淡路島3年とらふぐのまつりの開催はいつ場所は?日帰りツアーバスも

淡路島3年とらふぐのまつりの開催はいつ場所は?日帰りツアーバスも 生活

スポンサドーリンク





 

淡路島というと玉ねぎが有名ですが、鱧やさわら、ウニなど美味しいものが1年中、たくさんあります。

そんな中でも冬の高級な味覚として知られる「ふぐ」ですが、「淡路島3年とらふぐ」が人気で、テレビでも取り上げられています。

たまのぜいたくをするなら、美味しいものがいいですけれど、3年ものなんて言われると、どれだけ美味しいのか気になります。

スポンサドーリンク

淡路島3年とらふぐとは?

淡路島で養殖されている「淡路島3年とらふぐ」は、他と違い、全国の養殖場の中でも、1番水温が低く、日本一潮の流れが速い鳴門海峡の近くで養殖されるので、身がしまり、味が濃厚です。

また、通常は2年で出荷をするのですが、3年間じっくり丁寧に育てられているので、白子が大きいのが特徴なのも、人気の秘密です。

1年目、冬の間は活性が低いことから、えさは1日1回、仲間を傷つけないように定期的に歯を切ります。

2年目、消毒液を入れた水で寄生虫を落とします。

3年目、オキアミやイカナゴをえさとして、甘みを出します。

「淡路島3年とらふぐ」の大きさは、2年物の約1.5倍を超える1.2~1.8kgになります。

これほど手間をかけられているのに、天然物の半分の値段で、質も天然ものを超えたのではと言われています。

「淡路島3年とらふぐ」は、11月から3月の間、この美味しさを楽しめますが、一番のお薦めの旬は、12月から2月です。

この時期のふぐは脂の乗り具合が最高ですが、そこまでこだわらなくても十分美味しさを堪能できます。

ふぐは、夏にも食べられますが、鍋料理ではなく焼き料理やぶつ切り、揚げ物などが楽しめます。

お肉などは、肉の柔らかさを重視して、子牛などがもてはやされますが、ふぐは1年間余分に育てることで、飼料などのコストがかかり、その間に死んでしまうリスクもありますが、時間をかけて育てることで、格別のふぐに成長します。

その美味しさは、全国のふぐの生産者の舌をうならせる美味しさなんです。

天然物と大きな差別化ができる点に、養殖ならではのこころみとして、エサのこだわりがあります。

淡路島周辺で獲れるオキアミやイカナゴをえさにすることで、甘みを増し味わいを深くさせるだけでなく、品質の高い魚粉を使うことで、美容と健康のためのビタミンCとビタミンEを強化させるのです。

人間が食べる時の美味しさや栄養だけでなく、ふぐの状況を見て、暑い夏場には、滋養強壮のためににんにくやタウリンを与えたり、肝臓のケアのためにうこんも加えることで、死亡のリスクを減らしています。

より品質の高いものをと考えられ至れり尽くせりで育ったのが「淡路島3年とらふぐ」です。

淡路島3年とらふぐのまつりの開催はいつ場所は?

この福良漁港で養殖された淡路島3年とらふぐのまつりは、11月の第4日曜日に、うずしお朝市で開催されます。

場所は、福良漁業協同組合

〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良丙28

TEL:0799-52-0064

朝の9時から11時まで開催されますが、小学生以下の子供を対象にした、ふぐの歯切体験ができます。

淡路島3年とらふぐ日帰りツアーバスも

どうせなら直接、淡路島へ行って食べてみたいです。

1万円から、お手軽に「淡路島3年とらふぐ」を楽しめる日帰りツアーがあります。

ただ残念なことに、毎日ツアーが開催されていないので、友人同士で行く場合は、あらかじめ日程を確認しておく必要があります。

淡路島3年とらふぐまつりアクセス交通手段

淡路島3年とらふぐまつりの会場になる福良漁業協同組合へは、自動車または高速バスでの手段になります。

自動車での行き方

自動車の場合、神戸からでも徳島方面からでも、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下り、福良漁業組合前に近い道の駅福良を目指すとわかりやすいです。

西淡三原インターチェンジから道の駅福良までは、だいたい15分で着き、駅の左手に道を進んで橋を渡ると漁業協同組合前に到着します。

高速バスでの行き方

高速バスは、JR三宮駅とJR舞子駅の最寄にある高速バス乗り場から淡路島行きのバスが運行しています。

バス会社は淡路交通バスと神姫バスの2つありますが、料金などさほど変わりません。

料金はおおよそ片道2000円前後

神姫バスの詳しい時刻表と料金はコチラをご覧ください。

バスターミナルから、道の駅福良まで徒歩で約3分、さらに徒歩で15分

淡路交通バスの時刻表料金表

淡路島3年とらふぐお取り寄せ通販情報

これまで数々のテレビ番組で紹介された「淡路島3年とらふぐ」は、楽天市場の「淡路島3年とらふぐ若男水産」でお取り寄せして味を楽しめます。

 

まとめ

とびっきりのぜいたくを楽しむのに、「淡路島3年とらふぐ」なんて自慢です。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました