はね駒あらすじネタバレ101話朝ドラ / 源造がかまってくれない キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年7月17日(金)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、矢代朝子、丹阿弥谷津子、ガッツ石松、山内明

<<前回100話 TOP 次回102話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

小野寺りん(斉藤由貴)と源造(渡辺謙)の新婚生活5日目になります。

朝、突然りんは気分が悪いと手洗いへ行くと、徳右衛門(山内明)は妊娠を疑いますが、「5日目では早すぎる」とばあさま(丹阿弥谷津子)は笑います。

りんは、源造が気遣ってくれないと気落ちし、結婚してよかったのか悩み始めます。

一方、叔父の彌七(ガッツ石松)は、源造に店を任せ、独立したいと徳右衛門たちに相談しますが、彌七が小野寺家に来たのには別の目的がありました。

前置きレビュー

新婚5日目のおりんちゃんは、朝突然気分が悪くなったとトイレに行くと、気の早い徳右衛門は、ややこが出来たのではと疑いますが、早くひ孫の顔を見たくて仕方がないのかもしれません。

ほぼ同居に近く、源造は婿養子ではありませんが、サザエさん一家のマスオさんのように、自然と溶け込んでしまったところが、源造の良いところなのでしょう。

ところが、おりんちゃんは、源造が意外と気を遣ってくれいないことに早くも悩み始めます。

源造は、釣った魚にエサはやらない人だったのか。

そんなケチな人だとは思っていませんが、源造の真意が気になるところです。

確かにマスオさんのような一面もあるので、じゃれ合うのは、気恥ずかしいのかもしれません。

だったら同居やめれば良いのでしょうけれど、源造は四男坊の寂しさのようなものもあるからなのか、そんな道理が通るのかわからないけれど、橘家の人たちが好きで、自然と暮らしたいと思っているのかもしれません。

そう言えば、通い女中をやめてから、家で仕立物をしているだけなのかな?

しばらくは、家で家事をしながら、仕立物をしているのが、おりんちゃんの日課かもしれません。

そう考えると、確かに新婚旅行にも行っていないので、もう少しかまって欲しいかも。

ともかく早くおりんちゃんにややこが出来れば、また違ってくるのかと思います。

感想

すねるおりんちゃん

昨日の若社長の騒ぎで、おりんちゃんと源造の仲にちょっとしたヒビが入ろうとしましたが、屋台のそばを食べて仲直り。

気持ちもお腹も満足だったと思っていたら、朝から、おりんちゃんは「ウッ」とトイレに駆け込みます!

じいさまは、早合点をして妊娠したのではと疑いますが、源造は、あんな遅い時間にあんなにそばを食べたことがなかったらと言いますが、もしかするとおりんちゃんは「そばアレルギー」だったのかもしれません。

情報が今ほどない時代なので、源造はぶっきらぼうに「大丈夫だ」の一言で終わらせます。

新婚のおりんちゃんは、源造にもっと心配して欲しいのだと思いますが、源造が、あまりにそっけないのですねちゃってかわいい。

細川俊之さんのナレが「ここで負けたらダメなんだよ。源造君。絶対機嫌取ったりするなよ」妙に意味深と思ったら、細川さん、痛い目にあっていた!

おかしいwww

ガッツ!

片手が不自由な彌七の将来を心配する徳右衛門とばあさまに、やえさんは「あの仙台の人は?」と思い出すと、彌七は照れ隠しなのか「なんでもないですよ」と言うじゃないですか!!!

おきわさんとのことは、いつの間にか過去のことになってしまったの?

つれないなー

それはともかく、不自由になってしまった右手と言えど、なんとかリハビリをして独り立ちできるくらいになれたというので、それは偉いです。

それこそ「ガッツ」がある!

ドロップス

彌七はおりんちゃんにお客からもらったというドロップスをお土産にあげると、さっきまで源造にすねていたのがウソのようにうれしそうなおりんちゃん。

もっと源造に甘えられると思ったのに、ぶっきらぼうにされてしょげたのでしょうね。

彌七は、結婚というものは、最初からうまくいくわけではなく、ガタガタ食い違っているものだと滔々と話します。

彌七の話しに、おりんちゃんは素直に耳を傾けていると思ったら、彌七が「向こうだって強いことは言っても困っているんだから」と言うと、おりんちゃん「どうして私と源造さんが言い合いしたことを知っているの?」と突っ込まれ、彌七、思わぬところで窮地!

おりんちゃんは「やっぱり源造さんが言いつけたのね!」
あー言っちゃった!

彌七は、すかさず否定!

源造は強いことをおりんちゃんに言ったものの心配して、彌七に様子を見に行くように頼み、ドロップスも源造からのものでした!

源造は、昔の男なので不器用なのですが、ドロップスを渡すようにと言うところが、いいところあるじゃない!

ばかー
おりんちゃんは、差し入れを源造のところへ持って行くと、源造は、一人でご飯を食べています。

すると中から、女の人・・・おようさんがお味噌汁を持ってきます!!!

えっ???どうしているの???と疑惑の念が、、

すると、おようさんは通りがかりに来て、一人でいるならと、お夕飯を作ってやると気を使ってくれたのでした。

新婚早々のよその旦那に、そんな気を使わなくてもいいのに。

源造も源造で、おようさんの料理を褒めて、ちょっとおりんちゃんかわいそうですが、源造は「他人の前で自分の女房の料理を褒められるか」

昔の男の人です!

源造は、ふいに「焼きもちを妬かれるのもいいもだな」と言って部屋から出ます。

するとおりんちゃんムッとして、源造の洋服を投げつけますが、大原麗子のサントリーのCMみたい!

「ばかー」と心の声が聞こえてきますww

<<前回100話 TOP 次回102話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました