はね駒 あらすじ 114話ネタバレ朝ドラ / 男の子出産!弘(ひろむ) キャスト再放送感想

スポンサドーリンク





 

2020年8月1日(土)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、山田昌、山内明

<<前回113話 TOP

はね駒 あらすじ ネタバレ

明治31年(1898)2月。りん(斉藤由貴)は元気な男の子を産みました。

感極まり涙ぐむ源造(渡辺謙)です。
弘次郎(小林稔侍)とやえさん(樹木希林)は、仏壇に向かい、難産の末亡くなったりんのおみつに報告し礼をいう。

お七夜となり、源造が子どもの名前をつけようとしたら、名古屋から源造のいち(山田昌)が突然訪ねてきます。

子どもの名前は自分たちがもう決めたと言いだして、源造は猛反対するのですが…。

前置きレビュー

おりんちゃんが、元気な男の子を下宿屋の一室で産みました!

源造をはじめ、橘家の人たちのいる温かな中で、おりんちゃんは出産することが出来、どれほど安心したことかと考えると、納屋で出産したおみっちゃんのことが思い出されてしまいます。

同じ姉妹とは言え、この境遇の差。

ともかく、源造は待ちに待った父親になりました。

初めての子供に、どんな名前をつけるのか楽しみですが、そんな中、お七夜の夜、源造の母のいちが名古屋からかけつけ、自分たちが名前を決めたと言います。

ちゃんと源造の母の話を聞けば納得できることなのですが、源造は、ここでもめることになります。

源造は、マザコンではないのはわかりますが、俺様が強いかもしれません。

ともかく源造の母は、「命名 弘(ひろむ)」と書いた半紙を持ってきたのです。

弘次郎の一字を取った名前ですが、源造の母の説明では、源造の父の源左衛門の希望で、まがいものでない人間に育つようにと、弘次郎の名前からもらったというのです。

お婿さんの父親が、お嫁さんの親のことを立てたかのような名前をつけるなんて、当時としては珍しいことだったと思います。

しかも、それを持って来たのは、お婿さんの母親!

今さらですが、裕福で元気の良い人というのがわかります。

ちなみに、モデルとなった磯村春子さんが最初に産んだのは、やはり男の子ですが、名前は「英一」さんです。

由来は、磯村春子さんが英国にちなんでつけたもので、春子さんにとって、英国は大切な国だと、何度も聞かされたそうです。

今でこそ、珍しい名前に思えませんが、ハイカラな名前だったのかもしれません。

<<前回113話 TOP

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました