はね駒 あらすじ 74話ネタバレ朝ドラ / 勘太郎橘家へ!人形土産 キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年6月16日(火)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、小林稔侍、矢崎滋、柳沢慎吾、小野ゆかり、岡村真美、丹阿弥谷津子、佐藤B作、山内明

<<前回73話 TOP 次回75話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

りん(斉藤由貴)は、おみっちゃん(小野ゆかり)に英語の歌を教えていました。

病気が治りうちに帰ったら、やや子に英語の歌を聞かせてやりたいと頼まれたからです。

そんななか、おみっちゃんの夫の吉川勘太郎(佐藤B作)が、橘家にお見舞いに訪れました。

おみっちゃんのかわいがっていた西洋人形が手土産です。

「やや子の代わりだ」と勘太郎は言い、大喜びのおみっちゃんでしたが…。

前置きレビュー

橘家でゆっくり休息をして、栄養のあるものを食べたら全快しそうですが、それでも油断はできません。

おみっちゃんは、吉川家に戻ったら、やや子に英語の歌を聞かせたいからと、おりんちゃんから英語の歌を教わりますが、やっと生きる希望が見いだせたようです。

これで体力が出て来たら、大丈夫だと思いたい。

そんな中、おみっちゃんの旦那の勘太郎が、橘家へお見舞いにやってきます。

悪い人ではないのかもしれないけれど、母親の言いなりで、今一つ冴えない感じの勘太郎です。

おみっちゃんが体調を悪くしても、源造のように機転を利かして医者を手配するなどせず、男にはわからないからと逃げ腰のように思います。

こんな男と一緒になったおみっちゃんが、ほとほと気の毒ですが、きっと何食わぬ顔で橘家にやって来てくるのでしょう。

普通は、連れてくると思うのですが、勘太郎は、やや子の代わりにと西洋人形を持ってきました。

子供だましなことをしやがって!と思いますが、おみっちゃんは、人形相手に習った英語の歌を歌います。

「おしん」のはる姉ちゃんが病に伏していた時は、平野さんが花束を持ってきてくれましたが、いったい勘太郎は、おみっちゃんのために、他に何をしたのでしょう?

勘太郎は、何もできない自分に情けなく思ったのか涙し、元気になるように励ますくらいです。

感想

英語の歌
おみっちゃんは、元気になって吉川家へ戻ったら、ややこに英語の歌を聞かせたいからと、おりんちゃんから英語の歌を教わっていますが、読みはカタカナでふってあるのか、ベタな英語で、覚えるのが大変そうです。

それでも床に伏してばかりでなく、起きられて良かった。

勘太郎現る

そこへおみっちゃんの旦那の勘太郎が、橘家にやって来ましたが、おみっちゃんの不審そうな表情。

とっくに夫への愛なんて、なさそうに思える。

勘太郎は、ややこの代わりに、おみっちゃんの西洋人形を持ってきました。

人は良さそうですが、夫婦としての情があまり通っていなさそう。

ごまかされているように思えるけれど、病み上がりのおみっちゃんには、人形だけでも満足気です。

勘太郎は、さすがに不憫に思ったのか、「ややこのことは心配するな」と抱きしめますが、どうして「家に帰ろう」とは言わないの?

歩けるようになった
おみっちゃんが、だんだん元気を取り戻し、橘家の人たちが喜んでいると、おみっちゃんが下へふらつきながらも降りてきました。

おじいちゃんの徳右衛門が、おみっちゃんが歩けるように支えてあげますが、ひ孫を抱くことを夢見て張り切っているんですね。

そんな徳右衛門の姿がおかしいです。

落ち着いた鶴次先生

おきよちゃんと親子のようになった鶴次先生。

人生、何があるかわかりませんが、素直に受けることで道は開いていくのか、鶴次先生は、前と同じようなさわやかさを取り戻して良かった。

嫁の重み

すべてが好転すると思われているところへ、吉川家から、おみっちゃんの荷物が送り返されました。

弘次郎は無言ですが、こんなバカなことがあるかと、怒りがにじみ出ています。

おりんちゃんが、あの勘太郎さんが、おみっちゃんと離縁するなんて考えられないと言うと、ばあさまがおみっちゃんと離縁するのは勘太郎ではなく、吉川家が縁を切ると説明をします。

自由恋愛での結婚ではないので、今の離婚とは意味が違うのでしょうね。

お試しかよ!

何も知らないおみっちゃんは、ややこを抱けることを夢見て、歌っているのが聞こえてくると、たまらなくなったのか弘次郎は立ち上がり「羽織を出せ!吉川の家に行ってくる」と言います。

黙って引くわけにはいかない!

弘次郎の覚悟が、重い足取りに現れています。

やえさんも「猫の子をやったのではない」と、さすがに怒りますが、もっと怒っているのが徳右衛門です!

かわいい孫を傷物にされ、ひ孫を見ることも叶わず、怒鳴り込みたいところを、じいさまの出る幕ではないので、刀を振って、橘家の怒りの代表になっている!!!

<<前回73話 TOP 次回75話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました