サヘルローズの結婚は?出身大学や講演料は?いじめや戦場から女優へ?

サヘルローズの結婚は?出身大学や講演料は?いじめや戦場から女優へ? いじめ

スポンサドーリンク


サヘルローズさんを初めて知ったのは、2009年に出版された「戦場から女優へ」という本をたまたま読んだことでした。

今でこそグローバルと言われ、日本も海外の人が増えてきましたが、それでも欧米人以外のタレントが、日本で活躍するのは珍しかったと思います。

そんな中で、イラク軍の空爆により、イランの生まれ育った町が壊滅し、たまたまボランティアで来ていた、後に養母となるフローラ・ジャスミンに助け出され、孤児院で暮らすことになります。

フローラ・ジャスミンにより養女になりますが、フローラの家族の反対にあい、一族から追い出されたることになります。

1993年、日本に来ていたフィアンセと相談して、8歳のとき、一緒に来日します。

フローラのフィアンセと一緒に生活をするようになりますが、ほどなくして、フィアンセから虐待などされ、好きな人ができたから出て行ってくれと、追い出されることになります。

しかも言葉も文化もまったく違うところで、良く生き延びてきたなと思いますが、やはり、大変な思いをしたようです。

スポンサドーリンク

サヘル・ローズの経歴とプロフィール

サヘルローズ

ラテン語表記:Sahel Rosa

生年月日:1985年10月21日(空爆被害で本来の出生年)

出身地:イラン

日本で養母はペルシャ絨毯を売るための、毛織物を織る(デモンストレーター)として働きます。

身長:170 cm
身長:52 kg
スリーサイズ:B88、W59、H89 cm
カップサイズ D
股下:70 cm
靴のサイズ:24.5 cm

日本語、ペルシャ語、ダリー語、タジキ語

趣味テニス、アーチェリー、バレー、スケート、絨毯織り

サヘルローズの結婚は?

サヘルローズの養母は、確かアラフィフくらいの人ですが、血はつながっていませんけれど、普通の親子以上のつながりがあると思います。

自分よりも、養母に幸せになってもらい再婚を願っているので、簡単に、自分が結婚することは、考えていないと思います。

サヘルローズの出身大学?

高校は都立園芸高校を卒業

東海大学でITを専攻し、セキュリティのプログラミングやJavaなどを勉強します。

東京アニメーションカレッジ専門学校声優学科声優アクターズコース卒業

所属事務所はエクセリング

サヘルローズの講演料は?

イベントにもよりますが無料とかあるので、それほど高くはないと思います。

この投稿をInstagramで見る

4 2 1 に会いましょう 『”つくる”を語る。 ~ご縁がつなぐ未来の話~』 今回のフレンズmeet-upはアートディレクターの森本千絵さんをゲストにお迎えします。 あらゆるシーンでご縁をつなぎ、人に寄り添い、クリエイティブを追求し続ける森本千絵さん。 そんな第一線で活躍するクリエイターの目線から“つくる”ということについて語っていただきます。 クリエイターとしての出発点から現在に至るまでの作品にかける思いや取り組み方など、 普段なかなか聞くことができないお話をぜひこの機会にお楽しみください。 ■オーガナイザー 岩井俊二 / サヘル・ローズ / 小澤弘邦 ■フレンズ 森本千絵(goen°主宰/アートディレクター) 【日時】2019年4月21日(日) 18:00開場 18:30開始~20:30終了 【場所】HILLSIDE BANQUET(ヒルサイド バンケット) 東京都渋谷区猿楽町29-10 http://hillsideterrace.com/rental_space/689/ 【会費】一般:2500円/学生:1500円 (※要学生証提示) *当日は受付にて会費+飲食代1000円(2オーダー制)を頂戴いたします。 ご予約はこちらから https://ssl.form-mailer.jp/fms/c3174715613846 #森本千絵 #岩井俊二 #サヘルローズ #小澤弘邦 #フレンズmeetup

sahel rosaさん(@sa_chan_1021)がシェアした投稿 –

無料

サヘルローズのいじめや放送事故?

小学校6年生の時、埼玉から東京へ引っ越し、そのころから、周りと馴染めなくなり、いじめが始まりました。最初は、笑ってすましていましたが、だんだんエスカレートしていきます。

この投稿をInstagramで見る

『うちの子も いじめられました』 移動中の新幹線で読んでいました。 何度も何度も突き刺さる痛みがあり 涙と自分自身の記憶がよみがえり 辛かったけど、これは読んでほしい。 いじめ。 線引きなんかできない。 そんなつもりはなかった 遊びだった、という子がいた。 私の受けたいじめは 『ことば』から『無視』 『バイ菌ゲーム』、様々。 わたしにも何かしら間違いは、あった。 でも、明らかに面白半分で広がっていた。 けど、一度遊びとして始まる『いじめ』は 歯止めがきかなくなることが、ある。 凶器として突き刺さった あの『コトバ』と『無視』 いまだに、トラウマでもあります。 この本は学校側にも読んでほしい。 そして、 様々な方々にも考えて欲しい。 私は『いじめられた』ことが いまは、いい経験をしたと思いますが、 正直、時間がかかりました。 案外、親にもいえないもので ひとりで抱えているアナタへ 辛さを吐き出していいから。 まずは、すべてを吐き出して。 ひとりにならないで ひとりにさせないで

sahel rosaさん(@sa_chan_1021)がシェアした投稿 –

うちの子もいじめられました

戦場から女優へ

あなたと、わたし

まとめ

最初、本を読んだとき、養母が、この豊かな日本で、毛織物を織るデモンストレーターとして働いて生きていたと知ったとき、奇跡じゃないかと思いました。

そんな人生が、あるんだと妙な感動をしました。

心から、サヘルローズには幸せになって欲しいと思います。

スポンサドーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました