フェイクミートの作り方?大豆のハンバーグ販売・通販?成城石井でも!

フェイクミートの作り方?大豆のハンバーグ販売・通販?成城石井でも! グルメ

スポンサドーリンク





 

ベジタリアンというと、マクロビオティックやローフードなどがありますが、お肉を使わなくても、お肉っぽいものはあります。

お肉ですと、コレステロールが気になる人には、大豆を使ったフェイクミートは、良いように思います。

これまでは、特別なお店に行かないと食べられないイメージでしたが、だんだん手に入りやすくなっていくようです。

気になったので、まとめました。

スポンサドーリンク

フェイクミートとは?

「フェイクミート」は、お肉の代わりに、大豆からハンバーグや、から揚げなどを作ったものです。

高たんぱくで、低カロリーなことから注目されています。

また、歯の弱い高齢者にも、大豆で作られているので食べやすくできています。

フェイクミートの味は年々進化していて、売り上げも伸びています。

なんと、あと数年後には、1500億円にまで成長すると見込まれています。

フェイクミートの作り方?

フェイクミートを家で作る簡単な方法は、中華料理で使われるやり方で、「固とうふ」と呼ばれるものですが、がんもどきでも良さそうな気もします。

豆腐の厚みを半分にして、塩を加えたお湯で15分くらいゆでます。

熱いうちに布巾で包んで、どんぶりなどで重しをかけて水抜きをします。

単純に、豆腐を凍らせて解凍の時に、つぶして衣をつけて揚げれば鶏肉のようにもなります。

中には、

納豆でいい

フェイクミートの成城石井?

成城石井で売られている物では、こちら!しかもグルテンフリーです。

フェイクミートのカロリー?

カロリーは普通のハンバーグがだいたい256kcalですが、ゼロミートは189kcalで、4分の3程度です。

もちろん高たんぱくでありながら、脂質は半分程になります。

大豆の代用ハンバーグ販売・通販

すでに大手スーパーの西友では、普通のハンバーグセットのように、付け合わせの野菜と一緒になった「畑で採れたベジバーグ」が販売されています。

コンビニでも大塚食品から、「ゼロミート」として、レトルトハンバーグが売られています。

ロッテリアでは期間限定で「ソイ野菜ハンバーガー」を販売していますが、ハンバーガーというと、300kcalほどのものが多いのですが、これは1個およそ260kcal

少し厳しいですが・・・

こちらはチキン風の冷凍食品

まとめ

牛や豚などの肉を出荷するまでには、何百キロもの大豆やトウモロコシをエサとしてやっているので、その分がそっくり、人間の口にフェイクミートとして入るなら、考えようによっては、効率が良いように思います。

そのうち、効率優先や畜産をやる人が減って、肉を食べなくなってしまったりするかもしれませんね。

スポンサドーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました