澪つくし あらすじ ネタバレ 38話 朝ドラ / かをるの見合い決まる? キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月3日(火)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、根岸季衣、岩本多代、鷲生功、福田豊土、石丸謙二郎、三ッ矢歌子、高橋珠美子、山添三千代、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回37話 TOP 次回39話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

律子(桜田淳子)が沖田(福田豊土)の絵のモデルになると言うので、久兵衛(津川雅彦)はかをる(沢口靖子)に付き添いをさせようとしますが、かをるは女学校時代の友人と会う約束がある、と断ります。

律子が沖田のアトリエでモデルをやっていると、銚子文学の河原畑(石丸謙二郎)が来て律子に話しかけます。

千代さん(岩本多代)の病室では、久兵衛が見舞いに来た妹のぎん(三ツ矢歌子)に、かをるの銚子のしょうゆ屋との見合い話を進めるよう頼みます。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

かをるは、いつもと変わらず、みんなと朝食をとっています。

久兵衛が、英一郎に将来を期待して、勉強をするようにと話しますが、英一郎は、勉強はあまり好きではないようです。

しかし英一郎は、人格なら自信があると、将来の当主としての頼もしさを感じさせます。

久兵衛は、律子に一緒に見舞いに行こうと誘いますが、律子が、沖田の絵のモデルになるからと断ります。

以前、沖田のモデルの件は断ったはずですが、かをるがモデルになった絵を見て、気が変わったのかもしれません。

久兵衛は、一人で沖田のところへ行かせられないからと、かをるを伴うように話しますが、かをるは、女学校の親友と会う約束があるのでと断ります。

久兵衛の思うようにいかないことばかりですが、それでも律子を、沖田のところへ一人でやるつもりはありません。

結局、律子は・・・

三島由岐の結婚が決まり、かをるは予定通り、千葉師範に行っている瀬田みずえも由岐のところへ集まりました。

お見合い結婚する三島由岐に、瀬田みずえも意外と現実的な考えでした。

気になるのはかをると惣吉のことですが、楽しい恋バナとはいかないかも。

沖田は、律子をモデルにして絵を描いています。

モデルが、何といっても入兆のお嬢様の律子なので、不景気とはいえ、さぞや高く売れそうです。

そこへ河原畑が、律子が沖田のところにいると聞きつけ、やって来ます!

沖田は、河原畑と律子を取り持とうとしているようですが、律子は、うれしくないようです。

久兵衛にとっての感心ごとは娘の嫁入りですが、律子の見合いが大失敗に終わったことで、かをるの縁談話しで、巻き返そうとしているように思えます。

久兵衛の妹の名取ぎんが、佐原の醤油屋の息子の話を持ってきました。

とんとん拍子で話が進むように思えますが・・・

かをるが家に帰ろうとすると、学校帰りの英一郎と会い、惣吉と会ったことを話しますが、まさかな事態に・・・

時代が時代とは言え、兄弟であっても、男女が公の場でいることをとがめられるとは、かなりメンドクサイ。

感想

英一郎の進路

いつもと変わらない朝食、英一郎の将来について話題になりますが、あまり勉強が好きでないみたいですね。

久兵衛のようなうるさい親父を見ていて、あまりガツガツしたくないのかな。

英一郎の明るさが、朝から清々しい。

律子が絵のモデルに

律子は、かをるがモデルになった絵を見て、自分もモデルをやることになりましたが、律子には、絵のモデルがあっている。

律子は、家計を助けるためと言ってますが、ただの冗談だと思います!

一生のお友達

三島由岐の結婚が決まったことで、かをると瀬田みずえの3人が集まります。

学校出たばかりですが、かをるが赤ちゃんの話をすると、由岐は「恥ずかし~い」

初々しい会話。

瀬田みずえが「私達、一生のお友達よ」と約束をしますが、かわいらしい3人です。

しつこい河原畑
入兆の仕事だけでなく、梅木は、律子の番人をさせられたり、良いように使われています。

そこへ、あの河原畑が、律子がいることを聞きつけやって来ます!

せっかくモデルとして心機一転となると思っていたのに、河原畑、現れなくていいよ。

かをるの見合い話し

久兵衛の妹の名取ぎんも、律子のお見合いが失敗して懲りたのでしょうね。

律子よりも、素直なかをるにとお見合い話を持ってきました。

かをるなら、どこへでもお嫁に行けそうです。

ところが、佐原の醤油屋は不振で、銚子の大手が吸収したりなどしていると言うのです。

久兵衛には、将来を見越して、吸収して、他の大手を上回ろうと目論んでいます。

かをるが、余計な苦労を追わないと良いですけれど、あまり良い縁談だと思えないな。

厳しい社会
英一郎とかをるが道で話をしていると、警官に呼び止められます。

男女七歳にして席を同じうせずと言われていたころがありましたが、戦前は、厳しかったようです。

弟を振り切って、家路を急いだことで、とんだことになってしまいました。

メンドクサイ時代。

ついにお見合い?

かをるの知らないところで、お見合いの話しが進んでいます。

久兵衛は、かをるに見合い写真を撮るようにと言います。

ハマさんに化粧をまかして大丈夫なのか心配ですが、久兵衛の頭の中では、アイドルのブロマイドよろしく、みんなに見せびらかしたいのか、久兵衛にとって自慢の娘には違いないです。

かをるの表情が暗くなりますが、やっぱりお見合いはしたくないのですね。

引用元:

<<前回37話 TOP 次回39話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました