はね駒 あらすじ 73話ネタバレ朝ドラ / 新之助からおみつ肺病噂 キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 124話ネタバレ朝ドラ / おりん殺人事件の現場に キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年6月15日(月)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、柳沢慎吾、佐藤B作、小野ゆかり、益岡徹、入江麻友子、丹阿弥谷津子、ガッツ石松、山内明

<<前回72話 TOP 次回74話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

おりんちゃんが、離れ離れになったやや子におみっちゃんを会わせたことで、おみっちゃんは、やっと病気から回復してきました。

そこへ嘉助が、ひょっこりと帰ってきますが、やせ細ったおみっちゃんの姿に驚きます。

嘉助は陽気に振る舞い、おみっちゃんに笑顔が戻ります。

嘉助は、手作りのアイスクリームを作ってあげました。

そんな中、やえさんは、新之助(益岡徹)から、おみっちゃんが肺病だといううわさが流れていると聞きます。

やえさんは、否定しますが釈然としません。

一方、小野寺源造(渡辺謙)と彌七(ガッツ石松)が、仙台の店をたたみ、東京で商売を始めるあいさつに橘家を訪れます。

前置きレビュー

嘉助帰ってくる
嘉助が、久しぶりに橘家に帰ってきましたが、おみっちゃんの祝言以来だと思います。

可愛らしい花嫁姿を見て、安心したでしょうに、1年ぶりに会うおみっちゃんの姿に、嘉助は驚きます。

戦争が終わり、嘉助は戦争錦絵の商売は、やっていないと思われますが、また洋食屋さんで働いていそうです。

嘉助は、滋養のある牛の乳で作ったアイスクリームを、おみっちゃんに振る舞いますが、まめまめしくて良い人ではあるんですよね。

やえさんの作る砂糖水も良いけれど、牛の乳と卵で作ったアイスクリームの方が、おいしいです。

おみっちゃん、元気になってくれると良いです。

肺病

新之助も久しぶりの登場ですが、何やらおみっちゃんは、肺病を患っているとウワサされていると言うのです。

おりんちゃんは、おみっちゃんは脚気だと説明したのに、吉川家が、勝手にウワサを流したのでしょうか?

肺病は結核のことで、伝染病です。

50~60年前までは肺病と言われ、かつて日本人の死因トップで、国民病として恐れられており、年間10万人以上の方が亡くなっていました。

結核の治療薬が出たのは1966年、東京オリンピックの2年後のこと!

そして現在でも、結核にかかる人がいるそうです。

感想

起き上がれるようになったおみっちゃん
おりんちゃんと源造のおかげで、ややこに会えたおみっちゃん。

できたら、ややこを抱っこ出来たら良かったのに、起き上がれる元気がなかったので、仕方がなかったのかな?

ともかく、おりんちゃんに髪を整えてもらえるくらい、気力がわいて良かった。

ウワサされる

久しぶりに新之助が登場しますが、華麗なジャンプで、やえさんの水まきを回避!

相変わらず腰が低い人ですが、おみっちゃんが肺病になっていると聞いて心配したと話しますが、いつの間にかそんなウワサがあるなんて、やえさんは驚きます。

嫁に行ったものの、実家に一人帰って来たとあっては、悪い病になってしまったと言われてしまうのかもしれません。

新之助の娘が姿を見せますが、すぐに新之助の嫁が、サッと娘を抱いて立ち去ろうとすると、新之助が大丈夫だからと言っても「ごめんなんしょ、ご無礼いたします」と帰ってしまいます。

それだけ肺病は、恐れられていたのでしょうが、夫の言うことに耳を貸さず失礼な人です。

嘉助が!

年中お祭男な嘉助が、おみっちゃんのために帰ってきました!

おみっちゃんの旦那は、当てになりませんが、嘉助が帰って来てくれたなんてちょっと驚きです。

遠く離れていても、年の離れた妹は、かわいいのですね。

「ややこと一緒にピーピー泣いているんじゃねーか」というと、おみっちゃん笑顔になった!

やえさん勘づく

彌七と一緒に源造が、仙台の店をたたんで、東京へ行くとあいさつをします。

やえさんは、おりんちゃんと源造の仲に勘づきましたが、東京へ行ったらキレイな女子がいるので大丈夫かと心配しますけれど、やえさんらしくないな。

田舎のお母さんは、東京となると心配なのかな?

アイスクリン
嘉助は一人で、何やら作っていますが、それはアイスクリンでした!

今は珍しくとも何ともなんともありませんが、ばあさまが「これが文明開化の」と驚きます。

手作りでアイスクリームを作るのは手間ですが、嘉助のこういうまめまめしいところが良いところです。

みんな喜んで味見をしているのに、弘次郎は、なぜかやせ我慢しています。

嘉助は、おみっちゃんにアイスクリームを食べさせますが、おみっちゃん、うれしそうに食べてくれました。

冷たくて甘くて、美味しくて、元気が出てきそうですが、「ややこに食べさせたい」と、食べるのをやめてしまいます。

アイスクリームどころか、お乳をあげたいよね。

おみっちゃんは気持ちがつまって食べられなくなってしまいました。

嘉助もつらくなって涙してしまいますが、見ていて切ない。

部屋の口で、源造が真剣なまなざしを送っていますが、ただ見守ることしかできず、誰しもおみっちゃんを気の毒に思っています。

源造の誓い
源造は、みんな懸命に生きているから、自分も負けない。今度来る時は、俺も家族の一員になるとおりんちゃんに誓います。

おりんちゃん、ふと「キレイな女の人」

出た!

と思ったものの、さすがに源造に「何?」と言われ、それ以上は言いませんでしたね!
「お仕事の成功を祈っています」

良かった!

源造の誓いは、それだけではなかった!

弘次郎に、また仏像をあずかって欲しいと頼むと、弘次郎は、おりんちゃんのとのことを察しているのか、「あずかるものはこれだけかな?」と聞きます。

源造は、「もう一つあります。もうお預けしてあります。」というと、弘次郎は、源造の言葉を楽しみにしているような表情!

「そっちの方が、今の私には大事なものですから。そちらの方、今度帰る時は、仏様と一緒にいただいてまります!」

キャーーーー

源造の目力、カッコいい!!!

おりんちゃん良かったね。

昨日見た「独眼竜政宗」と、少しダブってしまいました。

はね駒から、大きく羽ばたいた渡辺謙さん。

大河の主役ここにありといった、威厳とオーラ全開で圧倒されました!

<<前回72話 TOP 次回74話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました