おしん あらすじ 90話ネタバレ朝ドラ / お師匠さん家庭事情話す キャスト再放送感想

おしんあかね役の鈴木美江(鈴木淑恵)の現在?彼氏クズ?結婚をwiki風 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年7月13日(土)

あらすじ

おしん(田中裕子)は、年の暮れに、髪結いの師匠・たか(渡辺美佐子)のお店を手伝った。おしんは、昔お世話になった恩返しのつもりでした。

しかし、たかは、50円という多額の報酬をくれます。

今のおしんには、ありがたいお金でした。

大正11(1922)年の新春、おしんは22歳です。

家に帰ってくると、竜三と源じいに、新年のあいさつをします。

おしんは竜三(並木史朗)の妻になれた幸せを感じ、源右衛門(今福将雄)との三人の暮らしを大事にしたいと心から願っていた。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回89話 TOP 次回91話>>

スポンサドーリンク

おしんキャスト

田中裕子、並樹史朗、今福将雄、渡辺美佐子

おしんあらすじネタバレ

元旦

お正月のお囃子が聞こえる中、髪結い長谷川から戻ったおしんに、源じいが迎えます。

おしん「朝になっちゃって」

源じい「今、雑煮の支度をしていました。坊ちゃまは、まだお休みですから」

部屋に入ると、竜三が起きてタバコを吸うところです。

おしん「元旦早々の朝帰りで、すみません。あけましておめでとうございます。」

竜三、機嫌が良い。

おしん「源じい、あけましておめでとうございます。」

源じい「新年のあいさつは、お屠蘇を飲む時に、あらためて」と言って、(新年の)お祝いの支度を始めます。

おしん「源じいや、あなたには迷惑をかけましたが、お師匠さんには、喜んでいただいて、くれぐれもよろしくとの事でした。それで、決まりだからどうしてもと言って50円もらいました。日本髪は髪結い賃が高いし、お師匠さんのところのお客さまは、いいお客さまだから。ご祝儀も弾んでくださるので。」

竜三「おしんの場合は、特別だろう。お金をもらうために行っているのではない。」

おしん「そう言いましたが、お師匠さんも、一度言い出したら、きかないお人だから。それに、これがあれば、源じい、お店の支払いの分、これで払ってください。」

源じい「これは、奥様が働いて得たものでしょう。どうか、奥様のために使ってください」

おしん「私、欲しいモノなんてないもの。お店のために役立ってもらえるのなら」

竜三「余計な事、考えなくていい。女が余計な金の心配なんて」

おしん「私だって、田倉の人間です。困ったときは、私だって助けになりたい」

竜三「それが余計な事だ!店やお金の事は、男が考えればいい事だ!」

おしん「こういうご時勢だから、助け合うのが夫婦ってものでしょう。また、良い時が来るから。その時は、私、うんとぜいたくさせてもらいますから。さぁ元旦のお祝いしましょうよ。」

大正11(1922)年の新春、おしんは22歳を迎えました。

おしんの新婚生活は、甘いものではありません。

それでも竜三の妻になれた幸せを感じ、源右衛門との三人の暮らしを大事にしたいと心から願っていた。

~中略~

おしんの訴え
おしんが竜三の足をもんでいる。

おしんが、「今日も、ずいぶんお歩きになったんですか?」

竜三「せっかくおしんの才覚で、助かった品物だから、せめてあれだけでも引き取ってくれる店はないかと思ってな。今まで、電話1本で引き取ってもらえる時代は、終わったんだ。これから頭を下げて周らないと、一巻きも売れないんだ。」

おしん「こういう時は、焦っても」

竜三「私、一人なら野垂れ死にしてもかまわない。しかし、今はおしんが大事だから。おしんがいるから苦労する気にもなるんだ。苦労だって、苦労と思わない。」

おしん「私だって、あなたのためなら、どんな苦労をしたっていいと思っている。私、ずっとお師匠さんのところへ手伝いに行くことにしました。その方が、出髪よりもお客さんの数がこなせるし、お師匠さんも、お店のためにそうしたいとおっしゃるし」

竜三「おしんが働くっていうのか?」

おしん「好きな仕事だもの。あなただって、続けたければ、続けて良いとおっしゃった。」

竜三「金のために働くのは、許さないと言ったはずだ。」

おしん「それだけじゃないわ。私、髪結いになりたくてなったんだもの。」

竜三「私は、反対だ。おしんにそんなこと」

おしん「私がぼんやりしていたら、このお店はどうなるの?源じいが言ってた。いよいよのときは、お店を畳んで佐賀へ戻る。それだけは、いやよ。私たち夫婦だけで、東京で骨を埋める覚悟したんじゃありませんか。お金のためじゃない、私たち夫婦の幸せのために。
佐賀に帰るのが、怖いの。お母様にあんなに反対されて、今さら帰れる道理がないじゃないの。私、あなたと夫婦になれて良かったと思っている。誰にも壊されたくない」と、竜三に抱きつきます。

おしんの気持ちにウソはありません。

おしんが働くつもりになったのは、誰のためでもない。おしんと竜三夫婦のためだったのです。まさか、このことが夫婦の間に影を落とすことになるとは思いもしないおしんでした。

参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 三 試練編(新価格) [DVD]

前置きレビュー

甘え上手

周りからうらやむような結婚をしたものの、不景気で、竜三にとっては思うような生活ではなくなってしまいました。

そんな時でも、髪結いは景気とはあまり関係なく、手に職があるのは強いなと思います。

竜三は、昔気質の人なので、女房に金のために働かせたくありません。

そんな竜三に、おしんは、お金のためではなく、あれだけ結婚を反対した竜三の母のいる佐賀へは行きたくないので、二人の幸せのためにと、竜三に訴えますが、そこはうまく甘えます。

ケンカせずに、上手に自分の主張を受け入れてくれるように甘えるのは、必要だと思いますが、うまく乗り越えられるのかな?

感想

新年
世間では、不景気でも新年の始まりです。

おしんは、髪結いから戻ってくると、おはやしに合わせて、チョチョッと踊るしぐさを見せて、家の中へ入ってルンルンです。

おしんは田倉の家が大変になっているので、髪結いでお金をもらって助かったと機嫌が良いです。

ところが、時代が、時代ですし、大地主の三男坊で育った竜さまには、女が家のために金を稼ぐなんて、とんでもないと思っています。

おしんは、小作の娘に生れているので、女が家のために働くのは当たり前です。

口では大正デモクラシーで、身分は関係なく結婚できると言っても、竜さまには、現実として、受け入れがたいことが、色々出てきそうです。

安泰かと思いきや
結婚して、落ち着いた生活ができると思ったら、世の中が不景気で、竜さまの仕事が、あまりうまくいかず、源じいは、佐賀へ帰った方がいいかもしれないと言っていますが、おしんは、佐賀へは、頑なに帰りたくないようです。

確かに、竜さまの母に面と向かって、田倉の嫁になど許さないと言われているので、佐賀へ帰りたくないのはわかります。

あがいても、どうにもならないことがあると思うのですが、おしんは、なんとか、佐賀へ帰らないように動きます。

おしんの思うように、うまくいくのかな?

お師匠さんは、おしんは、良い家に嫁いでいったと思ったのに、働かせてくれと頼まれ驚きます。

旗目に見て、恵まれていると思っても、意外とわからないことはあります。

おしんは、仕事運は良いみたいなので、時代の流れにうまくのって、お師匠さんのところで仕事をすることが決まります。

今のおしんが全てあるのは、一重に加賀屋での奉公のおかげです。

手習い、算術、お茶、お花、料理、仕立てに、あんま!

改めて大奥様、ステキです。

お金のために働くことを反対するのは、目に見えているので、おしんは、先回りをして、お師匠さんのところで働けるように話を決めてしまって、竜さまに事後報告です。

そこは、うまく竜さまの気持ちをつかむように甘えます。

自分たちの将来を考えさせるように、おしんにかわいく甘えられますが、このまま乗せられて良いのかと言った竜さまの、不安気な表情が微妙です。

<<前回89話 TOP 次回91話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました