はね駒 あらすじ 90話ネタバレ朝ドラ / 源造建て主に夜逃げされ キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年7月4日(土)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、加藤和夫、八木昌子、江見俊太郎、杉山彩子、丹阿弥谷津子、山田昌、山内明

<<前回89話 TOP 次回91話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

建築費不払いのまま、建て主に夜逃げされてしまった家に、りん(斉藤由貴)の家族全員で住んでほしいと、小野寺源造(渡辺謙)は、橘家一堂に頭を下げます。

この家の建築は、源造が東京で初めて手がけた大きな仕事で、自分の親しい好きな人たちに住んでほしい、そして絶対すぐには売らないというのです。

私たち家族のためにありがとうと礼を言うりんに、源造は家を売らないのは“その私たち”のためではないのだと言いだします。

前置きレビュー

明治29年が暮れようとしていたころ、建築用資材を販売する店を彌七と共に経営していた源造は、下宿屋を建てました。

ところが注文主が、建築費不払いのまま夜逃げをしてしまいます。

おりんちゃんと同じように詐欺にあってしまうなんて、源造、少し調子に乗ったかなとも思いますが、どうして、こうも詐欺のようなことがあるのでしょうね。

明治維新からの自由な空気の中で、防犯カメラなどないので、やりたい放題だったのかな?

源造は、おりんちゃんの家族に、その下宿屋として建てた家に住んで欲しいと願い出ます。

ちょっと風変わりな源造の叔父一家と離れてしまうのは、少し寂しい気もしますが、お寺の離れでの居候ではないので、橘家にとっては、願ったりかなったりなのでは。

弘次郎は、おりんちゃんと源造の仲をうすうす感じていました。

何かにつけ良くしてくれる源造ですが、源造のしっかりした態度に、弘次郎は好意的だったと思われ、源造の申し出を喜んで受けます!

たいがい弘次郎のような親父は、娘の交際に反対をしそうですけれど、源造の誠実さを間近に見てきて、素直に折れたのかもしれません。

冗談を言うようになっただけでなく、人の提案を素直に受けるようになった弘次郎に、やえさんが柔軟になってくれたと喜びそうです。

一家総出で上京したのは思い切った決断ですが、喜びが一つ一つ増えて行きそうです。

ちなみにモデルとなった磯村春子さんとその母のカツさんは、関東大震災に合わずにお亡くなりになられています。

春子さんの夫の磯村源透さんが亡くなられたのは、ちょうど関東大震災の年ですが、病気によりお亡くなりになられたようです。

感想

折れた弘次郎

源造は、建て主に逃げられた家に橘家の人に住んで欲しいと、弘次郎に頭を下げると、弘次郎は「家は建てたは金は入らないはでは、大損ではないですか?」と率直に聞きます。

源造は潔く諦めて、それよりも将来のことを大切にしているのがわかりますが、弘次郎は現実的で、それなら家を売ってお金にして、次の仕事の資金にした方が良いと提案しますが、源造は、すぐには売るつもりがないときっぱりと話しますが、すごい甲斐性です。

ばあさま、また引っ越すことになるとわかってか頭が痛いと言い出します。

年を取ってからの引っ越しは、相当ストレスなのでしょうね。

弘次郎は、そこへ引っ越したら、また源造の厄介になると遠慮すると、源造は、管理をしてもらうことになるので、管理費を払わないといけないとまで言ってくれます。

若いのに器量が違います!

やえさんが「私が住まわせてもらって、それが役に立つなら、喜んで住まわせてもらいます」

もう、やえさんのこの謙虚な賢さが素晴らしい!

そして頑なな弘次郎に、今年はおみっちゃんが亡くなって大変な年で、その上、ばあさまのボケがはじまり、これ以上、負担をかけさせるわけにいかないと思ったのだと思いますが、新しい家で年を迎えられたら、気持ちが晴れ晴れするのではと説得します。

そうなんです、新しい家に引っ越せ、タダで住んで役に立つなんて、うますぎる話しではあるけれど、乗っちゃったもの勝ちです。

弘次郎は「せっかくの申し出・・・」断るのか、、、

「せっかくのご好意のゆえ、ありがたく受けやしていただきます」

良かった!

やえさんに急所を突かれて、決心がついたんですね。

私たち
源造は、おりんちゃんとの将来を考え、その「私たち」のために家は売らないと考えていたのですが、もちろん好きなおりんちゃんの家族、おりんちゃんの言う橘家の「私たち」も一緒にと、源造は本当に良い人です。

嫁の両親と一緒に住もうと考えてくれるなんて、ジジババどころか、そのまた上のジジババがいて、しかもばあさまのボケがはじまっているのに、快く一緒に住もうだなんて、これなら他からも「ウチの婿になって欲しい」と引く手あまたでしょう。

源造は「来年の春、桜の咲くころ迎えに行く」と、おりんちゃんに告げます。

キャーーーーー

おりんちゃんにとっても、詐欺にあったり襲われそうになったりと、大変な1年でした。

それを源造が一番わかってくれています。

たっぷり甘えてください!

夫婦愛

やえさんが積極的に、源造の提案してくれた家に引っ越そうと考えたのは、ばあさまのことがあったからです。

お寺の離れでは、いろいろと気兼ねしてボケが加速すると思ったのでしょう。

年寄りのストレスは、ボケにつながると思います。

若いうちは無理がきいても、年を重ねると、柔軟に対応できなくなります。

もちろんやえさんは、おりんちゃんと源造の将来のことも考えていて、それは弘次郎も承知しているはずと思っていますが、弘次郎は返事をする代わりに、やえさんに自分の湯飲みでお茶を淹れ差し出します。

弘次郎は「ばあさまやおりんのためだけでなく自分も行きたかったんだろ?」やえさんの気持ちも十分わかっていました。

いちいち、その都度、説明をしないところが元サムライの弘次郎です。

とは言え、同じサムライだったはずの徳右衛門は、いまだ若いカップルのように、ばあさまに、わざわざ無理をして着る物のことをかまわなくて良いと話すと、ばあさまは「私がかまっているからご隠居どのでいられるが、かまわんなければ、ただのむさくるしい年寄りでございます」

徳右衛門は、ボケてきたばあさまを心配していたのにと「無礼者!」と怒りますが、ばあさまは、徳右衛門に心配されていたとわかり、気持ちがホッとしたのかも。

徳右衛門は、ちょっとムッとしていますが、お茶目な感じが伝わって来ます。

山内明さんて、チャーミングな人ですね。

引っ越し
大晦日に引っ越しすることになった橘家。

大掃除どころか、引っ越しの用意で大忙しです。

おりんちゃんと源造が、引っ越しの準備を楽しそうにしていると、弘次郎は複雑な表情で見ていますが、嫁入り前の娘の父親としては、見たくないのかも。

すっかり更けてしまい、辺りは真っ暗!

おりんちゃんと源造を二人きりにさせたくないのか、弘次郎が二人の様子を見に行ってしまいます。

やな親父だな。

源造の両親

初老の夫婦と娘が、お寺にやって来て、女が「この寺に息子がいるのを訪ねてきた」と言いますが、これが源造の両親ですね!

やえさんは、源造の両親だとは思わず、「ここにはおようさんという娘さんがいる」と説明します。

そこへ源造が現れますが、10何年ぶりかの親子の再会!

源造にしてみれば、一人前になるまで、親元へは帰らないと決めていたのでしょう。

しかし親にしたら、気ままに生きているのは良いけれど、そろそろ身を固めて欲しいと考え、その話しのためにやって来たとしても不思議ではありません。

10何年も会っていないなら、そりゃ突然やって来られて驚くわな。

コテコテの名古屋弁が楽しみです!

<<前回89話 TOP 次回91話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました