おしん あらすじ 271話ネタバレ朝ドラ / 加代の息子浩太に融資を キャスト再放送感想

おしんあかね役の鈴木美江(鈴木淑恵)の現在?彼氏クズ?結婚をwiki風 おしん

スポンサドーリンク





 

2020年2月20日(木)

あらすじ

ある日、包丁を持った女が「社長に会わせろ」と店で大騒ぎします。

女は「田倉の社長が私をだまして、家や土地を奪った」と訴えますが、実際のところは合法的だったとはいえ、仁(高橋悦史)が独断で行ったことによるものでした。

おしん(乙羽信子)は、女の前で仁の頬を殴りつけ平謝りします。

その女は、かつておしんがお世話になった人のひとり娘でした。

おしんは、店の経営方針について、仁とは考え方が決定的に違うことを痛感します。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回270話 TOP 次回272話>>

おしんキャスト

乙羽信子、高橋悦史、佐々木愛、桐原史雄、片岡静香、木村夏江、渡瀬恒彦

おしんあらすじネタバレ

スーパーたのくら

仙子「私が、なにしたって言うんだ?人を騙して、家も土地も取り上げたのは、ここの社長じゃないか!」

すると、おしんが「お騒がせして申し訳ございません!店のモノが、つい慌ててお知らせしたんだと思います!
ウチの方は、何にも被害を受けておりません!
奥さんも、きっと悪気があってなさったことじゃないと思います。

どうぞ今日のところは、穏便にお取り計りをお願いいたします」と、警官に訴える。

仁「母さん、その女、我々に凶器を振り回して脅迫したんですよ。
かばうことはないんです」

おしん「おだまり!お前が、出る幕じゃないよ!」

おしんは、警官に「待ってください!お願いいたします!」と追っかけて行く!

事務所
仁と辰則が無言でいると、初子が「遅いわね、母さん」と言ってコーヒーを持ってくる。

仁が、おしんに殴られたのは、何か心当たりあるんじゃないかと、初子に問われますが、仁は黙っています。

そこへ、おしんが戻ってきて「釈放してもらったよ」

~中略~

茶の間
おしん、そろばんをはじいている。

「あーやんなっちゃたね。仁は年内に2店出したいって言うんだけど、今この見積もりを見て、ビックリしたんだよ。この店と、ありったけの土地を抵当を入れても、とても銀行で貸してくれるお金じゃないよ」

初子「母さんにしたら満足かもしれないが、仁ちゃんも辰則さんも若いから、これからなんですよ」

おしん「店を出して儲かればいいけれど、借金、借金で、一つ間違えば、元も子もなくしちまうからね。ただね、希望が、思うようにしてやれないんだよね」

初子「母さん、いつか私のために残してくださったって」

おしん「あぁ初ちゃんが、一生困らないように株券をね」

初子「それ、希望ちゃんに」

おしん「バカなこと言うんじゃないよ!あれはね、どんなことがあってもダメだよ!なにもかも重なって希望も運がないけど、でもせっかくね、独立するってチャンスなんだから・・・さぁ私も忙しくなるよ!」

浩太の家

おしんが浩太に「いつもお変わりなく」

浩太「おしんさんこそ。私はばあさんと隠居の身ですが、まだまだ現役で」

おしん「いいえ、私も隠居したいんですが、若いモノに任せますと、頼りなくて何をしでかすかわかりませんから」

浩太「そういうことを言うと嫌われますよ、年寄りは」

香子「そういうお気持ちでいらっしゃるから、おしんさんは、いつまでもお若くていらっしゃるんですよ」

おしん「いいえ、私も商売のことは忘れてしまいたいんですけれど」

浩太「まっお茶でも」

浩太、おしんが出した壺をみて「面白い。若い人のもんだな」

おしん「希望が。いい作品ができました時、こちらへお届けするつもりが、なかなか。でも今度、希望が賞をいただくことができまして、これは私の好きな作品ですので、是非、浩太さんに」

浩太、壺を手に取り「そういえば加代さんも、いい絵を描いていた。加代さんの絵の激しさと、どっか似ている。やっぱり加代さんの息子さんだな」

おしん「気に入っていただけたでしょうか?」

浩太「立派なものです。よくここまで」

おしん「やっと一人前になりました」

浩太「おしんさん、やっと加代さんとの約束を果たせましたね」

おしん「いいえ、希望が窯を持てるまでまだ。実は、そのつもりでおりましたが、店が急に支店を出すことになりまして、長い間、私が反対しておりましたが、息子が、どうしてもと言いまして、これからどうなるかわかりませんが、一度走り出したら、止まるわけにはまいりません。

そんな事情で、希望に窯を持たせることも」

浩太「そりゃそうだ、支店の進出とかち合ったのではね」

おしん「あの、ここに株券がございます」と言って差し出し「これで希望の独立資金をご融資できませんでしょうか。株券を売ればいいのでしょうが、これは初子のために、長い間、こしらえたものですから、どうしても手放せなくて、それにウチの恥を申し上げるようですが、息子には、どうしても知られたくない事情がございまして」
浩太「なるほど、兄弟で育って、初子さんがいくら田倉に尽くしたと言っても、いろいろあるんでしょう。

わかりました。私が、なんとかしましょう」

おしん「浩太さん」

浩太「加代さんの息子さんなら、私にだって、まんざら縁がないワケじゃない。それに加代さんのことを考えると、手助けするのが、人情ってもんでしょう。
窯が出来たら、お邪魔したいな」

おしん「ぜひ、お加代さまも、どんなお喜びになるでしょう」

浩太「加代さんの息子さんがね」

と言って壺を手に取る。

田倉家

おしん「初ちゃん、希望のこと、何もかもうまくいきそうだよ」

初子「並木さんが?」

おしん「仁には、内緒だよ?」

初子「これで母さんも、やれやれですね」

おしん「冗談じゃないわよ。店だって、希望のことだって、たいへんなのはこれからなんだから」

やがて田倉の2号店、3号店の建設が始まった。

そして時を同じくして、希望の窯と住まいの工事もすすめられることになった。

それはおしんが、今まで築き上げてきたモノ全てを投じての新しい賭けであった。
参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 七 完結編(新価格) [DVD]

ティーブレイク

感想

義理と人情
おしんは、昔からのなじみのお客さんの娘さんから、土地を奪ったと、昔気質のおしんには、義理と人情で人生を築いてきたので、仁の非情な仕打ちは許せないのは、わからなくないけれど、難しいな。

おしんの生きてきた時代とは、悲しいけれど時代が違います。

とは言え、おしんは、商売だけでなく、貯蓄もしっかりしていました。

土地だけでなく、初子のために株券があると話していますが、大奥様の裁量を横目に、伊達に米問屋で奉公していたわけじゃないのかも。

浩太・・・
困った時の、浩太頼みですか。

とは言え、年を重ねて、こういう関係を築けたのは、お互いを尊重しあっていたからなんでしょうね。

大人だな。

浩太は、のぞみの焼いた作品を手に、かなり気に入っていそうな雰囲気。

師匠の太鼓判があってのこととは言え、いくら独立させてやりたいと言っても、肝心の作品に魅力がなかったら頼めません。

浩太のうなりに満足感を感じますが、それこそおしんは大きな顔をして、浩太に融資を頼めます。

幼くして両親を亡くしたのぞみには、人知れず埋められないものがあるのか、それを埋めるかのように、ひたすら陶芸の道に邁進してきたのかなと思います。

<<前回270話 TOP 次回272話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました