おしん あらすじ77話ネタバレ朝ドラ / 作造に田倉嫁に行くかもと告げる キャスト再放送感想

おしん 圭ちゃん子役の現在?岩淵健の年齢や結婚は?渡鬼のたけし おしん

スポンサドーリンク





 

2019年6月28日(金)

あらすじ

おしん(田中裕子)は、10日間の入院で、退院の許可をもらいます。

おしんが絶対安静の3日間、泊まり込みで付き添ってくれた竜三は、その後も毎日欠かさず見舞いに来て、退院の日も迎えに来てくれました。

おしんは、山形から出てきた父の作造(伊東四朗)の「とにかく金を稼げ」という言葉を聞き、急に心が冷えていくのを感じます。

作造は、娘から金を引き出したいだけなのです。

おしんは、もうたくさんだと思った。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回76話 TOP 次回78話>>

スポンサドーリンク

おしんキャスト

田中裕子、並樹史朗、今福将雄、伊東四朗、泉ピン子、日向明子、谷川みゆき、浦谷ひづる、古館ゆき、高森和子

おしんあらすじネタバレ

退院
10日あまりの入院で、やっと退院の許可をもらいます。

泊まり込みで3日ばかり付き添ってくれた竜さまは、欠かさず見舞いに来て、退院の日も迎えに来てくれた。

おしんが、入院費を払いに行くと言うと、竜さまが、自分が払ってきたと言います。

おしんは、田倉さんにはお世話になり、その気持ちはありがたく頂戴しますが、これからも友人としてつきあいたいと言います。

竜さまは、田舎にお金を送らなくてはいけないだろうから、自分のことより、田舎へ送ってあげなさいと言いますが、おしんは、お金を払いますと言ってお金を渡します。

~中略~

山形
大工が家を建てているところに、作造がいます。

大工が、「この家が建ったら、いよいよ庄治さんは、嫁取りだな」と言うと、作造は、「小作のせがれは朝からずっと働いても、遊ぶこともできない。せめて、嫁くらいはもらってやらないとかわいそうだ。」と応えると、おふじさんに「おい、おしんから今日も何も言ってこないか」と聞きます。

返事をしないおふじさんに、作造は、お金を送ってきてもいいころなのに、手紙を出しても返事も来ないと愚痴をこぼします。

おふじさんは、娘の金を当てにして、家を建てること自体、間違っているんじゃないかと言います。

作造は、「おしんが承知して建てるんだ。これはおしんの家だから、東京がいやになったらいつでも帰ってこれる。」

おふじさん「なにが、おしんの家だ。庄治に嫁が来たら、他人の家になってしまう。」

作造は、「そんな入れ知恵したのか?一回、東京へ行ってみるか。何かあったのかもしれない。東京は、ろくでもない男がいるから、今頃になって、お金を送れないのかもしれない」と言い出します。
おしんの家

おしんが仕立物をしていると、竜さまがやってきて、魚と卵を差し入れしてくれますが、「それで恩を売ろうなどと言う、ケチな考えなどではなく、”早くおしんに元気になって欲しい”それだけだ」

おしんは、「お茶でも」と言いますが、竜さまは、女性1人の部屋へ男あがるような時間ではないからと断り、帰ろうとすると、作造が現れます。

おしんが、竜さまに作造を紹介すると、竜さまは、作造に挨拶をして、そのまま帰ります。

作造は、おしんに、「あんな男とつきあっているのか?何をしている男だ」と聞くと、おしんは羅紗問屋の若旦那さんで、いい人だと返事しますが、作造は、「こんな時間に女のところに来る男なんて、図々しい。何考えているか、わかる。」

おしんは「びっくりした。いったい何があったんだ」と聞くと、作造は、「お金を送ってこなくなったので、何があったのかと思って来た」と返します。

おしんは、「田倉さんが魚を持ってきてくれたので、刺身でもするか?酒でも買ってくるよ」と言うと、作造は、「そんな無駄なお金があるなら、家に送って来い」

おしんは、「ちょっと病気をして入院をしたから、思うようにお金を送れない。もう少し、待って欲しい」と事情を話すと、作造は、「働けなくても、男とつきあう元気はあるのか?どうせ、そんなことではないかと思っていたんだ。稼ぎのある女によってくる男など、ロクでもない。そんな男に気がいってしまい、家のことを放っておくようでは。いいか、田舎の家は、お前の家でもあるんだぞ。大きな顔をして帰ってこれるんだ。男にみついでも、あきたら古い雑巾みたいに捨てられる。それより、兄ちゃんを大切にしろ!一生、頼りになる。兄ちゃんは、一生お前のこと、力になってやってくれる。バカな男とつきあっている暇があるなら、サッサと働いて。300円あったら、立派な家が建つんだ。」

おしんは、心が急に冷えていくのを感じます。

作造が、どんな理屈を話したところで、娘から、お金を引き出したいだけです。

突然、おしんは、「もう、たくさんだ」と思い、「とうちゃん、私、田倉さんとこ嫁に行くかもしれない。いい人だ。田倉さんは」

作造は、あ然とします。参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 青春編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

感想

竜さま切ない
3日も看病して、それ以降も、お見舞いに来てくれた竜さまにとって、おしんは、もう身内のように思ったのかもしれません。

入院費を払ったと言いますが、おしんは、頑なに竜さまのことは、友達としていたいと断り、お金を返してしっかりしています。

竜さまは、がっかりな表情で、切ない。

そんな切ない思いをしているところへ、父から手紙が来て、”それほど気に入った女がいるなら「めかけ」にしろ!”

ウケちゃいましたが、竜さまは、「ばかなことを!今は明治じゃない!そんな不道徳なこと」

冷静な人じゃないですか。

いやったらしい作造
庄治のために家を建てている作造は、おしんからの手紙が来ないことに、「とっくにじぇに送ってきてもいいのになぁ」

この、いやったらしさ、こんな親父に一生つきまとわれるなんて、身内と思いたくない。

それなのに、おふじさんは冷静に、たんたんと過ごし、おしんのことをおもんばかって対照的です。

作造は、「この家は、おしんの家だ」と言いますが、おふじさんは、「おしん、じぇに払っても、庄治に嫁が来たら他人の家になってしまう」と聞いた作造は、「お前、そんなこと、おしんに入れ知恵したのか」

いやらしいですね。

さらに「いっぺん、東京へ行ってみるか」この、乾いた感じが怖い。

「東京行かないで!!」
それでもあきらめない

「振られた」と、竜さまは話していたのに、それでもおしんのところへ、差し入れを持ってくるなんて、「恩を売ろうなんてケチなことは考えていない」超~いい男だと思うけどな。

さすがのおしんも「お茶でも」と言うと「男が上がり込む時間じゃない」

ステキじゃない!!!

すると、作造がいるじゃないですか!

こんなタイミングで、作造が現れるなんて驚き!

折り目正しく、竜さまは作造にあいさつをすると、どこかで覚悟はしていたと思うけれど、「あだな男とつきあっているのか」父親として嫌悪感丸出し。

「こんな夜遅くに、腹の底見えてる」って、じぇにの無心に来た、お前が言うな!って感じです。

だいたい東京へ来た汽車賃など、みんなおしんが送ったじぇにでしょう。

作造にとって、おしんはいい金づる。

さらに「男とつき合う元気はあるのか?!」

このいやらしさ!

ここまでヒドイと、笑っちゃいます。

「お前の家でも、あるんだぞ!」

お前のためだと言って、おしんをしばっておきたいんです。

搾取する人間の常套句。

「それより、兄ちゃんば、大事にしろ!!」

うわぁ~聞かなくていいよ。。。

悪魔のような身内に、おしんは、呆けていきますが、心が壊れる寸前だと思います。

「田倉さんとこ嫁に行くかもしれない」と言ったのは、自分を救うためだと思います。

ウルッとしちゃいました。

<<前回76話 TOP 次回78話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました