おしん あらすじ 230話ネタバレ朝ドラ / 加代の息子希望ショック キャスト再放送感想

浅沼友紀子(蝦名由紀子)現在おしんの禎役!ガラスのうさぎや写楽画像 おしん

スポンサドーリンク





 

2019年12月24日(火)

あらすじ

4年間行方のわからなかった初子(田中好子)の消息を、健から知らされたおしん(乙羽信子)は、開店まもない店を、仁(山下真司)と希望(のぞみ,塩屋智章)にまかせて上京します。

やっと初子を連れ戻すことができ、東京から初子を連れて帰ったおしんを待っていたのは、問屋に商品を引き揚げられてガランとした店でした。

おしんは、これを機会に、あらためて魚と野菜に絞った商売をしようと考えます。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回229話 TOP 次回231話>>

おしんキャスト

乙羽信子、田中好子、山下真司、塩屋智章、浅沼友紀子

おしんあらすじネタバレ

田倉家
おしんが笑うと、仁が「笑い事じゃないだろう?」

おしん「だってさ」

希望「あんなやり方って、ないよ。母さんが帰ってきたら、必ず払うって言ってるのにさ、トラックであっと言う間に持っていっちゃうんだからさ」

おしん「母さんも、うっかりしていたのよ。初ちゃんのことで気がせいていて支払い日のこと、コロッと忘れちゃっていて」

初子「すみません、私のために」

仁「初ちゃん、あやまることないんだよ!母さん、のん気なんだよ!」

おしん「何言ってんだい!雑貨や日用品をおきたいって言ったの、アンタだよ。仁の責任でしょうが?
問屋さんだって大変なのよ。この世知辛い世の中だもの」

仁「母さんは、すぐ帰ってくるって言ったんだよ!今までだって、オート三輪で周る雑貨仕入れているじゃないか?長いつき合いだろ?それなのに全然信用ないんだから」

おしん「今日まで良くても、明日はわからないのが商売なの。小売店と同じように、問屋だって増えているんだから。競争だって激しくなっているし」

仁「母さん、いったい、どっちの味方なんだ?」

おしん「戦後のどさくさが終わって、これからがほんとうの商人が残るのよ」

仁「問屋へ行って来てくれよ。俺じゃ、相手にしてくれない」

おしん「雑貨は、もうあきらめよう?問屋の支払いどうしようかと思っていた。せめて半分くらい売れていたら、なんとかしようがあるけれど。これからは、魚と野菜だけで、踏ん切りがついた」

おしんは、仁に雑貨はあきらめて、魚と野菜で、お父さんがやっていたように、仕出しを始めてもいいと話します。

おしんは、初子に、こんな時に帰ってきて大変だけれど、母さんには、誰よりもいい相談相手になってくれると言います。

そこへ禎が学校から帰ってきて、初子が戻ってきたことを喜びます。

禎は、初ちゃんがキレイになって結婚したのかと聞くと、おしんは、初ちゃんは24だけど、まだ独りだよと応えます。

初子は、夕飯の支度をすると言うと、おしんは、お父さんと雄に、線香をあげてと話します。

初子は、雄の遺影を見て、手を合わせる。

おしんは、「初ちゃんが帰ってきてくれましたよ」

初ちゃん「母さん、父さんも雄さんも、もう年をとらないのね。私も、あの時、死んでいたら、雄さんのそばでいつまでもあの時のままでいられたのに」

おしん、接客をしている。

初子がやってきて、この家にいたのだから、注文の魚くらいさばくと仁に言います。

初子は、お客さんに「しばらくです」と声をかけ、商売を続けます。

居間

初子がおしんにお茶を入れる。

おしん「6月に戦争が始まって、どこの工場も忙しいから、初ちゃんも働きたかったら、それでもいいのよ?今なら、いくらでも仕事があるんだって」

初子は、お金よりも、ここに置いていただけるだけでいいと返事しますが、よそで働いたら月給がもらえるから、生活の足しにはなると言うと、おしんは、「初ちゃんのお給金を当てにするほど、困ってない。そのうち、みんなでがんばっていれば、初ちゃんの婚礼の支度位できる」と話します。

そこへ、希望が、母さんに話したことがあると入ってきます。

希望は、だいぶ前から、焼き物の先生のところに手紙を出して、弟子入りさせてほしいと頼んでいたのですが、そしたらやっと一度来なさいと返事が来たと話します。

希望は、初ちゃんが帰って来たので、自分がいなくてもいい。陶工になりたいと言うのです。

おしんは、この4年間、仁と希望にオート三輪の行商を手伝わせたのは、人がいなくて便利に使っていたわけじゃない。

希望は、酒田の米問屋の加賀屋のたった一人の後継ぎだから、お店は潰れてしまったが、いつか立派な商売人になって、加賀屋の看板をあげないといけない責任がある。

母さんは、そのつもりでお預かりしたんだし、母さんにとって大恩がある加賀屋を再興させることが、あんたのお母さんのお加代さんにも、大奥様にも、たった一つのご恩返しなの。

おしんは、大学へ行かせたかったが、とうとう行かなかった。それは諦めたけれど、商売は、体でおぼえてもらうために、商売の苦労をさせようと思って、行商にもついて周らせたと話します。

ところが希望は、「4年間自分なりにやってきたが、商売がキライなんだ。

小さい時、絵描きになりたかったけれど、この手で形を確かめられるものにだんだん惹かれて、日常の暮らしの中で、みんなに愛されるモノを作りたかった。飾りものではなく、ふだんの生活の中で、暮らしを豊かにする、そんなもの。

それには、焼き物しかない!その先生の焼き物が、好きだ。温かくて、そぼくで、力強くて、僕も、そういう焼き物を作れるようになりたい!いいだろう、母さん!」

おしんは、初子と禎に「お湯に行こう」と声をかけます。

おしんは、希望に、「そんな回り道している暇なんてない。焼き物だなんて!夢みたいなこと言って!モノにならないってわかってから、それで出直そうったって遅いんだからね!」

仁は、希望の後姿を黙って見ている。

一番、素直で従順だった希望なだけに、おしんのショックは大きかった。

もちろん、希望にそんな無謀なことを許すつもりなど、毛頭もないおしんであった。
参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 六 再起編(新価格) [DVD]

前置きレビュー

希望はやっぱり加代の子
絵描きになりたいと言っていたお加代さまの子供なだけあって、希望は、焼き物の道に進みたいと話します。

おしんの考え

おしんは、大恩ある加賀屋の跡取りである希望を立派な商人にして、加賀屋の看板を上げさせることが、恩に報いると古式ゆかしい信念です。。。。

頭の固いことを言っていると思うかもしれませんが、おしんは明治生まれの人です。。。

しかも、7つの時から、家族のために奉公をしてきたおしんには、焼き物で食べて行くなど、夢みたいな話なのです。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回229話 TOP 次回231話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました