澪つくし あらすじ 39話 ネタバレ 朝ドラ / 渋沢栄一!小浜が夜学へ キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月4日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、柴田恭兵、根岸季衣、明石家さんま、高品格、牟田悌三、岩本多代、鷲生功、村田雄浩、葛西和雄、津川雅彦

<<前回38話 TOP 次回40話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)は見合い写真を撮り、見合いの準備も着々と進んでいました。

律子(桜田淳子)はかをるにモダンなヘアメイクをしますが、久兵衛(津川雅彦)とハマさん(根岸季衣)には不評です。

久兵衛は律子に、かをるに自分の趣味を押し付けるな!とたしなめます。

その場に英一郎(鷲生功)がいないことを不審に思い探すと、広敷で小浜(村田雄浩)に代数を教えていました。

その話を聞いた久兵衛は、意欲のある職人は夜学に通わせる、と言い出します。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

見合い決まる?
7月、かをるは、ハマさんにつきそわれて、写真館で見合い写真を撮ることになりました。

これでかをるは、惣吉のことを、すっぱりと忘れることになるのでしょうか。

久兵衛は、律子の失敗があるので、かをるに期待しているようです。

かをるに見合い相手のことを知らせますが、予定では、秋には嫁入りになるので、あと数か月です!!

労務交渉

久兵衛は、従業員を家族のように思っているので、自分のことを信じてついてきてくれれば、労働組合など必要がないと考えています。

しかし梅木の市場調査を受け、少し方針をかえたのか、番頭の小畑が、労務交渉について説明をします。

不景気で、どこも労働組合をつくり経営者に反発するなどをしています。

これを憂慮したのが渋沢栄一先生・・・

こんなところで2021年放送の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公となる渋沢栄一の名前が出てくるなんて!

入兆は、渋沢栄一の言うところの、資本家と労働者は協調しなければと、協調会の指導のもと、みんなで3日間仕事を休んでお寺に行く予定です。

ここで「お寺?」と疑問に思うかもしれませんが、昔は、いろんな役割を担っていたようです。

協調会では、国民体操をして、掃除して座談をするなどの講習です。

ところが、小浜は素直に従おうとしません。

水橋は恋敵だったのに、それでも貧乏から抜けたいからと、水橋の影響を受けてしまったのか?

かをるの本音をつく律子

なんやかんや言っても、律子は、かをるのことを気にかけています。

律子は、新しい時代の女を意識して生きていくことが、最上と思っているのかもしれません。

でも、世間知らずなかをるには、律子の話しは、すんなりと受け入れられないと思います。

久兵衛の決意
英一郎が、将校を目指している小浜のために勉強をみてあげています。

小浜の行動が大っぴらになってきましたが、神山さんや小畑は、あまり良く思っていないでしょうね。

久兵衛が知ったら、どうなるのかと心配になりますが、それが意外にも、小浜にとって大きなチャンスとなるようです。

久兵衛にしてみたら、労働組合などつくられ、その対応をするくらいなら、夜学へ通わせた方が安いものだと思ったのかもしれません。
見合いが

舟遊びという形で、かをるが、見合いをすることになりました。

かをるよりも、久兵衛の方がうれしいのだと思いますが、これでかをるは逃げられません。

感想

見合い写真に満足する久兵衛

かをるがお見合い写真を撮ることになりましたが、おめかしして、ハマさんに、キレイに整えてもらって、いい感じ!

久兵衛は、出来上がった写真を見て、満足そうです。

かをるは、お見合いが決まったことを告げられますが、惣吉とのことは、ほぼあきらめ気味のかをるには、久兵衛に従うしかなさそうですね。

時代の流れ

伝統ある醤油作りですが、世の中は動いています。

地方とは言え、銚子にも渋沢栄一の考えが行きわたるほど、影響があったのですね。

ところが、小浜は、素直に番頭さんの話を聞くことができません。

メンドクサそうな人です。

と思っていたら、小浜が兵隊志願だということが判明!

律子に言われたことを、そのまま鵜呑みにしたのですね。

神山さんと番頭さんは、小浜がどんな勉強をしているのか心配になって、勝手にロッカーを見る!

プライバシーなんて、ないですからねー

かをるは移り気?

律子は、かをるの髪型を変えてあげますが、かをるは、少しおっかなびっくりな様子。

モダンにされて、大丈夫かな?

律子は、かをるのことを意外と上っ面な子なんだと「移り気だ」と言いますが、律子と違い、かをるは、久兵衛の考えをひっくり返すだけの強さなどないと思う。

かをるは、律子に、まだ水橋のことを思っているのかと聞くと、当然のように返事をします。

大人な律子ですが、水橋が、本当に良い人なのかは別だと思うけどな。

かをる激変!

律子は、お父さま好みは古いと言って、コテを使って、かをるの髪型を変えました!

う~~~~ん、ちょっと違うかな?

お化粧も濃いし、前の方がかわいいと思うな。

必死な小浜

小浜が、軍隊に入りたい一心で、勉強を頑張っています。

気の良い英一郎は、小浜に代数を教えますが、小浜は、少しでも時間が惜しいのだと思います。

隣でうるさくされると「黙っててくれよ!」とブチ切れ!

小浜のこの必死さ、怖いです。。

さすがの英一郎も、これには面食らった様子。

久兵衛は、英一郎から小浜が陸軍将校を目指していると聞いて、夜学に通わせると言ってくれました!

小浜の努力が報われそうで良かった!

しかも、他の従業員にも夜学に通わせたいものがいたら通わせるなんて、さすが久兵衛!!!

七夕

七夕にワラで人形を作っています。

ハマさん、女中のワラ人形にケチつけていますが、馬というよりキリン!と笑ってるww

たまには、ハマさんにもこんなことがあって良いかも。

こんな夜に、かをるのお見合いが決まりました。

惣吉とのことは、これで諦めないといけないのか。

天の川をながめるかをるの瞳が、涙でうるんでいるように見えた。

引用元:

<<前回38話 TOP 次回40話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました