はね駒 あらすじ 4話ネタバレ朝ドラ / おたまちゃん糸繰工場へ キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 10話ネタバレ朝ドラ / 小野寺源造に子供!りん キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年3月26日(木) 

はね駒 あらすじ ネタバレ

りん(斉藤由貴)のいいなずけで越後屋の長男の新之助(益岡徹)が、祖父の勘兵衛(花沢徳衛)とともにあいさつにやってきました。

越後屋は造り酒屋と質屋を営む、この近郷の随一の分限者で、この辺りで酒と言えば、越後屋の馬上杯と言われているほど繁盛しています。

来年の春、新之助の父親の七回忌の法事で、親族にお披露目したいというのだ。

新之助が、まだ12歳のころ父が亡くなっています。

りんの父の弘次郎(小林稔侍)も、母のやえ(樹木希林)も15歳での結婚は早すぎると心配します。

妹のみつも、りんが嫁に行くのをいやがり、りんは、やえに嫁に行くのはいやだと抵抗します。

勘兵衛は、りんが良い娘になってと喜んでいます。

徳右衛門は、弘次郎に越後屋にりんを嫁にやると決めたのは、いつだと聞きます。

新之助の亡くなった父親が、弘次郎と同じ年で、りんが5歳の時のことでした。

りんは結婚話に気が進まず、友人たちに相談しますが…。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回3話 TOP 次回5話>>

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、小林稔侍、柳沢慎吾、大方斐紗子、益岡徹、山内明、花沢徳衛、丹阿弥谷津子、沢田研二

感想

結婚の話におびえるりん

りんの知らないところで、勝手にいいなづけを決められ、それだけでも嫌だと思いますが、いよいよ結婚の話が現実になりそうです。

あんないやったらしい新之助と一緒にされるなんて、りんは、必死にやえに抵抗しますが、無理もありません。

新之助の祖父の勘兵衛は、14歳のりんの気持ちなど、まったく考えず、犬の子でももらうような感覚なのかもしれませんね。

徳右衛門は、15歳ではまだ早いと反対しますが、祖母のことは、自分は15歳で嫁いできたと言いますが、まだ遊びたい盛りに、今の感覚では、ピンと来ません。

当時は、簡単に離婚などできなかったでしょうから、相当の覚悟が必要だったと思いますが、14歳や15歳で、それをしないといけないのです。

もっとも、そのころの寿命は短かったので、今よりも生きる覚悟が、違っていたのでしょうね。

徳右衛門に、りんの結婚話しはともかく、嘉助のことを聞かれると、弘次郎は、黙って酒を飲みますが、弘次郎は人生のすべてに満足がいかず、お酒に逃げているのかな。

良いお酒では、なさそうです。

おたまちゃん糸繰工場へ

りんの同級生たちは、学校を出たら、それぞれ嫁に行くとか、女学校へ行くと、それくらいしか選択肢がなかったのだと思います。

そんな中、おたまちゃんは、お父さんの病の薬代のために、糸繰工場へ行くと言います。

出ました、糸繰工場パワーワード!

糸繰工場と聞いて、「おしん」のはる姉ちゃんを思い出してしまい、明るい未来が想像できません。

何も知らないおたまちゃんは、「女子は黙って働くしかない。べっここやうまっこより女子は役立たずだから」と聞いたりんは、「べっここやうまっこより女子の方が大事なのか」と反論します。

男尊女卑だったからこそ、おたまちゃんのような考えになってしまったのかもしれません。

ちょうちん祭で出会った人に言われた「男も女も、人間としては同じです」この言葉が、強烈な体験としてあったりんは、たまちゃんの考えを強く否定します。

りんには、衝撃的な話だったのでしょうが、おたまちゃんには、その言葉が通じないようです。

神社にお参りしたそばから

たまちゃんとりんは、神社にお参りに行きますが、それはおたまちゃんのお父さんの病気が良くなるようにと、もう一つは、りんの結婚話がなくなるようにお願いしたのだと思います。

するとお参りしたそばから、新之助が現れ、びっくり!

おたまちゃんは気を利かせて、一人帰ってしまうじゃないですか!!

キャー悪夢を見ているようです。

しかも「何も恥ずかしがることないよ。俺たちはもう夫婦も同じなんだから」

いやー言われたくないよー

りんは、大きく息を吸い込んで逃げるところに、必死な加減が良く分かります。

突然嘉助が現れ驚くりん

慌てて家に帰って、井戸水を飲んでいると、兄の嘉助が、りんを呼びますが、いかにも遊び人ぽくて恥ずかしい人です。

嘉助は、徳右衛門から遊郭が出来たと聞いて、何もしないのは男が廃ると、店に行くと、嘉助と同じ小学校にいた、西山のお清がいたと話します。

そのお清は、嘉助の顔を見て泣くので、見捨てるわけにいかないと女郎のところにいて、一緒に来ようとしたが、失敗して、自分だけ命からがら逃げてきて、いつ追っての怖いお兄さんが、嘉助を探してやってくるというのです。

へたに情けをかけると、痛い目に合うんですよね。

あーあ

<<前回3話 TOP 次回5話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました