蚊取り線香 渦巻きってなんの形?チコちゃんは理由!取り方上山英一郎

スポンサドーリンク





 

蚊取り線香は、グルグルの渦巻き状の形ですが、あれは、蚊が目を回すのかと思っていたのですが、何か理由が他にあるのでしょうか。

「チコちゃんに叱られる!」(2019年7月26日放送)より、まとめました。

スポンサドーリンク

蚊取り線香の渦巻きは何の形?

チコちゃんは、知っています。

「蚊取り線香の渦巻きは何の形?」

とぐろを巻いたヘビ!

蛇がぐるぐるでございますよ詳しく教えてくださるのは、世界で初めて蚊取り線香を発明したひ孫で、大手蚊取り線香メーカーの上山久史さん。

上山さんの日おじいさん上山英一郎さんが発明した渦巻き型蚊取り線香は今や世界中の方に使っていただいています。

蚊取り線香とは?

蚊に刺されることで命の危険もある、感染症にかかる心配のある国々では、蚊取り線香は欠かせません。

上山英一郎氏が発明した最初の蚊取り線香は、仏壇の線香と同じで真っ直ぐな棒状でした。

明治23年(1890年)発売当初の蚊取り線香は、棒状のものでした。

なぜ蚊取り線香は、蚊をやっつけてくれるのでしょう?

蚊取り線香には、ピレトリンと言う蚊を殺す成分が入っています。

その原料はシロバナムシヨケギクと言って、除虫菊とも呼ばれる花があります。

ヨーロッパでは14世紀頃からノミやダニを退治するノミ取り粉の原料として使われていました。

この除虫菊が日本に入ってきた明治時代、上山英一郎は除虫菊を積極的に栽培しました。

ノミ取り粉を発売し大ヒットとなります。

さらに除虫菊が虫を殺すピレトリンが、ノミやダニだけでなく、飛び回る蚊にも効かないか研究を始めました。

その結果、線香にして炊くことで、蚊がやっつけられるということを発見したんです。

蚊取り線香を燃やすと熱でピレトリンが気化します。

それが煙によって空中に広まり飛び回る蚊をやっつけます。

今でこそ、渦巻型の蚊取り線香は当たり前ですが、この形になって商品化されるには、長い年月がかかりました。

上山英一郎

上山さんは、「金鳥」「KINCHO」(きんちょう)の商標名で知られる大日本除虫菊(だいにほんじょちゅうぎく)の創業者です。

生年月日:文久2年(1862年)

出身地:現在の和歌山県有田市(紀伊国有田郡山田原村)

1943年9月7日(81歳没)

NHK たぶんこうだったんじゃないか劇場

なつよ、これが日本の夏だ

渦巻き型蚊取り線香誕生物語

明治23年(1890年)和歌山県

上山英一郎氏が発明した棒状の蚊取り線香は、長さ20cm燃焼時間約40分です。

しかも煙が細いため一度に3本使わないと、効果が出ませんでした。

そこで、上山英一郎氏は、どうすれば蚊取り線香が長持ちするのか、材料の配合や太さを変えるなど試行錯誤をしました。

棒状の蚊取り線香の発売から5年経ちました。

ある日、庭で妻のゆきが、ヘビに驚きます。

驚いたのは、ヘビではなく、「とぐろを巻いている」ことに、ひらめいたのです。

上山氏は、このことをヒントに、渦巻き型蚊取り線香の開発を始めます。

ところが粘土状の線香を渦巻き状に巻いていくと、ある程度のすき間を空けて巻かなければならず、形を揃えるのには結構な手間がかかります。

そこで、木型を作りますが、材料が乾いて硬くなるまで、型から取り出せず、大量生産には木型が大量に必要でしたが、これでは現実的ではありませんでした。

そこで思いついたのが、2本の線香を使って、渦巻き型にすることでした。

二本同時に巻くことで、均一のすき間を持った、同じ渦巻き型の線香ができることを発見します。

ところが、板の上で乾かすとくっついてしまいますが、網の上で乾かすとくっつくことなく完成します。

こうしてできた、当時の渦巻き型蚊取り線香は、長さ60cm燃焼時間約6時間です。

昭和15年ごろ、職人さんの手で、わずか3秒ほどで、渦巻き型にされていました!

蚊取り線香 渦巻き取り方

中央の太くなっている部分を上と下から押し、その部分を持ち上げます。

スポンサドーリンク





コメント

タイトルとURLをコピーしました