澪つくし あらすじ ネタバレ 31話 朝ドラ / 惣吉犬吠埼!麦わら帽子 キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ ネタバレ 43話 朝ドラ / 梅木と?小畑が爆弾発言 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年10月26日(月)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、柴田恭兵、根岸季衣、明石家さんま、高品格、牟田悌三、岩本多代、鷲生功、鷲尾真知子、村田雄浩、津川雅彦

<<前回30話 TOP 次回32話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

犬吠埼の灯台で惣吉(川野太郎)と会う約束をした日の朝、千代さん(岩本多代)が倒れてしまい、かをる(沢口靖子)は家に足止めを食ってしまいます。

急を聞いて学校から帰ってきた英一郎(鷲生功)は、家で手伝いをしているかをるに、約束の犬吠埼へ行けと言いますが、そんなわけには行かないといって家で出来ることもなく、無力な自分を歯がゆく思います。

惣吉は、日が暮れるまで待っていました。

一方かをるは、その夜一人泣くことしか出来ませんでした。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

かをるが、惣吉と犬吠埼で会う約束をしたその日、千代さんが喀血をして倒れてしまいました。

かをるは犬吠埼へは行かず、久兵衛や律子と一緒に、千代のそばについています。

ハマさんは、要領良く梅木たちに指示を出しますが、ツエさんには、奥さまをちゃんと見ていないからと責めますが、ハマさんの意地悪さが、ここでも出ます。

医師は、町立病院へ入院させるようにと話しますが、奥さまの容態は、かなり悪い様子です。

ちょうど惣吉との約束の時間、10時になりましたが、とても犬吠埼へ行ける状況ではありません。

奥さまに輸血が必要になり、神山さんが若い衆に、奥さまと同じO型の者はいるかと聞きますが、自分の血液型を知らない者ばかり。

神山さんは、これから診療所へ行って調べてもらい、O型の人は、輸血に協力するようにと話しますが・・・

血液型や輸血に関しての知識や情報が、若い衆には乏しく、すすんで協力しようとする者があまりいません。

かをるは、奥さまの介抱の手伝いをしていると、12時近くになってしまいました。

惣吉は、一人浜辺で待っています・・・

奥さまの意識が戻りました。

英一郎が、かをるに惣吉と会ったのか聞きますが、こんな状況で行けるわけがありません。

英一郎は、もうお母さんは大丈夫だからと言いますが、午後1時をまわっています・・・

律子だったら、英一郎に行かれないことを伝えるようにと頼むでしょうが、かをるには、そんなことはできません。

どうして、こんな時に限って、千代さんが倒れてしまったのか、奥さまを恨むに恨めません。

感想

ツエさんのせい?
奥さまが喀血してしまい、かをるは、惣吉との約束どころではありません。

ハマさんが要領良く場を仕切りますが、ツエさんに、奥さまが倒れたのは、ツエさんの管理が至らないとばかりに責めてきて、ほんと悔しいです!

番頭の小畑は、ツエさんに「お前さんのせいじゃない」と、ハマさんの人柄をわかって言ってくれて、こういう人がいると、ホッとします。
惣吉と会えない

10時と聞いて、かをるは、惣吉との待ち合わせの時間を思いだしますが、奥さまのところから離れられません。

どうして、こんな時に限って、、、かをるの運命の邪魔をしないで!

そのころ、惣吉は浜でかをるを待っています。

夏の白い着物を着ていますが、よそ行きの着物なんでしょうね。

はぁ~ため息です。。。

輸血で湧く広敷の人々

奥さまが輸血をすることになりましたが、広敷の若い衆からO型の血液型の者はいないかと神山さんが聞きます。

ところが、血液型自体知らない人がいて、O型を大型と勘違いしたり、輸血したら子供ができるのではと心配したりと、すんなり話がまとまらずおかしいwww

それにしても、明石家さんまさん、うるさいだいだけでなく若い衆の中で目立ちますね。

犬吠埼へ行けないかをる
手伝いをしながら、かをるは時間を気にしますが、惣吉のところへ行けず、かわいそう。

そしてかをるを待つ惣吉の後ろ姿も、切ないな~

かをるが家にいることに気づいた英一郎は、惣吉との約束を聞きます。

ふつうに考えて、行けるわけないと思うけどな。

かをるは、今にも泣きそうな表情を浮かべると、英一郎が、今からでも犬吠埼へ行ったらと言いますが、1時半過ぎています!

英一郎は「アホやな姉さんは」と言いますが、かをるは妾の子なので、図太く行くことができないのです。

無念な惣吉

もしかすると惣吉は、お昼も食べずに、ずっとかをるを待っていたのでしょうか?

かをるが、すっぽかすようなことをするはずがないと、信じているのですね。

さすがに、いくら待っても来ることのないかをるに、麦わら帽子を海へ投げ捨て、かをるのことを忘れようと思ったのかもしれませんね。

一人海辺を歩く惣吉が、切なすぎる、、、
一人泣くかをる
失恋したと決まったわけではないけれど、かをるは、惣吉の約束を果たせず号泣します。。。

奥さまを恨めないし、英一郎に、伝言を頼むわけにもいかず、こちらまで、一緒に泣きたくなる、、、

もしかしたら、怒って、もう二度と会ってくれないかもしれないと思うと、ただ泣くしかありません。。

せっかく作ったてるてる坊主も、悲しげに見えます。

引用元:

<<前回30話 TOP 次回32話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました