澪つくし あらすじ ネタバレ 19話 朝ドラ / 律子!加賀まりこ激怒! キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ ネタバレ 43話 朝ドラ / 梅木と?小畑が爆弾発言 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年10月11日(月)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、根岸季衣、明石家さんま、牟田悌三、岩本多代、寺泉憲、鷲生功、高橋珠美子、山添三千代、村田雄浩、葛西和雄、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回18話 TOP 次回20話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをるは、律子(桜田淳子)と水橋(寺泉哲章)の密会を覗き見てしまう(沢口靖子)。

生まれて初めて見る男女の抱擁に恐怖心を覚えるのです。

翌日訪れたるいさん(加賀まりこ)に、幼なじみのみずえ(香川三千)が銚子を出て行くと聞き、たまらず見送りに駆け出します。

駅で見送り、家に帰ると、勝手に家を出たことについて、ハマ(根岸季衣)に叱られます。

泣いているかをるを見て驚くるいさん(加賀まりこ)はハマにどういうことかと説明を求めます。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

かをるが捨て猫の声が気になって眠れず、裏庭に出てみると、律子が逢引きをしています!

朝から刺激が・・・

相手は東京から来た水橋です。

公安からの尾行で危なくなって、銚子へ来たのです。

人目を忍んで、夜中に逢引きですが、律子はお金ではけして買えない恋に夢中なのでしょう。

かをるは、目の前のことに驚きますが、翌朝になると、水橋は何もなかったかのようにさわやかです。

大人の事情を知ってしまったかをるです。

律子も変らぬ様子で朝食を食べています。

弟の英一郎が、小田原から新宿まで電車が通ると世間の動きを話すと、律子は、銚子は遅れていると淡々と会話をします。

律子の考えていることは、伝統ある家業とはかけ離れていることばかりです。

かをるが家の手伝いをしていると、るいさんがやって来ました。

るいさんは、女学校の友達の瀬田みずえが家に来て、今日の午後の汽車で千葉へ行くと話します。

入兆の正式の娘と言っても、けして自由の身ではありませんが、かをるは、10年間ともにした仲間の門出に、せめて励ましの言葉をかけたいと家を抜け出し駅へ向かいます。

かをるは、みずえとは無事に会えましたが、入兆へ戻ってくると、ハマさんは黙って家を出たことを責めます!

ずっと入兆にしばられて、そっけなくみずえと別れたくないのでしょうね。

どうせハマさんに言ったところで、難癖をつけられ会える保証はないので正解です。

そこへるいさんが入ってきて事情を聞くと、ハマさんに「よく言い聞かせる」と謝りますが、ハマさんは、それでは引きません!

するとるいさんは、底意地の悪いハマさんに対してブチ切れ!

意地とプライドで、かをるを守るるいさんですが、何食わぬ顔のハマさんにイラつく!!!

感想

律子!
かをるが猫の鳴き声で眠れずに外へ出てみると、ふだんクールな律子が、入ったばかりの水橋と熱い抱擁をしているじゃないですか!!

ただですら見てはいけないものを見た上に、水橋は公安に追いかけられているなんて、危ないんじゃない?

律子には、そんな水橋がたまらないのだろうな・・・

朝食

かをるは、朝食の手伝いですが、久兵衛は、今日もそう快とばかりに体操をしています。

そんな久兵衛の姿に、かをるは夜中に見た律子の姿を思うと、いたたまれなさそうです。

それでも朝のあいさつをすると、久兵衛は「おはよいっしょ!」とお茶目で、かをるの気持ちを軽くさせます。

広敷に行くと、水橋は何もなかったかのように、さわやかな表情であいさつをしてきますが、かをるは複雑な表情。

本能的にイヤなのかな。

英一郎が、新宿から小田原まで電車が開通したと話しますが、律子は銚子だけ取り残されるのではと「ほととぎす、銚子は国のとっぱずれ」とうたいます。

廓から逃げ出しても逃げ場がないと、律子は皮肉屋さんです。

律子は小田原に文化住宅でもつくってもらって住みたいと話しますが、新宿へ直通で行かれる小田原の方が、良く見えるのでしょうね。

見送り

かをるが掃除をしていると、奥さまの世話にるいさんが来ました。

かをるの友達のみずえが、今日の汽車で千葉へ行くと知らせてくれました。

かをるは、みずえに励ましの言葉をかけたいと、駅まで走って行きますが、律子のように人力車が使えたら良かったのに、着物だと走りにくそう。

なんとかみずえに会うことができました!

そう簡単に会えることができなくなるので、お互いに寂しいでしょうね。

みずえさん、がんばれ!

ハマの説教

かをるが入兆へ戻ってくると、ハマさんが黙って立っています・・・

かをるにどこへ行っていたのかと聞くと、かをるは千葉師範に合格した友人の見送りに行ったことを告げますが、いじわるなハマさんは「なんで私に言ってくれないの?」

でたー!

どうせ正直に言ったところで、行かせないでしょう?

ネチネチと言った挙句に、「図々しいことしたら、あかんな」

「だらしのない女は無節操だ。これやったら、先が思いやられるよ」

憎たらしい言い方、、、

律子の方が、よっぽどだらしがないのだけど!

かをるは、涙目になってかわいそう。。。

と思ったら、さすがに泣いちゃった!

そこへるいさんが現れて、ハマさんに事情を聞きます。

るいさんが、「私の方から言いつけます」と謝ったのに、ハマーは「そうはいかない」って、なんなの????

むかつく!!!

下手に出ていたるいさんも、さすがに切れた!!

「おかしいんじゃございません?しつけにかこつけて、かをるをいじめている!」
そうだ!もっと言ってやれー!!

「図に乗るのはいい加減にしなさい!所詮は、女中頭じゃありませんか」

するとハマー、へろっと「おまはんも、昔は女中と違う?旦那さまの子供を産んだか産まないかの違いだけだろ?」

どうすればハマーをぎゃふんと言わせることが出来るのだろう?

かをるは、必死にるいさんにすがって守っているのでしょうね。

かをるは素直に行動しただけなのに、こんなことになるなんて、こっちまで泣きたくなった!

引用元:

<<前回18話 TOP 次回20話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました