなく今で言うところの美容院ですが、日本髪のみです。

日本髪は、その髪を見えれば身分や職業がわかると言われ、形が決まっていました。

決まり事が多いので、経験を積まないとできないと言われ、一人立ちできるようになるには、10年くらいかかります。

ちょうど、おしんが髪結い修業を始めた時、世の中は日本髪から洋髪に代わろうとしていました。

洋髪は、日本髪のような身分は関係なく、素人でもできると言われていました。

上京したおしんには、姉のおはるさんの話を信じる以外、そんなことは知りません。

<<前回8週目 TOP 次回10週目>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました