澪つくし あらすじ 50話ネタバレ朝ドラ / 広敷の連中自発的に働く キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月17日(火)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、柴田恭兵、根岸季衣、明石家さんま、高品格、牟田悌三、寺田農、鷲生功、安藤一夫、葛西和雄、草笛光子、津川雅彦

<<前回49話 TOP 次回51話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)が入兆へ帰ってくると、ハマ(根岸季衣)のかをるに対する態度がどことなく変わっていました。

律子(桜田淳子)と英一郎(鷲生功)はかをるに、親の犠牲になどならず、惣吉(川野太郎)を諦めるなと後押ししますが、かをるには重荷になりかけていました。

その頃外川では、惣吉がとね(草笛光子)に、かをると結婚する、と宣言します。

律子は久兵衛(津川雅彦)に東京へ行きたいと申し出ますが、12月まで待て、と言われます。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

説明する久兵衛
久兵衛は、給与に納得のいかない広敷の若い衆を前に自分の判断が悪かったとわびます。

日本だけでなく世界中が不景気です。

広敷の若い衆の批判は、ちゃんと久兵衛の耳に入っています。

今は景気が悪く不満はあるだろうが、妾を囲い始めたのは、景気が良かったころだと、久兵衛は律儀に一つ一つ説明をします。

かをる帰って来た!
清次と共に入兆へ帰ってきたかをるに、ハマさんの態度が少し和らいだようです。

かをるが戻って来たことで、律子も英一郎も安心します。

英一郎は、かをると惣吉を一緒にさせたいようです。

かをるに惣吉のことが好きなのだろうと聞きますが、かをるは意外とあっさりしています。

久兵衛は、千代さんが入院をして、入兆の経営が大変な状態になっています。

かをるは久兵衛を、これ以上苦しめたくないと考えているのに、律子と英一郎は、そんなことよりも惣吉とのことを進めようとしています。

惣吉かをるとの結婚の話をする
惣吉は、母の吉武とねにかをると結婚すると話しますが、吉武とねは、梅木たちに会うのはやめてくれと言われたので、惣吉の結婚に反対します。

それに陸者(おかもの)が網主の女房になるのは、どれだけ大変なことかと現実的な話をしますが、惣吉は、吉武とねの言葉に屈しません!

吉武とねは、惣吉の真剣さに折れます。

婦人参政権
朝食時、律子は婦人参政権についてどう思うかと聞くと、久兵衛は「女に政治のことがわかるか」と女性蔑視発言!

政治に興味のある律子は、東京へ行って全国婦人同盟に参加したいと話します。

律子は真面目に考えていますが、久兵衛には受け付けられません。

自発的に働く広敷の若い衆

不景気で、誰しもモチベーションは下がりますが、広敷の若い衆は、これまでの旦那の恩があるからと、自発的に作業量を増やそうと働き始めます!

人材は、まさしく財産です。

かをるが入兆へ帰って来て、広敷の若い衆が自発的に働いてと、久兵衛には良い流れとなるかな?

感想

久兵衛の釈明
景気が悪くて思うように売り上げがあがらず、しわ寄せは従業員の給与ですが、広敷の若い衆は納得いきません。

久兵衛は、みんなが納得できるように説明をします。

お妾さんを囲い始めたのは、景気が良かったからですが、不景気だからと言って、急に切ったら恨まれます。

車を乗り回す話は、お客を乗せたりと、それは良しとして、時には芸者を乗せることもあると、正直!!!

お茶目に笑う久兵衛、憎めない人です。
ハマさん謝った!

かをるが入兆へ帰ってきましたが、梅木がうれしそう!

かをるが謝ると、ハマさんが謝った!

さすがに反省したのかもしれませんね。

清次がうやうやしい態度に、久兵衛は「サッサと帰って働いて借金返せ!」おかしいww

かをるの笑顔も戻って良かった!

重荷なかをる

入兆へ戻って来たかをるに、律子も英一郎もホッとします。

英一郎は、かをるが惣吉と一緒になって欲しいのでしょうが、もし一緒になったら、英一郎は善吉と親戚になれるし、ワクワクするのかな?

律子も惣吉とのことを期待しているようですが、律子は古いしきたりを壊したくてしょうがないのかも。

かをるには重荷というのも、わからなくない。

惣吉の決心

惣吉は、かをるとの結婚を母の吉武とねに話すと、吉武とねは、梅木たちに言われたこともあり反対します。

しかし惣吉は、そんなことで揺らぎません!

吉武とねは、惣吉の真剣さに「イワシの中にサンマが飛び込んでくるようなものか」と理解してくれました!

とねさんの応援があれば、惣吉の夢は叶いそう!

久兵衛反対する

律子は、東京へ行って全国婦人同盟に入って、女性労働者の地位と向上のために働きたいと言いますが、律子の考えていることは、久兵衛が反対しそうなことばかりで笑っちゃいます。

久兵衛には、一難去ってまた一難です。

律子は、なんのために大学へ行ったのかと聞きますが、人生を諦めなければいけないような表情をするずん子さんの演技、うまい!

ハマさんが、律子をかばうと律子は「わかりもしないのに、口を出すのはやめなさい」

うわっキッツーイ!

広敷の若い衆

不景気で給与は上がらず、モチベーションも上がらないはずなのに、これまで旦那に良くしてもらったからと、広敷の若い衆が自発的に作業量を増やしました!

まるで奇跡のような話しですが、梅木はうれしそうに久兵衛に報告します。

久兵衛は「経営者と労働者が結びついた」と目を潤ませ満足そうです。

律子は反発しそうだけど、伝統を守るって尊いと思うな。

引用元:

<<前回49話 TOP 次回51話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました