はね駒 あらすじ 139話ネタバレ朝ドラ / 後藤さん結婚!嘉助が! キャスト再放送感想

はね駒 あらすじ 154話ネタバレ朝ドラ / ドリフあの母親の娘です キャスト再放送感想 はね駒

スポンサドーリンク





 

2020年8月31日(月)

はね駒キャスト

斉藤由貴、樹木希林、渡辺謙、小林稔侍、柳沢慎吾、美保純、斉藤暁、神田亜矢子、岡野恵介、岩渕夢菜、地井武男、山内明

<<前回138話 TOP 次回140話>>

はね駒 あらすじ ネタバレ

明治38年(1905)2月、日露戦争を撮影しに行った嘉助(柳沢慎吾)の手紙が旅順から届きます。

無事で安心するりん(斉藤由貴)たちに、下宿人の後藤(斉藤暁)の結婚が決まり、月末に下宿を出ることになります。

思わず涙ぐみ場を外すやえさん(樹木希林)。

源造(渡辺謙)は、「年をとると、嘉助や息子同様にかわいがった後藤と離れるのがつらいのだろう」と話しますが、やえさんの様子が何かおかしいと案じるりんでした。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

明治38年2月、日露戦争が始まり1年が経ちます。

そんな中、嘉助が日露戦争の戦地から元気な便りを出してきて、橘家も小野寺家も明るいものになっていました。

これまでチャラチャラとしていた嘉助ですが、旅順や二百三高地の悲惨な戦いを目の当たりにし、その惨いさまを撮ることが仕事です。

橘家の人には複雑な思いでしょうが、懸命にがんばっていることは伝わっていると思います。

そしてみどりちゃんと生まれてきた息子のことも、嘉助は忘れてはいません。

後藤さん嫁もらう
とうとう最後の下宿人の後藤さんが、嫁をもらうことになりました!

日露戦争で、いつ召集されるかわからないからと、田舎の両親が心配してくれたのです。

婚活などしなくても、縁ある人と一緒になるようになっていたみたいです。

昔の方が、結婚する確率が高かったという話があります。

3月に式を挙げるので、橘家にお世話になるのも、今月だけとなりました。

おきよちゃんの進路
鶴次先生が戦地へ行って1年経ちますが、その間、おきよちゃんは、ずっと橘家で面倒を見てもらい、勉強もおりんちゃんにみてもらっています。

そんなおきよちゃんは、来年、津田むめ先生の英学塾を受験することになると言います。

ちなみに日露戦争は、翌年明治38年9月5日までになります。

鶴次先生に早く帰って来て欲しいですが、源造とおりんちゃんは、おきよちゃんの受験のために勉強を見るとことになるので心強いです。

おりんちゃんは、増々忙しくなるので体が2つあればと言いますが、令和だったら、ムーンショットで実現できたかも?

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現- 科学技術・イノベーション - 内閣府

嘉助の息子大吉!

嘉助とみどりちゃんの間に息子の大吉が産まれ、首がすわるくらいまで成長しました。

結婚に反対していたやえさんですが、孫が生まれたこともあってか、みどりちゃんと孫の大吉を大切に思うようになったみたいです。

すっかり母の顔になったみどりちゃんですが、幸せもつかの間。

みどりちゃんの目の前に、厳しい現実が突きつけられます!

感想

嘉助からの手紙
戦地へ行っている嘉助からの手紙が届きました。

二百三高地での様子が生々しくつづられていますが、やえさんも弘次郎も、浮かない表情です。

そんな危険なところから、早く帰って来て欲しいと言いたいのを、我慢していると思う。

元サムライのじいさまは腹をくくっているので、嘉助の活躍を喜んで、良いおじいさま。

後藤さん結婚!
日露戦争で、いつ召集されるかわからないからと、下宿人の後藤さんの結婚が決まりました!

タイミングと勢いと言いますが、後藤さん、良かったね!

ところが、やえさんが、ふと部屋を出ます。

やえさんには、世話をしてやる人が、また一人いなくなってしまう寂しさを感じたのかも。

おりんちゃんに一人にさせて欲しいと「あっちさ行け」と言って、涙を拭くやえさんの寂しさが、とても良く伝わってきます。

家庭教師の二人
おきよちゃんと弘くんが、勉強を見て欲しいと、おりんちゃんたちの部屋へ来ます。

弘くんは、源造に漢字の書き取りを見てもらいますが、「だらいしのない字を書くんじゃないぞ!」」

良いパパしていますが、弘くんも素直に返事をして良い子です。

おきよちゃんは、女学校へ行くための試験勉強を、おりんちゃんに見てもらいますが、鶴次先生に褒められるようにと、お勉強を頑張っているのでしょうね。

おきよちゃんも素直に返事をして、良い子です。

おきよちゃんは、津田むめ先生の英学塾の試験を受けるんですね!

お勉強ができないと入れませんが、おきよちゃんなら入れそう。

将来は、海外から来る宣教師の通訳やキリスト教関連の本の翻訳など、鶴次先生の仕事の手伝いもできるかもしれませんね。

仕事に家では家庭教師にと、忙しいおりんちゃんですが、忙しい方が、おりんちゃんは好きそう。

しっかり者のやえさんが
やえさん頼みのおりんちゃんが、また朝寝坊すると、やえさんが台所にいません!

それだけでなく、ご飯も炊かれていません。

普段甘えられるやえさんがいることが、どれほど恵まれているか。

やえさんが慌てて台所へ来ますが、やえさんの様子が、ちょっとおかしい?

更年期障害なのかな?

おりんちゃん、おちおちしていられないぞ!

大吉君
嘉助とみどりちゃんの間に、赤ちゃんが生まれましたが、名前は大吉くん!

真ん丸で、かわいいww

嘉助が子供のころは、のどが弱くて、風邪をひくとゲボゲボ咳していたと、面白い表現!

するとみどりちゃんも、やえさんに合わせるように、「戦地で寒くてゲボゲボやってんじゃないかしら」

みどりちゃん、権妻をやっていたことを忘れるくらい、すっかり良いお嫁さんです。

じいさまは、子供と二人っきりで寂しくないかと、みどりちゃんを気遣い、ほんとうに良いおじいさまです。

当時だったら、息子夫婦と同居して不思議ではないのに、やえさんは、みどりちゃんに気を使わないでと言ってくれました。

無理強いをすることのないやえさんは、本当に良いお姑さんです。

嘉助の
おりんちゃんが出かけようとすると、みどりちゃんが慌てたようにして現れます。

乱れた髪に不安を感じる。
「わけわかんないこと書いてあるから、持ってきたのよ」

えっ???もしかして・・・嘉助の死の知らせです。

みどりちゃんの血相を変えた表情が、とてもリアル。

みどりちやんは、普通の幸せをやっと手にすることが出来たのに、早すぎる。
引用元:

<<前回138話 TOP 次回140話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました