はね駒朝ドラモデル磯村春子の画像や夫は?広岡浅子と津田梅子関係?

はね駒朝ドラモデル磯村春子の画像や夫は?広岡浅子と津田梅子関係? はね駒

スポンサドーリンク





 

斉藤由貴さんが主演を演じたNHKの朝の連続テレビ小説「はね駒」は、1986年の4月から放送されました。

「はね駒」の主人公「橘りん」のモデルである磯村春子は、明治生まれで、新聞社で女性記者として草分け的な存在、また日本人女性で初めて飛行船に乗った人でもあります。

磯村春子の夫や広岡浅子と津田梅子の関係などをまとめました。

はね駒朝ドラモデル磯村春子の画像や夫は?

磯村春子の画像はコチラ

夫は、貿易会社を経営していた磯村源透です。

はね駒朝ドラモデル磯村春子の経歴やプロフィール

磯村 春子(いそむら はるこ)

生年月日:1877年(明治10年)3月16日~1918年(大正7年)1月31日

出身地:福島県相馬郡中村町(現・相馬市)

小泉伊助とカツの長女として生まれ、小学生のころから教会へ通います。

宮城女学校(現・学校法人宮城学院)に入学。

母校は1886年 (明治19年) に創立されたばかりのキリスト教系の学校になります。

日本のキリスト教者の押川方義牧師らがアメリカの改革派教会宣教師ウィリアム・E・ホーイと開いた学校です。

初代校長のエリザベス・R・プールボー宣教師 (Elizabeth R. Poorbaugh) が開学の年に就任して女子教育を始めます。

春子も英語を中心に学んで卒業すると、約3年間、同校で教えることになります。

結婚すると同時に上京し、日本女子大学校(現・日本女子大学)や、女子英学塾(現・津田塾大学)に通ったともいわれています。

1903年(明治36年)、長男で、のにち国際東アジア研究センター名誉所長や東洋大学学長などを務める磯村英一を出産

1905年(明治38年)、28歳で報知社(現・報知新聞社)に入社しますが、当時新聞記者は「新聞屋」などと呼ばれ、あまり高い職業とは思われていませんでした。

春子は、自分の仕事や女性であることに自信と誇りを持ち、海外の要人ともペラペラの英語で取材をします。

1910年9月8日、33歳、子供を育てながら仕事をしていましたが、山田猪三郎の開発した初の国産飛行船(山田式1号飛行船)の浮揚実験に記者として同乗することになり、日本の女性記者の航空取材のさきがけとなります。

後に、やまと新聞に移籍し、日本近代小説の英訳を志したとされますが、刊行はされていません。

1918年(大正7年)、41歳で病のため死去。生涯で8人の子をもうけます。

長男は、国際東アジア研究センター名誉所長や東洋大学学長などを務めた磯村英一(1903~1997)

著者に「最新家庭のあみもの」(実業之日本社、1912年)、「今の女」(文明堂、1913年)

今の女―資料・明治女性誌

はね駒朝ドラモデル磯村春子と広岡浅子と津田梅子関係?

磯村春子は、日本女子大学校が設立されたころ聴講生だったらしいですが、津田梅子に師事し、東京女子大学英文科にも在籍していたそうです。

日本女子大学校と言うと、

2000年の朝ドラ「オードリー」のモデルは作者の大石静さんで日本女子大学文学部国文科卒業。

2015年に放送された「あさが来た」のモデルとされる広岡浅子は、日本初の女子大として1901年(明治34年)に日本女子大学校を設立にしています。

2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」のモデルとされている大橋鎭子も中退ですが日本女子大学。

「おしん」の橋田壽賀子さんも日本女子大学文学部国文学科卒業

それとネットで「広岡浅子 津田梅子」と出てくるのですが、津田梅子が生涯独身だったことなどから広岡浅子の夫の広岡信五郎の妾と憶測が飛んだらしいです。

広岡浅子は1849年10月18日生まれ、津田梅子は1864年12月31日生まれなので、津田梅子が若かったことから、余計怪しまれたのかもしれませんが、ただの憶測だったようです。

ただ、広岡浅子さんも津田梅子さんもクリスチャンで、広岡浅子さんが日本女子大学校を設立するにあたり前年1900年(明治33)に女子英学塾を設立した津田梅子さんが協力したそうです。

女子高等教育の方針について意見を交換し合う「毎月会」には、津田梅子と広岡浅子が同席したのではと言われています。

津田梅子が出てくる朝ドラは、1982年に放送された「ハイカラさん」になりますが、主人公としてではありません。

イッツ ア スモール ワールド!

磯村春子が執筆している古書が時々市場で扱われていますが、お値段が!

明治44年12月号 第4巻第14号 

まとめ

ちなみに朝ドラの実在モデルのうち、約1/3はキリスト教に関係すると言われています。

日本のクリスチャンの人口は約1%ほどです。

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました