おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん

浅沼友紀子(蝦名由紀子)現在おしんの禎役!ガラスのうさぎや写楽画像 おしん

スポンサドーリンク





 

ドラマの始まりが、家族構成のわからない現代パートからだったので、相関図にしてみました。

おしんは、7つの時から学校へ行かずに奉公として働いていたので、縁のある人とは、家族同様のような人間関係を築いてきました。

おしんキャスト相関図

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん

高倉浩太は、青年期から老年期まで、渡瀬恒彦さんが演じられますが、それ以外の人は、年代に応じて代わります。

余力があったら、追々です。

おしんキャスト相関図:佐賀時代

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん
(田倉家)
・おしんの夫・田倉竜三————————————–並木史朗
・夫の父・田倉大五郎—————————————-北村和夫
・夫の母・田倉清——————————————–高森和子

・竜三の妹・篤子——————————————–長谷直美
・篤子の夫————————————————–島英司

・兄嫁・恒子————————————————観世葉子

・つぎ——————————————————有明祥子

・作男・耕造————————————————-隈本吉成
・耕造の嫁・佐和———————————————-香野百合子

・耕造の母—————————————————戸川暁子

・耕造の妹—————————————————金野恵子

・耕造の妹—————————————————栃原真美
・長男・田倉雄(ゆう)————————————–伊藤毅→荻堂譲二山野礼央

おしんキャスト相関図:伊勢時代①大正14年~昭和14年

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん

・おしん—————————————————-田中裕子
・おしんの夫・田倉竜三—————————————並木史朗
・神山ひさ————————————————–赤木春恵
・高倉浩太————————————————–渡瀬恒彦
・田倉雄—————————————————-松田洋治
・田倉仁—————————————————-望月匡貴
・八代希望————————————————–大渕貴人
・初子——————————————————上中はるか
・並木香子————————————————–片岡静香

スポンサドーリンク

おしんキャスト相関図:伊勢時代②昭和14年~昭和21年夏

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん

・おしん—————————————————-田中裕子
・おしんの夫・田倉竜三————————————–並木史朗
・神山ひさ————————————————–赤木春恵
・高倉浩太————————————————–渡瀬恒彦
・田倉雄—————————————————-冨塚規政
・田倉仁—————————————————-内田慎一
・八代希望————————————————–萩原等司
・初子——————————————————長島裕子
・禎——————————————————–山下陽子
・川村——————————————————斉藤洋介

おしんキャスト相関図:伊勢時代③昭和25年~昭和32年

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん

・おしん—————————————————-乙羽信子

・田倉仁—————————————————-山下真司
・田倉道子————————————————–田中美佐子

・川部仙造————————————————–長門裕之
・川部波江————————————————–今井和子

・八代希望————————————————–塩屋智章
・八代百合————————————————–丘山未央

・初子——————————————————田中好子
・禎(てい)————————————————浅沼友紀子
・禎(てい)の旦那・崎田辰則——————————–渡辺寛二

・希望の師匠・栄造——————————————大友柳太郎
・栄造の妻・ふみ——————————————–風見章子

・並木浩太————————————————–渡瀬恒彦
・並木香子————————————————–片岡静香

従業員

・次郎——————————————————菊地浩二
・征男——————————————————家中宏

おしんキャスト相関図:伊勢時代④昭和42年~昭和43年

おしんキャスト相関図!たのくら田倉竜三家!浩太やかよ?孫の圭ちゃん
・おしん—————————————————-乙羽信子

・田倉仁—————————————————-高橋悦史
・田倉道子————————————————–浅茅陽子
・田倉剛—————————————————-玉野叔史
・田倉あかね————————————————甲斐みどり
・田倉みどり————————————————米沢由香

・お手伝い芳枝———————————————-石田紀子

・川部仙造————————————————–長門裕之
・川部波江————————————————–今井和子

・八代希望————————————————–野村万之丞
・八代百合————————————————–寺田路恵
・八代圭—————————————————-岩渕健

・初子——————————————————佐々木愛
・禎(てい)————————————————吉野由樹子
・禎(てい)の旦那・辰則————————————桐原史雄

・希望の師匠・栄造——————————————大友柳太郎
・栄造の妻・ふみ——————————————–風見章子

・並木浩太————————————————–渡瀬恒彦
・並木香子————————————————–片岡静香

おしんキャスト

・おしん———————————-小林綾子(7~10歳)第4回から第36回
・おしん———————————-田中裕子(16~45歳)第37回から第225回
・おしん———————————-乙羽信子(50~83歳)第226回から
・父・作造————————————————–伊東四朗
・母・ふじ————————————————–泉ピン子
・祖母・なか————————————————大路三千緒
・少女期のおしんと出会う逃亡兵・俊作————————–中村雅俊
・姉・はる(子役)——————————————-仙道敦子
・長姉・はる————————————————千野弘美
・長男・庄治————————————————吉岡祐一
・次姉・みつ————————————————古坂るみ子
・弟・正助————————————————–小林徹也
・妹・こう————————————————–鍵本景子
・長男・庄治の嫁とら—————————————渡辺えり子(現:渡辺えり)
(中川家)
・中川軍次————————————————–平泉成(当時は今泉征)
・中川きん————————————————–今出川西紀
・定次——————————————————光石研
・つね——————————————————丸山裕子

・松田先生————————————————–三上寛

(加賀屋)
・祖母・くに————————————————長岡輝子
・父・清太郎————————————————石田太郎
・母・みの————————————————–小林千登勢
・八代政男(加代の夫)—————————————森篤夫

・若い衆—————————————————-新井一典

・娘加代(子役)——————————————–志喜屋文
・娘(おしんのライバル)加代———————————東てる美
・小夜(子役)———————————————-宮城望
・きく——————————————————吉宮君子
・ウメ——————————————————佐藤仁美
・サク——————————————————今野博美(今野ひろみ)
・タマ——————————————————井沢明子
・おしんの永遠の恋人・高倉浩太——————————–渡瀬恒彦
・桜木徳男————————————————–津村秀祐(津村隆)

(髪結い長谷川)
・髪結いの師匠・長谷川たか————————————渡辺美佐子
・お豊——————————————————田中世津子
・そで——————————————————木瓜みらい
・けい——————————————————島村美妃
・夏——————————————————–富沢美智江
・その——————————————————真野ゆうこ
・りつ——————————————————名川忍
・おさと—————————————————-赤井祐子

・幸子——————————————————高橋昭朱

・つる——————————————————此島愛子

(カフェアテネの女給)
・染子——————————————————日向明子
・八重子(やえこ)——————————————-谷川みゆき
・波子——————————————————浦谷ひづる
・茂子——————————————————古館ゆき

テキヤ
・中澤健—————————————————-ガッツ石松
・ロク——————————————————おぼん
・サブ——————————————————こぼん

・山口ミサ————————————————–渡辺康子

(チーム縫子さん)
・梅子——————————————————大畑ゆかり
・糸子——————————————————中尾和子
・敏子——————————————————百瀬三那子
・弓枝——————————————————西沢正代
・勝子——————————————————野沢由香里
・久代——————————————————大越章子
・中本——————————————————小池栄

・留吉——————————————————中島元

・木田——————————————————岸本功

(田倉家)
・おしんの夫・田倉竜三————————————–並木史朗
・夫の父・田倉大五郎—————————————-北村和夫
・夫の母・田倉清——————————————–高森和子
・夫の家の執事・源右衛門————————————今福将雄

・竜三の妹・篤子——————————————–長谷直美
・篤子の夫————————————————–島英司

・兄嫁・恒子————————————————観世葉子

・つぎ——————————————————有明祥子

・作男・耕造————————————————-隈本吉成
・耕造の嫁・佐和———————————————-香野百合子

・耕造の母—————————————————戸川暁子

・耕造の妹—————————————————金野恵子

・耕造の妹—————————————————栃原真美

(おしん夫妻の家族)
・長男・田倉雄(ゆう)————————————–伊藤毅→荻堂譲二→山野礼央→槇浩→松田洋治→冨家規政
・次男・田倉仁———————————————-高橋悦史
・次男の妻・道子——————————————–浅茅陽子
・次男の娘みどり——————————————–川上麻衣子
・次女・田倉(崎田)禎————————————–吉野佳子
・次女の夫・崎田辰則—————————————-桐原史雄
・加代の子ども・八代希望(加代の死後、おしん夫妻が養育)—-野村万之丞(野村萬斎さんの叔父になります)
・希望の子ども・八代圭————————————–大橋吾郎
・おしんの養女・田倉初子————————————佐々木愛

たのくら田倉竜三家一族メイン!

おしんの伴侶には、佐賀の地主様の三男坊で、赤ん坊のころから子守りをしている”じいや”付きの田倉竜三になります。

本家から、資本を出してもらい東京で独立をしますが、常に、この”じいや”が、悪い女に引っかからないようにと、お目つけ役です。

厳しい”じいや”の存在に、おしんは、最初戸惑います。

田倉竜三は、恵まれた境遇に育ちますが、結婚をしてから様々な局面にぶち当たることになり、平坦な人生にはなりません。

それでも常に、おしんのことを思いやり、共に夫婦として、お互いの絆を強めようと寄り添い努力して、子を何人か授かります。

血のつながりのない子を自分の子として引き取り育てたり、おしんの幼い日を思い起こすような出会いがあり、家族は増えていきます。

それにしても「田倉」と書いて「たのくら」と読むのは、慣れないとややこしいです。

調べてみると「田倉」と書いて「たくら」はもちろんのこと「たのくら」「たぐら」とも読みます。

さらに見てみると「田倉姓」は、九州には、あまりいません!

橋田壽賀子先生の、ただの思いつきかもしれません。

おしんキャスト浩太?

おしんの初恋の相手の浩太とは、相思相愛だったにもかかわらず、おしん宛ての手紙を見てしまった、加賀屋のお加代さまにより、一緒になることは叶いませんでした。

ところが、浩太とは、ことあるごとにおしんに関わることになります。

明治大正は、農民運動に力を注ぎ、昭和になると反戦運動に走り、一貫して権力と闘います。

浩太は、おしんの人生に力となる存在だというのです。

相関図に「精神的伴侶」とありますが、管理人の独断ではなく、浩太はおしんにとって「ホワイトホース」とか「おしんの人生の苦境に力を貸す」そういう存在なんだそうです。

その関係は、晩年になっても続きます。

加賀屋のお嬢様のお加代さまは、子どもの頃から何不自由ない環境で、8つで奉公に来たおしんとは、姉妹同然のように育ちました。

家の後継ぎとして、子供の頃から厳しくも大切に育てられてきましたが、女学校へ進むと、新しい時代の流れを感じ、精一杯自分に忠実に生きようとします。

そんなお加代さまの目の前に現れた浩太の存在に、心を奪われることになりますが、浩太の気持ちは、おしんにあると知ることになります。

それでも一途なお加代さまは、自分の想いのまま恋に走り、浩太のもとへと行きます。

どんなにお加代さまが、浩太への愛を貫こうとしても、浩太の心には響きません。

半分あきらめの中、加賀屋を守るために、見合い結婚をしますが、浩太への想いを断ち切れないお加代さまの結婚生活はうまくいきません。

その状態はしばらく続きますが、あることをきっかけに、ようやく断ち切ることができ、加賀屋のために結婚をした相手ともやり直すことで、子供も授かることになります。

順調な人生をようやく歩めるかと思っていると、さらなる悲劇がお加代さまを待っています。

代々続いた加賀屋はなくなってしまうことになり、流転の人生が待ち構えることになります。

孫圭ちゃん関係

跡取り息子の孫は、かわいいはずだと思うのですが、お年頃の孫は、誰に似たのか、口うるさく生意気盛りです。

それに比べて、陶芸の道を究める「希望(のぞみ)」の息子の圭ちゃんは、おしんのことを思いやり、おしんの話を面白いとつきあってくれる心優しい青年です。

女給カフェアテネ

女給の染子は、髪結い長谷川に洋髪をお願いに来た時、おしんの手掛けた洋髪に「これは耳隠しじゃない!」と怒って帰ってしまいましたが、お店の女の子たちから評判になると、おしんのことを気に入り、おしんは、カフェアテネに出入りするようになります。

そこの女給たちに、恋文の代筆を頼まれますが、揃いにそろって「竜さま」と呼ばれる男性宛てです。

3人の女から恋文をもらうような男とは、どんな男なのか、さすがに気になります。

4人いる女給のうち、波子だけは、竜さまに関心がありません。

やがて、その「竜さま」とおしんは、接点を持つことになるのですが、接点を持つのは、それだけではありませんでした。

おしんの姉のはるの夢を叶えようと上京して、髪結いになったことで、意外な運命へといざないます。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました