はね駒 あらすじ 45話ネタバレ朝ドラ / 松浪小料理屋で噂される キャスト再放送感想

はね駒 勘太郎役佐藤B作の現在?(おみつの旦那)あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年5月13日(水)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、矢崎滋、山谷初男、永島暎子、ガッツ石松、沢田研二

<<前44回話 TOP 次回46話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

やえを歓迎するため、叔父の彌七(ガッツ石松)や小野寺源造(渡辺謙)の行きつけのきわ(永島暎子)の小料理屋で、夕食をとることになります。

しかし、客が「ボイコット事件で女学生をそそのかしたのは松浪毅(沢田研二)だ」と誤解してうわさするのを聞き、りんと源造は激怒します。

久しぶりにやえの顔を見たりんは、長い間一人で我慢してきた心の支えがはずれてしまった思いで、布団に横たわりながら、夏の間の特訓のことや、二宮しづと里見なつたちの騒動などを話します。

「わたしは、おしづさんやおなつさんのように、はっきりしたことを言えない。自分が情けない。つらかったよ」やえは「それが、わかっただけでも給費生になってよかった。はっきりした人がいるのも偉いけれど、そうしたくてもできない人もいる。じっと我慢して生きていく人だって偉いんだよ。一生懸命生きている人は、みんな偉いんだよ」

前置きレビュー

噂に
二宮しづと里見なつたちのボイコット騒動が、町の噂になってしまいました。

そうでなくても松浪先生は、目立つでしょうし、何と言ってもヤソなので、いろいろ噂されてもおかしくありません。

それが、とうとうやらかしたとばかりに、噂にされてしまったようです。

ただですらヤソと言われているだろうに、悪評が立ってしまっては、松浪先生、受難です。

風当りが強いなー

報われないように思えるけれど、信仰があると堪えられるのかな。

やえさん仙台

やえさんにとって、初めての仙台ですが、何と言っても松浪先生の特訓のおかげで磨かれて成長した、おりんちゃんの姿が見られます。

久しぶりに会う、おりんちゃんの姿に誇らしいと思うでしょうね。

おまけ

TOKIO

【HD】TOKIO

1980年1月1日販売。

感想

せっかくの食事が

仙台に来たやえのために、きわさんの小料理屋で食事をすることになりました。

源造が、お酒をこぼして、おりんちゃん、拭いてやりますが、なんだか夫婦みたいです。

彌七もやえも、口には出さないけれど、なんとなく予感したんじゃないかな。

おりんちゃんが、店の女の子と勘違いされますが、相手は酔っ払い客なので、源造は、おりんちゃんを守ります。

酔っ払いの客に、きわが知り合いの東北女学校の女学生さんだと話をすると、客たちは”ヤソの女学校”で、騒ぎがあったと噂話が始まります。

”悪い先生がいて、騒ぎをおこした”

そういう変な噂話、されてしまうのでしょうね。

”松浪”と聞いて、おりんちゃん、黙っていられません!

源造は、興奮するおりんちゃんを止め「誰が、そんなでたらめなことを言っているんだ!男っていうのは、人から変な目で見られようと、損な立場になろうと、やらなきゃいけないことを黙ってやるっていうのが男ってもんだ!」

きゃー源造、カッコいい!!!

おりんちゃんを守るために、そこまで言ってくれたんですね!

源造の後から、おりんちゃんも「私だって絶対許さないから!!」

せっかくの食事なのに、空気が一変しちゃいました。

困惑する松浪先生

鶴次が松浪先生の旅支度をして、松浪先生は、鶴次のためにお茶を入れています。

全国のミッションスクールの関係者が集まって、貧困児童の施設作りのための資金集めをすることになったと言います。

「例のボイコット事件は、決着がついてから話をするつもり。

3人は、最も新しい女子教育を理想的に実践している東京の明和女学校へ希望を叶えたい。

ただ彼女たちを追放した人間として、それを頼むのは甚だ矛盾した話なので、つらい交渉になる」

若い3人のために尽力を尽くそうとする松浪先生、頼もしいです。

そんな松浪先生を鶴次は、誇りに思っているのでしょうね。

二人で伝道をしていたころのこと思い出し、歌を歌い出しますが、そこへ梅沢先生が!

おりんちゃんがいなくなったと思ったら、今度は、鶴次ですが、もしかすると梅沢先生には、鶴次の存在の方が、恐怖だったりして。

ばあやさんがいないから、旅支度が大変だろうから来たと言って、松浪先生のために編んだチョッキを持参!

カバンに入れると言い出すと、鶴次は「もう入れましたから」

梅沢先生「何詰めたんですか?ちょっと拝見」引きません!

鶴次、ちょっとムッとすると梅沢先生「旅慣れない人は、なんでも詰めすぎますからね」

鶴次、梅沢先生に「私と松浪先生は、旅から旅へ旅のオーソリティを自認しております」

梅沢先生、落ち着いて「昔の旅とは違いますから」

あ~言えば、こういう。

鶴次「昔の旅って、おカゴに揺られてエッさかホイとは違いますから」

おかしい

鶴次「松浪先生の旅支度は、私が承知していますから」と、梅沢先生を止めようとしますがやめません!

鶴次「猿股をそんな握りしめないでください」

おかしぃ~

梅沢先生に下着触られたくないよねーーー

ジュリー顔が固まっている!

眠れないおりんちゃん
おりんちゃんは、みんなのボイコット騒動や、松浪先生の東京行き、そこへやえが上京するなど、興奮して眠れないのかもしれません。

やえに、思いの丈をぶつけますが、やえさん眠っている?

と思っていると、ちゃんとおりんちゃんの気持ちをくんで「一生懸命生きている人は、みんな偉いんだよ」

人には、背負ったものや考えが違うので、人それぞれです。

これで、おりんちゃん安心して眠れたかな?

<<前44回話 TOP 次回46話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました