北村和夫 おしん息子は北村有起哉!俳優プロフィールや妻?大五郎役!

おしんあかね役の鈴木美江(鈴木淑恵)の現在?彼氏クズ?結婚をwiki風 おしん

スポンサドーリンク





 

ドラマ「おしん」で、主人公のおしんの伴侶となるのが、佐賀の地主の三男坊である、田倉竜三です。

竜三の父の田大五郎は、嫁のお清とは、まるで性格が違いますが、その父を演じるのは、俳優の北村和夫さんです。

懐かしい俳優さんの一人ですが、2007年に80歳でお亡くなりになられています。

北村和夫の俳優の経歴とプロフィールや妻?

北村和夫(きたむら かずお)

生年月日:1927年(昭和2年)3月11日~2007年5月6日

出身地:東京市(東京都)小石川区竹早町(文京区)

医師の次男として生まれます。

東京都立第十一中学(現在の東京都立江北高等学校)卒業をすると、研数専門学校、東京工業専門学校に進み、終戦を迎えます。

日本大学三島校舎理工学部予科卒業。

早稲田大学第二文学部芸術科(現・演劇科)で小沢昭一、加藤武、今村昌平らとグループを結成して演劇活動に熱中します。

大学在学中の1950年に文学座の研究生になり、大学を卒業すると同時に文学座準座員となります。

1951年、「崑崙山の人々」で初舞台を踏みます。

1955年に座員に昇格すると「女の一生」や「華岡青洲の妻」などで杉村春子の相手役を務め、文学座の看板俳優となります。

1956年、文学座の同期の女優と結婚をしますが、1965年に離婚

その後、希玖子夫人と再婚しています。

時代劇から、青春ドラマと幅広い作品に出演してきました。

紫綬褒章(1989年)、勲四等旭日小綬章(1997年)受章しています。

2007年5月6日、肺炎による呼吸不全のため東京都新宿区の病院でお亡くなりになります。享年80

小沢昭一とも大学時代の友人であり、


加藤武とも親友でした。

スポンサドーリンク

北村和夫の息子は北村有起哉!

息子は俳優の北村有起哉、娘は女優の北村由里。


1974年4月29日生まれで、妻は朝ドラ「さくら」の高野志穂さんです。


お父さんが、赤い糸をつないでくれたのかもしれませんね。

お父さんと息子さんは、目元が似ているのかな。

北村和夫おしん竜三の父役!

田倉竜三の母お清と違い、父の大五郎は大らかで太っ腹ですが、竜三の性格は、この父譲りだと思われます。

ただ、作男を雇えるくらいの地主でしたが、さまざまな事業に手を出して失敗をしています。

竜三のビジネスセンスがないというか運がないところも、似ているのかもしれません。

それはともかく、大五郎は大事な嫁として、おしんのことをかわいがりますが、お清は、何かにつけ、おしんに冷たく当たります。

大五郎は、そんなお清を叱りつけますが、気が強いお清は、大五郎に叱られるくらいでは何も堪えませんでしたが・・・

北村さんの父性愛とでもいうか、温かみのある存在感がほっとさせられます。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました