はね駒 あらすじ 40話ネタバレ朝ドラ / 白川由美二谷友里恵母娘 キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 60話ネタバレ朝ドラ / おみっちゃん大八車で! キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年5月7日(木)

はね駒キャスト

斉藤由貴、渡辺謙、ガッツ石松、美保純、高橋ひとみ、二谷友里恵、中村美代子、辻伊万里、吉宮君子、菅原あき、吉岡祐一、白川由美、沢田研二

<<前回39話 TOP 次回41話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

9月、りん(斉藤由貴)は、夏休みの間泊めてもらった叔父・彌七(ガッツ石松)と小野寺源造(渡辺謙)にお礼を言います。

おかげで実家に帰らずしっかり勉強できました。

新学期の始業式を明日にひかえ、故郷に帰っていた寄宿生たちが戻ってきます。

水野節子は、ばあやと許嫁の篠原少尉に別れのあいさつをしていると、高木みどりが現れます。

そこへりんが寄宿舎に戻って来て、みんなと久々に再会します。

りんが掃除をしていると、松浪先生が現れ、あらためてお礼を言います。

一方、上級生の二宮しづ(高橋ひとみ)と里見なつが、いつにない固い表情で話をしていることに、りんは気づきます。

二人は、東北女学校の教育方針に不満を抱えていたのです。

前置きレビュー

夏休みが終わり、お嬢さまの水野節子は、篠原少尉とばあやに送られますが、そんな様子を、高木みどりにからかわれます。

特定の人がいて、しかも折り目正しい軍人さんの振る舞いに、松浪先生に夢中だった高木みどりには、新鮮にうつったのかもしれません。

そこへおりんちゃんが、戻って来ますが、おりんちゃんは、なんの構えもなく、松浪先生の家で特訓を受けたことを打ち明けると、さすがの高木みどりはショックを受けてしまいます。

高木みどりは、松浪先生の授業は熱心に聞いて、他の授業をおろそかにしてしまい落第しましたが、どうせなら、松浪先生の授業をおろそかにして個人レッスンを受けた方が良かったかもしれませんね。

それにしても白川由美さん、厳しい舎監の役とは言え、おキレイですが、一つの画面で実の娘の二谷友里恵さんと共演とは絵になります。

感想

熱い源造
彌七のところで泊って勉強をしたおかげで、松浪先生からなんとか合格のお許しが出ました。

彌七は、おりんちゃんが手伝いに来たら、手伝い賃をはずむと言うと、おりんちゃんは、給費だけでは足りないので助かると言います。

そんなおりんちゃんに、源造は、何も給費生だからといって、学校で小さくなる必要などないと励まします。

おりんちゃんは「小さくなどなっていない。給費だからと言って恥ずかしいわけでもない」と、さすがやえさんの娘なだけあり、堂々としています。

すると源造、「もしそのことで、ヘンなことを言うヤツがいたら、ぶん殴ってやる!」

熱いですねーーー

かわいくて、しょうがないのかも。

洗練されたおりんちゃん

高木みどりが、水野節子に許嫁のことでからかっていると、おりんちゃんが「Hi!How do you been!」とやってきます。

プリティウーマンのようにルックスは変わっていないけれど、松浪先生のおかげで、ずいぶんと、洗練されましたねーーー

高木みどりは、おりんちゃんの英語に関心すると、水野節子は「きっと叔父様の教え方がお上手だったのね」
なんて素敵な会話なの。

すると浜田くにが「松浪先生に教えてもらったんです」と、暴露しちゃいます。

松浪先生に教わったと聞いた高木みどりは「まぁいいのかしら?毎日一緒に勉強だなんて不道徳だわ!」

青ざめちゃいました。

高木みどりの口から「不道徳」という言葉が出て、なんだか笑っちゃいます。

クールな松浪先生
おりんちゃんが、掃除をしていると、松浪先生が通りますが、何も特別なことをしたわけではないとでも言っているかのように、クールに「ごくろうさん」と声をかけます。

おりんちゃんにとって、松浪先生から受けた特訓は、宝物です。

いいなーこんな宝物!!!

おりんちゃんは、英語も聖書も、みんなについていけるとお礼を言うと、松浪先生「しっかりやりたまえ」

きゃー

黒い梅沢先生
上級生の二宮しづと里見なつが、校長先生のご命令で、国語か漢文が削られて、スペリングの時間が増えると言うのです。

里見なつの話しでは、梅沢先生に松浪先生に伝えてくれなかったのかと疑問を感じます。

二宮しづは、里見なつの意見が松浪先生の耳に入っていら、替えられるはずがないと見ています。

うーーん、梅沢先生、黒かった!!!

松浪先生にはしなって、生徒の意見には耳を貸さないとは、欲望しかないなんて、わかりやすいキャラです。

建白書

二宮しづは、里見なつと同じ思いだと、二人はひそかに建白書を書きますが、英文で書いているなんて、すごい!

ペンは武器になると言うけれど、ものすごい勇気と覚悟で、校長に建白書を差し出したのでしょうね。

<<前回39話 TOP 次回41話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました