はね駒 あらすじ 129話ネタバレ朝ドラ / スウェーデン体操!やえ キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年8月19日(水)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、光石研、斉藤暁、矢島健一、地井武男、山内明

<<前回128話 TOP 次回130話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

弘次郎は、常連客の編集長から、新聞社での仕事を何気に聞かされます。

おりんちゃんが、果たして新聞社で役に立っているのか気になりますが、編集長はおりんちゃんを十分に評価しています。

おりんちゃんは、スウェーデン体操を教える井口あぐり(井口阿くり)のところへ取材へ行くと言います。
(いだてんの二階堂トクヨとは別で、実在しています)

井口あぐりは秋田県出身です。

福島出身のおりんちゃんと東北弁での会話を聞きたいような気もしますが、秋田弁と福島弁の会話は、難しいのかな?

おきよちゃんは、鶴次先生が出張に行っている間、橘家にいます。

おりんちゃんは、井口あぐりから教わったスウェーデン体操を、弘くんやおきよちゃんと一緒にやっていると、やえさんも一緒にはじめます!

ところが、昔の日本家屋の2階でドタバタとやっていると、下にいる弘次郎たちは、うるさくてたまりません。

弘次郎は、何をしているのだと様子を見に来ますが・・・

そんな中、おりんちゃんが倒れてしまいますが、記者の仕事は、やっぱりきついのでしょうか。

源造は、おりんちゃんを心配しますが、おりんちゃんは、ここのところ仕事のことばかりで、もう源造にかまってもらえなくなったと思っていました。

包容力のある源造におりんちゃんは甘えますが、仕事のことばかりだった二人には、怪我の功名かもしれません。

おりんちゃんが倒れたことで、やえさんは、いい加減に仕事を辞めさせた方が良いのか心配になります。

それにしても、野球にスウェーデン体操にと、いだてんとかぶるような話がまた出てきました。

こちらはモデルとなった磯村春子さんの明治に生きる女性を取材して、まとめた本です。

今の女?資料・明治女性誌

感想

弘次郎の露にしない表情
常連になった編集長と弘次郎の何気ない会話から、季節の移ろいを感じます。

弘次郎は、おりんちゃんが、本当に仕事で役に立っているのか心配しますが、編集長は、おりんちゃんの活躍に「余人をもって代えがたし」と満足気です。

それもあって、編集長は、弘次郎の店の常連になったのかもしれません。

弘次郎は、うれしい気持ちを露骨にあらわすことはありませんが、そこが弘次郎らしいところ!

強気なおりんちゃん
弘次郎は、おりんちゃんの顔色が良くないことを心配していたので、編集長からおりんちゃんに尋ねてみます。

しかし、おりんちゃんは、けして弱音を吐くまいと、慎重に言葉を選んでいますね。

スウェーデン体操
おりんちゃんは、文部省の留学生としてアメリカで体育の勉強をしてきた井口あぐりの取材へ行くと言います。

アメリカ留学で、スウェーデン体操を取得とは面白いです。

日本では、軽んじられている体育も、あちらでは重要な科目だと井口あぐりさんは話します。

おりんちゃんは、どうしてスウェーデン体操を取得したのか尋ねますが、良い所で説明が切れた!

たくあんの漬物
暮れも近づくころ、やえさんはおりんちゃんが休みの時、たくあんの漬物をつけたと、これまた季節を感じさせます。

おりんちゃんが仕事へ行ってしまった分、孫のようなおきよちゃんが、いろいろ手伝ってくれると、やえさん、うれしそう。

おきよちゃんも、やえさんのことを、本当のおばあちゃんのように思っているでしょうね。

すると、2階が騒々しいです。

ミイラ取りが?
やえさんが、部屋をのぞくと、おりんちゃんたちが、スウェーデン体操をしています!

おりんちゃんは、すぐ感化されるというか、好奇心が旺盛なんですね。

やえさんは、うるさいので注意しようとしたのに、一緒になって体操をはじめちゃって、本当にノリがいいんだから!

やえさんはぎこちなくスウェーデン体操をしていますが、樹木希林さんのキレのある林檎殺人事件を見ているので、能ある鷹は爪を隠すですね!

そこへ、けじめをつけられないやえさんに、弘次郎は一喝!

昔のお父さんって、こんな感じ!

おりんちゃんが、この体操をやっていると、血の巡りが良くなって関節や筋肉がやわらかくなって、若返ると説明すると、弘次郎は「そんな都合のいいことがあるか」

おかしいww

やえさんは、弘次郎に「よぼよぼじじいはやだ」

おかしすぎwww

おりんちゃんが

笑っていられたのは、つかの間でした。

おりんちゃんが、気持ち悪そうにうずくまってしまいます。

おめでたかな?

おりんちゃんは、貧血だと布団に入っていると、源造が帰ってきて心配しますが、おりんちゃんは、「もうかまってくれないのかと思った」と言います。

おりんちゃんは、源造や子供のことを考えていると反論しますが、子供のことはともかく、源造のことは、そっちのけでしょ?

ほんとに勝手だよね。

でも、おりんちゃんは寝ていてもかわいい。

久しぶりに、源造に見せた甘えたおりんちゃんの表情、やっぱりね、こういうかわいいところがないと、うまくいきませんよ。

源造とおりんちゃん、お互いにいたわって、ラブラブです☆

心配するやえさん
倒れるほどに仕事をするおりんちゃんをやえさんは心配しますが、弘次郎は、編集長から聞いた話をして、やえさんを安心させます。

物事は、巡り巡っています。

やえさんの心配が解けて良かった。

引用元:

<<前回128話 TOP 次回130話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました