澪つくし 入兆のモデルは入正!ロケ地は?千葉の醤油評判は?

澪つくし あらすじ ネタバレ 43話 朝ドラ / 梅木と?小畑が爆弾発言 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

NHKの朝ドラ「澪つくし」は、千葉県銚子が舞台になりますが、「入兆」のロケ現場になったのは1724年創業の老舗「入正」になります。

澪つくし 入兆のモデルは入正!ロケ地は?

「入正」は犬吠埼から電車で1時間半ほどのところにあります。

現在も続く銚子の老舗醤油は、「ヤマサ」「ヒゲタ醤油」「入正(いりしょう)」になります。

醤油作りは農業にたとえられますが、もろみの熟成には8か月ほどかかり、醤油の完成までには、お米と同じように1年近くかかります。

どこかで手抜きをすると、うまみが悪く出ます。

手間をかけることで、そこの蔵にある蔵癖・蔵に棲みついている野生の酵母と微妙に混ざり合い、美味しい醤油ができます。

澪つくし 千葉の醤油評判は?感想

「入正」で作られる「澪つくし」は、ドラマ収録に使われた縁で出来た天然醸造のお醤油です。

使われている大桶は、秋田杉を使用したもので、現役です。

合成保存料、着色料などの添加物は使われていない貴重なお醤油です。

「入正」の醤油「澪つくし」の評判をまとめてみました!

自然な甘さと風味がある
刺身で食べれると、美味しさが分かります
機械ではなく人の手で樽仕込みで作られています。色は濃い目ですが塩分を控えているのでしょっぱくないです

どんなものなのか興味津々で、お取り寄せしてみました!

澪つくし 入兆のモデルは入正!ロケ地は?千葉の醤油評判は?

確かにしょっぱすぎず添加物が入っていないのでキレがあり、お刺身に良いです。

煮物では「これが醤油の色だ」と、色の映え方が冴えて、見るからに食をそそります。

かなり評判が良くてリピーターも少なくないのもうなずけます。

入正醤油 澪つくし 360ml×15本

銚子にゆかりある著名人

銚子は古くから文人や芸術家が多く訪れていますが、中でもゆかりある著名人をご紹介します。

国木田独歩

自然主義の先駆者として知られる国木田独歩は1871年、銚子に生まれます。

37年の短い人生の大半を東京で過ごしますが、晩年外川の浜で釣りを楽しみました。

竹久夢二

「宵待草」で知られる竹久夢二は、1908年明治42年に、読売新聞記者として、取材で銚子を訪れています。

1910年の夏、妻のたまきと一緒に銚子を訪れ、海鹿島に宿をとりますが、宿の隣に住んでいた19歳の長谷川カタと出会います。

カタは、明治45年、音楽家の須川政太郎と結婚。

竹久夢二は失恋の淋しさにたえて、「宵待草」を発表します。

小川芋銭

横山大観に認められた画家の小川芋銭(1868年~1938年)は、銚子の海を愛し、晩年は別荘を借りて制作に没頭しました。

高村光太郎

彫刻家の高村光太郎は、1911年12月に知り合った長沼智恵子と翌年の夏、犬吠埼で運命的な再会を果たしますが、その時のことが「智恵子抄」につづられています。

澪つくし あらすじ(ネタバレ)最終回まで沢口靖子全162話再放送!朝ドラ

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました