おしん あらすじ73話ネタバレ朝ドラ / じいや源右衛門に手切れ金を渡され怒る キャスト再放送感想

おしん あらすじ 275話ネタバレ朝ドラ / 波江激おこ乙羽信子敗北 キャスト再放送感想 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年6月24日(月)

スポンサドーリンク

あらすじ

おしん(田中裕子)は、竜三(並木史朗)の母のお清(高森和子)の髪を結いました。

その日、田倉家では、竜三がお清に「おしんと結婚したい」と言いだして、猛反対されます。

じいやの源右衛門(今福将雄)は、手切れ金を持っておしんの家を訪ね、別れ話を切り出しますが、おしんは腹の虫が収まらなかった。

少しでも好きな男なら我慢もできるが、竜三には特別な感情を全く持っていなかっただけに、源右衛門の仕打ちが許せなかったのです。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回72話 TOP 次回74話>>

おしんキャスト

田中裕子、並樹史朗、今福将雄、日向明子、谷川みゆき、浦谷ひづる、古館ゆき、高森和子

おしんあらすじネタバレ

カフェアテネ
カフェアテネで出髪をしていると、女給たちが、お客への手紙を代筆で頼んだけれど、不景気で半分くらいしか効果がないと話をしています。

そこへ八重子が竜さまに手紙を出したのにと言うと、染子が、八重子も出したのかと驚きます。

茂子も、竜さまに手紙を出したと打ち明け、おしんが3人の代筆を今まで内緒にしていたことが判明。

惚れたはれたと書いても、同じ人が書いた手紙で通じるわけがないと八重子は言って、佐賀の地主様の家の息子だから、それ相応の人との結婚でも決まったのかもしれないと話します。

おしんは、「そうみたいですよ。今日、田倉さんに頼まれて、田倉さんのお母様の髪を結ってきた」と話します。

女給たちは、竜さまのウワサ話をしていますが、おしんには、まるで関係ないと関心がなく、ただ聞いているだけです。

田倉家

竜さまが、母に「あの娘のどこがいけないんだ」と怒っています。

母のお清は、「田倉には、田倉にふさわしい嫁をもらうのは当たり前だ。」

竜さま「今は、大正9年で、デモクラシーの時代だ。東京へ出てきて、いろんな女性とつきあったが、商人の女房として、自分を支えてくれるのは、おしんさんだけだ」

母のお清「こんなにのぼせてしまって。あんな娘に手玉に取られて」と部屋を出て行きます。

じいや謝る

母のお清が、着物を片付けていると、じいやの源右衛門が入ってきて、自分がついていながら申し訳ないと謝ります。

お清「ばあやじゃ、甘やかすから、しっかりした源右衛門なら、料理の腕もたつし、男ばかりなら余計な心配をしなくて良いと思ったのに。」

源右衛門「私の責任です。私にお任せください。」

お清「なんとか見合いをさせないと。これでは、帰るに帰れない。」

源右衛門現る
朝、おしんが井戸端で洗い物をしていると、源右衛門が訪ねてきます。

源右衛門は、おしんに200円を差し出して、竜さまのことは諦めてくれと頭を下げます。

おしんは、他の女性と間違えているのではないかと返します。

源右衛門は、竜さまがはっきりと、おしんさんを嫁にもらうと言ったと話します。

おしんは、そんなこと言われたことがないから、他のおしんじゃないの?と言うと、源右衛門は、昨日、アンタが、奥様に髪を結った後に話したことだから、間違いはない。

おしんは、田倉さんとは、そんな親しいつきあいはしていないので、このお金は、持って帰ってくださいと頼むと、源右衛門は、「この鏡台は、どうしたのか。うちの坊ちゃまからじゃないのか。いつだったか請求書が届いて調べたら”谷村しん”というところだった。あの時、坊ちゃまを叱っていれば、こんなことにならなかった。私の怠慢だった。」

おしんは、「何勘違いしているか知らないけれど、何も関わり合いはないです。どこが良くて、お宅のお坊ちゃまとつきあわないといけないんだ。とっとと帰って!」と言って怒ります。

源右衛門叱られる

源右衛門が店に戻ると、竜さまが「ばかもの!」と叱ります。竜さまは、「あの人は、何も知らない。お母さんに話をしてから、おしんちゃんに話を聞いてもらうつもりだったのに、何もかもぶち壊しだ。」

源右衛門「それなら、それで良かった。あの女とは、一緒になどなれませんから。あの女は、性格がきつくて、私を怒鳴りつけましたよ。」

竜さま「そんなの、当たり前じゃないか。怒鳴らない方が、どうかしている。私は、こんなことでは諦めない。」

おしんは、腹の虫がおさまりません。

好きな男ならともかく、竜三には、何の感情もなかったので、源右衛門のしたことが許せませんでした。

感想

女子が迷わせる
カフェアテネの女給たちは竜さまにお熱ですが、唯一、竜さまに関心のない波子さんは、とても冷静な存在で、何気に好きです。

おしんにつき合って欲しいと言わないうちに、母に、一緒になりたいと宣言する竜さまですが、苗字帯刀を許されている田倉家の嫁に、髪結いなんて、とんでもないと怒る母。

「手玉にとられて」「そんなにのぼせて」と、このお母さんを説得するのは、厳しそう。

その上、竜三は、まじめで一本気だから、女子の方が迷わせると来た!

これは、やっかいな人だと思います。

源右衛門は自分が若い時、性悪女に引っかかって、それに懲りたとか、こんなところで申告するって、笑っちゃいます。

手切れ金

源右衛門は、竜三を惑わすおしんに、手切れ金を持ってきますが、おしんは、そんなものをもらういわれはありません。

おしんは、源右衛門に「おしんって言っても、他のおしんじゃねぇべか?」

その言い方が、かわいい!!

源右衛門は、おしんに違いがないと言って、その証拠に部屋にある鏡台は、どうしたかと聞きますが、何気にしっかりしたじいさんです。

勘違いされては困ると、おしんは源右衛門にぶちぎれますが、「どこが良くて、お宅の坊ちゃまとつき合わないといけないの?」

源右衛門には、自慢の坊ちゃまだろうに、結構キツイ言い方です。

おしんは「坊ちゃま、坊ちゃまって何様のつもりだ?塩まかれてーのか!!!」

ひゃ~さすが、性根の座ったおしんの怒りは半端ありません。

竜さまの母とケンカしたら、こりゃぶつかりそう。

源右衛門から話を聞いた竜さまは「ばかもん!」と一喝しますが、源右衛門、踏んだり蹴ったりですが、「どうせ、あの女子とは一緒になれませんから」と、こともなげに言いますが、竜さまは、「私は、諦めないから!」

竜さまも、見た目よりはずっと根性座っています。

おしんなりにプライドがあるので、好きでもない男と別れろと、手切れ金を持ってこられて、ふざけんな!です。

髪結いをバカにしています。

竜さまに送られた鏡台に、おしんの怒った顔が写り、怒りがおさまらないおしんは、花瓶を持って気持ちを静めようとして、フラワーヒーリングか?

怒っているのに、どこかコミカルでおかしいです。

<<前回72話 TOP 次回74話>>

スポンサドーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました