おしん あらすじ 106話ネタバレ朝ドラ / ブラック企業思考な竜三反省する キャスト再放送感想

おしんあかね役の鈴木美江(鈴木淑恵)の現在?彼氏クズ?結婚をwiki風 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年8月1日(木)

あらすじ

大正11(1922)年秋、竜三(並木史朗)は裏庭に作業場を建て、ミシンを5台購入しました。

店の6台のミシンでは間に合わないほど、注文が殺到していたのです。

おしん(田中裕子)は、次々と注文を受けて夜も工場を動かして、服の生産をするという竜三に、製糸工場の重労働が原因で死んだ姉の話をして、強く反対します。

おしんの気持ちを受け止めた竜三は、みんなが健康で喜んで働いてもらえる作業場にすると約束します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回105話 TOP 次回107話>>

スポンサドーリンク

おしんキャスト

田中裕子、並木史朗、今福将雄

おしんあらすじネタバレ

ミシン追加
大正11年の秋風が身に染みるころ、竜三は、住まいの裏庭に小さな作業場を建てて、またミシンを5台入れました。

店にある6台のミシンでは間に合わないほど、注文が殺到したのです。

竜三が、大野屋の連中と打ち合わせだと言って、外出しようとしています。

竜三「たまには、ごちそうしてやらないと。大野屋のおかげで、ウチの信用もできたから。」

そう言って出て行くと、源じいが「最近は、忙しくて、すっかり家で食べることがなくなった。」とグチります。

おしんは、仕方がないと返すと、源じいは「3月も経たないのに、ミシン11台も」

おしんは、「学生服は儲けが少ないから、薄利多売でやらないと」と言って、食事の支度をしています。

おしん「旦那さまにも意地があったのね。結婚を反対された私を連れていかないといけないもの。これで、佐賀への面目も立つわ。」

源じい「男のお子さんでもできたら、大きな気持ちで帰ってください」

縫子「久代さんが、気分が悪いから今日は帰らせてほしいと言っているが、明日の納品が間に合わなくなる」

おしん「私が、ミシンを踏みますから。久代さん、帰してあげてね。無理しないようにってね。」

源じい「久代さんの分は、みんなで残業してやればいいです」

おしん「ウチは、残業だけはしない決まりなんだから。無理でもしたら、また病気にでもなるから、それだけは守らなきゃ」

~中略~

寝床
おしん、寝床の支度している。

竜三が入ってきて「あの話は、やめた。おしんの言う通りだよ。当分は、今の仕事に手抜かりがないようにする。それから、大きな作業場を建てる。みんな健康で、楽しく働いてもらえる作業場にする。おしんには、かなわない。」

おしん「すみません。差し出がましいこと。ただ・・」

竜三「おしんの気持ち、わかるよ。私のような男は、おしんのような女房がついていないと、どこへ走り出してしまうかわからない。これから、何でも思ったことは、言ってほしい。それが夫婦だよ。そうやって夫婦になっていくんだ。」

竜三は、お金をおしんに渡して「おしんの好きなモノを買えばいい。私が買ってもいいんだが、おしんの好きなモノはわからない。」

おしん「欲しいモノなんて」

竜三「それなら、山形のお母さんに送ればいい。遠慮はいらない。おしんのおかげで、ここまでこれたのだから。」

おしん「アナタの、そのお気持ちだけで、このお金で、佐賀のお父さまとお母さまに、何か送って差し上げましょうか?私、佐賀のお父さまとお母さまに喜んでいただいたら、それだけで。」

竜三は「おしん」と言って、おしんを抱きしめます。

参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 三 試練編(新価格) [DVD]

前置きレビュー

待合
女給カフェは、おそらくキャバクラとかクラブのことだと思いますが、「待合」は、芸妓を呼んで飲食をさせる待合茶屋(のちに略して待合)と言うのだそうです。

おしんスゴイ!!

くどいですが、おしんが「ウチは、残業だけはしない決まりなんだから」「だったら、人とミシンを増やせばいいでしょ?あなた一人の事業欲のために、夜中まで人をこき使うなんて、どうかしてますよ」なんてことを言うなんて、平成から令和にかけてならともかく、大正時代の話とは言え昭和の時代に、このセリフは驚きです。

感想

源じい最高!
源じいは、思いっきり、竜さまの鼻っ柱を思いっきりへし折ってくれました!

竜さまは、佐賀の母の反対を押し切って結婚をしているので、何かあったら嫁のせいなどされたくないと、おしんはわかっています。

勢いにうまく乗って、ミシンを増やし、気持ちもつい大船に乗った気になった竜さまは、景気の良かった時を思い出すかのように、大野屋にごちそうすると言って、また芸者遊び。

わかりやすい人ですが、管理人は、竜さまの気持ちがわからなくありません。

社交的で人の良い竜さまは、あらたに仕事を取りますが、増えた分の仕事は、製糸工場のように夜、人を雇ってやらせれば良いと聞いたおしんは反対します。

「私たち、十分食べて行けるでしょう?あなただって、待合やカフェで遊べるでしょう?」

おしんは、産まれてこの方、ぜいたくをすることなく生きてきたので、足るを知ることをわかっています。

「夜中まで、人をこき使って、そこまでしてお金を貯めてどうするの?」

最もだと思いますが、女子のおしんに、ほんとうのことを言われて、竜さまは面白くないんです。

源じいに癒しを求めますが、源じいは、ぜいたくすることなくコツコツと日々をこなしているおしんを見ているので、だらしがなく酔っぱらった竜さまが、情けないんですよね。

ここで釘を刺さないと、また羅紗問屋の時のようなことになってしまいます。

「坊ちゃま!坊ちゃまは、間違っています」

良く言った!

そして、源じいは、常におしんと竜三の夫婦が円満であるように、気を配っているんですよね。

源じいのような、かけがえのない代えがたい人は、今となっては実現難しいのかもしれません。

<<前回105話 TOP 次回107話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました