おしん あらすじ 287話ネタバレ朝ドラ / 浩太の息子宗男公衆電話 長谷川哲夫 キャスト再放送感想

おしんあかね役の鈴木美江(鈴木淑恵)の現在?彼氏クズ?結婚をwiki風 おしん

スポンサドーリンク





 

2020年3月10日(火)

あらすじ

スーパー「たのくら」の17号店を、浩太(渡瀬恒彦)が住む町に作ると聞かされたおしん(乙羽信子)は、浩太の食料品店に迷惑をかけると猛反対しますが、仁(高橋悦史)と辰則は聞き入れません。

新聞に17号店出店の記事が出た翌日、おしんは浩太を訪ねます。

謝ってもどうにもならないことは重々承知していましたが、おしんは浩太への申し訳なさと自身のやりきれない気持ちを伝えるしかありませんでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回286話 TOP 次回288話>>

おしんキャスト

乙羽信子、高橋悦史、浅茅陽子、佐々木愛、桐原史雄、長谷川哲夫、渡瀬恒彦、大橋吾郎

おしんあらすじネタバレ

初子の店
仁が、初子の店にやってくる。

初子が、仁に「今朝の新聞で見たわ。地方紙の経済欄に大きく扱ってたじゃないの。田倉もたいしたもんね。17店目ともなると、ニュースなのね」

仁「今度の店は、田倉の集大成みたいなもので、規模もでっかいって売りまくったんだよ。
PR時代だからね!

目一杯、マスコミを利用しなきゃ!」

初子「じゃあ、母さんもとうとう諦めたのね」

仁「そのことなんだがね、おふくろ来なかった?朝飯も食わずに、出かけたんだよ。いつもなら気にしないんだがね。今朝、新聞記事のことがあるだろう?
おふくろ、読んだことわかっているんだから」

初子「じゃあ、母さん、まだ反対しているの」

仁「並木に恩義があるってね」

初子「仁ちゃんに話したのね、母さん」

仁「しかし、今頃、そんなことを言われたって。初ちゃん、知ってたのか?」

初子「希望ちゃんのお母さんの結婚する前の恋人だったらしいわよ」

仁「おふくろが、惚れていたワケじゃないのか?」

初子「その辺のことは、私にはよくわからないけれど。希望ちゃんが、窯を持った時にね、その費用を貸してくれたのが並木さんだったの。

新築祝いにもみえてね、希望ちゃんのこと、とっても懐かしそうにしてらしたわ。

母さんも、並木さんのこと、とっても頼りにしてらっしゃるみたいだし、お互いに特別な思いも、長い歴史もあるんじゃない?」

仁「いままで俺に、そんな話ししてくれたことはなかったからね、おふくろ」

初子「母さんにしてみれば、こんなことになるとは思ってもいなかっただろうし」

仁「だからって、ここまで来て」

初子「運が、悪かったのよ」

仁「俺も、事業を大きくすることが、なによりもおふくろに報いる道だって、今まで信じてきたんだ。だから、ここまで頑張って来られたんだ。

しかし、今度ばかりは、親不孝をすることになってしまった」

~中略~

離れ
やがて昭和58年が明け、その年の3月、スーパーたのくらの17店目は完成し、オープンの日を向かえようとしていた。

おしんが、花を活けていると、圭ちゃんが「春休みで、夕べ遅く帰って来た」と言って入ってくる。

圭ちゃんは、おしんは最近家にこもっていると、お父さんが心配しているから見に来たのです。

でも、おしんは顔色もいいし、毒舌も衰えていないしと言うと「うるさいのは、サッサと消えちまった方がいいんだけど、なかなかお迎えが来なくてね」と返します。

圭ちゃん「これなら17店目のオープンにも、かくしゃくとして出られるね。今度の店は、デパート並に大きいんだってね。仁おじさんって言うのは、やっぱりたいした腕だな」

おしん「父さん、元気かい?」

圭ちゃん「はい、今、4月の個展の製作で大変らしくて、なかなかご機嫌うかがいには来れないけれど、よろしくって」

おしん「忙しくて、けっこうじゃない」

そこへ浩太から「至急、お話したいことがございまして、お宅の近くまで来ているんですが、出てこれますか?」と、公衆電話をかけてくる。

圭ちゃんは、おしんの出かけるのに、「ついていこうか?」と聞きますが、おしんは「いいんだよ!」

突然の浩太の電話に、おしんはただならない不吉なモノを感じていた。

が、それがまさか田倉の浮沈にかかわることだとは思いもよらないおしんであった。
参照元:

連続テレビ小説 おしん 完全版 七 完結編(新価格) [DVD]

前置きレビュー

公衆電話
雄が生まれたばかりの頃、浩太は、おしんと会うために、待ち伏せをしていたことがありますが、時代は変わりました。

公衆電話!

おとら渡辺えりさんのエピソード

こちらで「おしん」に出演当時の渡辺えりさんのエピソードが、ご覧になれます。

浩太の息子宗男役の長谷川哲夫

浩太の息子、老舗の若旦那宗男を演じるのは、俳優の長谷川哲夫さんです。

「渡る世間は鬼ばかり」や「水戸黄門」では、徳川綱吉の役を18年間にわたって務め、歴代の綱吉役では最長なんだそうです。
おしん あらすじ 287話ネタバレ朝ドラ / 浩太の息子宗男公衆電話 長谷川哲夫 キャスト再放送感想
浩太の息子とのことですが、この時、渡瀬恒彦さんは39歳ですが、長谷川哲夫さんは、45歳です。

簡単プロフィール

長谷川 哲夫(はせがわ てつお)
おしん あらすじ 287話ネタバレ朝ドラ / 浩太の息子宗男公衆電話 長谷川哲夫 キャスト再放送感想

引用元:https://japaneseclass.jp/

本名:伊藤哲夫

生年月日:1938年7月15日

出身地:富山県下新川郡

身長:175cm

体重:67kg

血液型:B型

事務所は、赤木春恵さんと同じ

オフィスのいり所属

趣味はゴルフ

感想

懐かしい
仁が、初子のところへ手土産にパパイヤとマンゴーを持ってきましたが、ちょうど1984年の夏、カネボウのCMで中原めいこさんの君たちキウイ・パパイア・マンゴーが流れていましたっけ。

カネボウ ライトファンデーション CM

今は、キウイなど珍しくもないですが、当時は、出始めたころだったと記憶。

もちろんパパイヤ、マンゴーなど、とても高価だったと思います。

仁は、お花ではなく、トロピカルフルーツを選ぶなんて、当時としては、おしゃれだったんじゃないかな。

以前は、仁と初子の距離があったと思いますが、初子が独立してから、距離が縮まった感じで、おしんが間にいない方が、信頼関係が結べたりして。

山菜料理
仁のことで浩太に詫びると言ったおしんですが、浩太は、苦労なく育った孫を思うと、どん底になって、人生考える時がないと、ほんとの幸せなんかわかりゃしないとは、さんざん砂を噛む思いをしてきた浩太だから言えるのでしょうが重いです。

そんな重さを吹き飛ばすように、料理のうまい婆さんが、山菜料理を作ってくれるとは、トロピカルフルーツの手土産より、はるかに贅沢に聞こえます。

おしんは、浩太の誘いをやんわり断り、意味ありげに「どうぞお元気で」など、もう一生会わないのかと思わせるなんて、あしらいがうまいな。

おしんの作戦が当たったのか、浩太が公衆電話を使って、電話してきた!

スマホなんてない時代、松田聖子と田原俊彦のグリコのテレフォンボックスのCMはおしゃれで良かったけれど、黄色い公衆電話をかける浩太は、シュールというかコントっぽい。

松田聖子 田原俊彦 グリコ CM 1980年

圭ちゃんの声掛けに、ウザそうにはねのけるおしんに、色ボケを感じた。

<<前回286話 TOP 次回288話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました