はね駒 あらすじ 128話ネタバレ朝ドラ / くにジョンソンと再会! キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年8月18日(火)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、小林稔侍、柳沢慎吾、美保純、菅原あき、テリー・オブライエン、地井武男、矢崎滋、渡辺謙

<<前回127話 TOP 次回129話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

りん(斉藤由貴)は新聞記者と子育てで忙しい毎日を送っていました。

源造(渡辺謙)が自分の仕事や休日の話をしても、りんはうわの空でした。

ある日、高木みどり(美保純)がおかみの料亭で、りんは東北女学校の旧友と3人で会うことになります。

記者の習性でメモをとりはじめ、みどりにとがめられてしまう。「私の店に仕事を持ち込まないで。家でもそんなことしてたら源造さんがかわいそう」。否定するりんでしたが…。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

源造は、朝の支度をしながら大学の野球部から源造の店に問い合わせがあったと話しますが、おりんちゃんは明子の面倒を見ていて、源造の話しなど耳に入っていません。

そればかりか、おりんちゃんは自分の仕事の話をし始め、やることがたくさんあるとつれないです。

編集長から、築地にできる貿易会社の支配人トーマスジョンソンというアメリカ人を取材して欲しいと頼まれます。

内容は仕事のことではなく、日本人の妻を持っているので、どうして日本の女性を選んだのか聞いて欲しいと言うのです。

令和では、国際結婚は珍しくありませんが、明治時代ですからね。

おりんちゃんは、久しぶりに英語が使えるのでうれしいでしょう。

おりんちゃんが、トーマスジョンソンに取材をしていると、彼の奥さんが外出から戻って来ましたが、それは東北女学校の同級生浜田くにでした!

浜田くにとおりんちゃんは、みどりの料理屋に行き、つもる話をはじめますが、おりんちゃんは、浜田くにの話がもったいないからとメモを取りはじめ、今度取材に行くと約束を取りつけます。

おりんちゃんの鈍いところは今にはじまった話ではありませんが、すっかり仕事の虫になってしまったおりんちゃんに、みどりちゃんは・・・

そこへ撮影が休みの嘉助が、コーヒーを淹れて持ってきました!

みどりちゃんのパートナーでもあります。

源造が、弘次郎の店に寄ってコーヒーを飲みます。

おりんちゃんのつれない様子に、源造は、弘次郎を野球に誘います。

弘次郎は、源造の様子におりんちゃんとの夫婦仲を心配したのか、二人のために家でコーヒーを淹れます。

弘次郎のおかげで、おりんちゃんは仕事の虫になっていることに気づかされたのかもしれませんが、源造は、家でも仕事のことに夢中になってしまっています。

夫婦すれ違いになってしまいましたが、おりんちゃんどうする?

こちらはモデルとなった磯村春子さんの明治に生きる女性を取材して、まとめた本です。

今の女?資料・明治女性誌

感想

自分のことに夢中なおりんちゃん
朝の忙しい時、おりんちゃんは明子ちゃんの世話に夢中になって、源造の話しが耳に入って来ません。

忙しいのはわかるけれど、源造としては貴重な時間に、おりんちゃんと会話をしたいのに、子供のことばかりで面白くない。

さらに自分ファーストのおりんちゃんは、源造のことなどお構いなしに、自分の仕事のことを話し始めます。

仕事にノッているのはわかるけれど、おりんちゃん、ちょっとひどくない?

浜田くにとの8年ぶりの再会
編集長に、日本人と結婚をしたアメリカ人のところへ取材へ行ったおりんちゃん。

取材先で流ちょうな英語を話すおりんちゃん、英語に磨きがかかり、堂々としています。

するとアメリカ人の奥さんが現れると、それは東北女学校の同級生浜田くにでした!

浜田くには、アメリカ人の夫の好みなのか、日本髪を結っています。

おりんちゃんとみどりちゃんの料理屋に行きます。

浜田くには、「結婚は世間や家のためにするものではない。お互いに愛し合って人生を築いていく」と、肌の色など関係がないと実感がこもっています。

アメリカンナイズされた浜田くにと違い、みどりちゃんは「愛するとか愛されるとか、私でもはっきりと言えない」と、意外と奥ゆかしいのでした。

おりんちゃんは、ネタになりそうなものがあれば、惜しいとばかりにメモを取り始めますが、みどりちゃんは、そんなおりんちゃんに嫌悪感を露にします!

せっかく8年ぶりの再会なのに、メモなんて取らないで、会話に入ってきて欲しい。

そりゃ、みどりちゃんがつまらなく思います。

みどりちゃんは、家でもそんなことをしているの?と聞くと、おりんちゃんは「そんなことないわ~」と言いますが、メモを取らないまでも、源造をないがしろにしているよね?

そこへ撮影が休みだと嘉助がコーヒーを淹れて入って来ますが、おりんちゃんは、嘉助の振る舞いに、また不安そう。

おきよちゃん預かる

鶴次先生が出張なので、おきよちゃんを橘家で預かることになりました。

鶴次先生にとって、橘家は親戚のようなものだから、安心です。

やえさんは、おきよちゃんが小さかったころを懐かしんで話しますが、いい感じ。

おきよちゃんは、自分のことを覚えてくれていて、うれしいでしょうね。

鶴次先生は、すぐに帰ってくると言うと、おきよちゃんは「慌てなくていいから」と、橘家の居心地が良いのかもしれませんね。

弘次郎の店に源造現る

おりんちゃんのつれない態度に、源造は、面白く思わないだろうと思っていたら、弘次郎の店にやって来ました!

嫁の父親と積極的に仲良くする源造は、エライな。

すると、つれないおりんちゃんの代わりに、弘次郎に野球の試合を見に行かないかと誘いますが、弘次郎はおりんちゃんのことを思い遠慮している様子。

ずかずかと調子に乗らない弘次郎も、エライです。

渡辺謙さんが、ロバートデニーロに見えた!

さすがおとっつあん!
弘次郎は、家でコーヒーをおりんちゃんと源造のために淹れますが、源造が店にやってきて、野球を誘ったことで、おりんちゃんとの今の状況を悟ったのですね!

いいなー弘次郎のコーヒーは、人に幸せな時間を教えてくれるなんて、上質な映画のよう。

不器用なおりんちゃんは、言われないと気づきませんが、ようやく気づいたみたい。

しかし、すれ違うととことんすれ違ってしまうのか。

源造が、仕事モードになって、おりんちゃんの話しが耳に入りません。

おりんちゃん、やっと淋しさがわかったかな?

引用元:

<<前回127話 TOP 次回129話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました