おしん百合役の丘山未央の現在や年齢は?結婚プロフィールをwiki風!

田中好子おしん初子(はっちゃん役)は何歳?夫や子供?お墓は多磨霊園 おしん

スポンサドーリンク





 

ドラマ「おしん」の主人公の次男の仁(ひとし)は、親の気持ち子知らずじゃありませんが、長男の雄とは違って竜三に似たのか、男気はあるけれど、どこか危なっかしいです。

田倉家に住み込みの百合ちゃんと何やら深い関係になっているようですが、健気に明るく働く百合ちゃんは、おしんのお気に入りです。

そんな百合ちゃんを演じる丘山未央さん(第238話~第256話)について、まとめました。

おしん百合役の丘山未央の現在や年齢は?結婚プロフィールをwiki風!

丘山未央 (オカヤマミオ)

大学を卒業後、劇団民藝に入り朝ドラでデビューとのことなので、もしかすると1983年「おしん」の放送の前年1982年に、同じく朝ドラの手塚理美さんが主役を演じる「ハイカラさん」に主人公の友人「山川捨絵役」として出演しているのがデビューなのかもしれません。

上記のことを踏まえると、60歳くらいかと思われます。

こちらの動画に、チラッと丘山未央 (オカヤマミオ)さんが出てくるのが見られます。

連続テレビ小説 ハイカラさん
明治時代、海外留学生としてアメリカの空気に触れて帰国したハイカラ娘、文(手塚理美)。新しい時代にふさ・・・

※姓は「キヤマ」かもしれません。

ちなみに、この「ハイカラさん」には、「おしん」に出てくる「加賀屋」と同じ名前の「加賀屋」が出てきますが、そこの主人の妻役を「おしん」の佐賀の姑役を演じた、高森和子さんが演じています!

1985年、報道カメラマンの一ノ瀬泰造の『地雷を踏んだらサヨナラ』をもとにした、岡本早生さんが主演を演じる映画「泰造」に出演。

映画チラシ 「泰造」監督 渡辺範雄 出演 岡本早生、小林桂樹、中原ひとみ

こちらの作品は、ビデオ化にもされていないようです。

1985年劇団民藝「アンネの日記」で主役を演じます。

1985年ラジオドラマ「隅田川暮色」出演

現在は、女優業は廃業して弁護士をしているらしいです。

まとめ

ドラマ「おしん」で、おしんは、働きものの百合ちゃんをかわいがり、いつか良いところへ嫁ぐ日までは、うちで面倒を見てと、夢に描いていましたが、思わぬ展開になりそうです。

おしんが好きな子は、明るく良く気が利いて働く子です。

そういう子が一人でもいると、おしんは機嫌が良いのですが、おしの人生どうなることやら。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました