池森賢二(ファンケル)wiki風で出身学校!息子は画家!サプリメント秘密

池森賢二(ファンケル)wiki風で出身学校!息子は画家!サプリメント秘密 生活

スポンサドーリンク





 

ファンケルというと、無添加化粧品という画期的な化粧品を世に出してヒットした会社です。ファンケルのサプリメントも人気の商品となり、発売からずっと池森氏は自社のサプリメントを飲んでいます。

その創業者の池森賢二氏が「カンブリア宮殿」(2019年12月18日放送)に出演します。

池森賢二氏の経歴や息子、家族などについてまとめました。

池森賢二(ファンケル)wiki風で出身学校や経歴は?

東京都墨田区立曳舟中学校卒業後、定時制高校に進学、産能短期大学へ進学しますが中退。

三重県宇治山田市(現・伊勢市)出身

5人兄弟の次男で、父は東洋紡の技術者。

1937年(昭和12年)生まれ

戦時中、新潟県に疎開し、その後、母のいる東京へ上京します。

父が亡くなり、食べることに苦労しないためにと中学校を卒業すると、パン屋さんに就職します。

住み込みで働きながら定時制高校へ通います。

1957年、パン屋に入社して6年目にして、パン屋で一生を終わるのはいやだからと辞めます。

無職になり、横浜の喫茶店で歌を歌う仕事をもらっていたこともあり、NHKで活躍するバンドのボーカルを務めていたこともありました。

そんな時に、3つ下の奥さんとなる宮島明子さんと知り合います。

奥さんの家は神奈川・小田原の名士で、しかも実父は劇作家、演出家として有名な北条秀司氏でした。

1960年、23歳の時、結婚し奥さんの実家のつてで、小田原瓦斯株式会社に入社します。

1973年、36歳の時、小田原市の建築課長に「サラリーマンに向いてない」と言われたことを思い出し、会社を辞める決意をし退職します。

日用品を開発する会社を共同出資者とはじめますが3年も持ちませんでした。

1980年、43歳の時、無添加化粧品事業を個人で創業します。

1981年、株式会社ファンケルを設立し、代表取締役社長に就任します。

1998年、51歳の時、株式を店頭公開し、1999年に東証1部上場。

2005年、68歳の時、名誉会長となり、経営の第一線から退きます。

2013年6月、同社の経営を立て直すため、代表取締役会長執行役員に就任。不採算事業の撤退や組織再編、社内大学の設立など、潔い改革を進めています。

現在は一般社団法人日本発芽玄米協会会長なども務めています。

池森賢二(ファンケル)兄はクリーニング店経営!

池森氏がファンケルの創業するきっかけとなったのは、日用品の会社が倒産して、借金を返済するために、池森氏の兄池森進氏が経営するクリーニング店「トーアクリート」の手伝いをしていた時でした。

団地の集配達の仕事でお客さんの家を訪ねると、その家の主婦が化粧品の肌荒れがひどいと相談を受けたことからです。

池森氏の妻もその主婦と同じ肌荒れに悩んでいました。

実は、1970年代後半ごろ、化粧品による肌荒れトラブルが全国各地であり、その報道に着目した池森氏は、大手化粧品メーカーの経営者からの意見を聞いて、化粧品公害の原因が防腐剤や殺菌剤であることを知ります。

そこで、池森氏は、知人の化粧品技術者と共同で防腐剤や殺菌剤、香料などを使わない無添加化粧品の製造に着手し始めます。

当初は訪問販売形式でしたが、なかなか反応が出ませんでした。

池森氏は、無添加化粧品を多くの人たちに知らせるために、自作のチラシ800枚を作り近くのアパートや団地に一軒ずつ配ります。

すると、電話での問い合わせが殺到し、自分の考えが間違っていなかったと確信し、ファンケルの設立となります。

池森賢二(ファンケル)息子は画家!

池森氏の息子さんは画家とのことですが、宮島永太良というペンネームで活躍をしています。

世襲させず、子どもの才能を伸ばす応援をしているのだそうです。

夫人および長男の姓が宮島姓なのは「経営に失敗して借金を背負った際、債務が家族に及ばないようにするため」だとか。

マルタの冒険―森の中のリュウジン池―(DVD付)

池森賢二(ファンケル)サプリメント秘密

池森氏は、朝晩に「池森賢二用」のサプリメントを飲んでいます。

これは、東京の銀座にある「健康院クリニック」という池森氏による予防医療を提供する施設で、血液検査などを調べてもらい、処方されたものになります。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました