澪つくし あらすじ 56話ネタバレ朝ドラ / 小畑熱燗!ハマ身の上話 キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月24日(火)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、柴田恭兵、根岸季衣、明石家さんま、高品格、牟田悌三、福田豊土、鷲生功、石丸謙二郎、葛西和雄、内藤武敏、津川雅彦

<<前回55話 TOP 次回57話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

雪の中も惣吉(川野太郎)は、足繁く入兆へ通いますが、久兵衛(津川雅彦)は完全に無視です。

そんな中、久兵衛の義弟が県会議員を連れて、選挙の応援を頼みにやってきました。

律子(桜田淳子)は、かをる(沢口靖子)に手伝わせながら作った政治活動のチラシを配って、広敷たちの前で演説するが、久兵衛に怒られます。

総選挙は無産政党の大敗に終わり、律子は意気消沈します。

そんな折、律子はかをるに、ある人への使いを頼みます。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

久兵衛から、面と向かってかをるとの結婚を断られた惣吉ですが、その後も、雪の日もめげずに入兆へ足を運びます。

選挙
久兵衛の妹の夫が、選挙の応援を頼みに入兆を訪れます。

久兵衛は、家訓のためと商売の方が赤字続きで、政治に関して距離を置いています。

昭和3年の衆議院選挙は、初めてのふつうの選挙になりました。

それまでは、一定の税金を納めた者だけが持っていた選挙権ですが、満25歳以上の男子全てに与えられることになりました。

律子は合田醤油の争議をまとめた記事を書き、かをるは、ガリ版刷りの手伝いをしています。

雪降る中、番頭の小畑が惣吉のために・・・

小畑は、さすがに心を痛めたのでしょう。

かをると律子は、広敷の若い衆にガリ版刷りを渡します。

律子は、今度の選挙は、労働者の味方はどの政党なのか良く考えて投票するようにと、広敷の若い衆に話します。

合田醤油ではストライキがおきていて、労働者が会社の迫害を受けていると、律子は説明します。

そのことを知った久兵衛は、面白くありません。

律子は久兵衛のことを時代遅れだと考えています。

バツイチのハマさん
ハマさんは、惣吉がいくら入兆へ通っても久兵衛の気持ちは変わることがないと、いつものいじわるなハマさんとは違い、親身になってかをるに話をします。

そしてハマさんは、自分の結婚の話を始めます!

律子の才能
英一郎は試験を受けましたが、散々だった様子です。

律子は頭は良いけれど、活かされた人生ではありません。

律子の書いた記事が、警察に目をつけられました。

そうとは知らない律子ですが、律子のモデルになった絵に、買い手がつきます。

喜ばしいことですが・・・

久兵衛にとって、律子の行動は何かと頭痛のタネです。

律子の申し出を聞く代わりに、律子は、また外出ができなくなってしまいます。

そのしわ寄せとなるのが、かをるですが、さすがにイヤな予感が走ったようです。

感想

がんばる惣吉
惣吉は、雪の日も入兆の前で待っています。

番傘をさした惣吉の立ち姿が、美しい、、、

川野太郎さんは、スタッフに10年に1度の良い役だと言われたそうですが、わかる。

かをるも闘う

昭和3年に、やっと普通選挙と言っても女性の参政権はなかったのですね。

雪降る中、一人がんばる惣吉に、かをるは切ないでしょうね。

とうとう応援が!

惣吉のことを心配するかをるですが、そんな気持ちを知ってか知らずか、小畑が、惣吉のために熱燗を持ってきてくれました!

ずっと敵だとばかり思っていた小畑ですが、惣吉の頑張りは小畑の心を動かした!

熱燗の温かさが、沁みるなー

ハマさんの事情
ハマさんは、久兵衛の性格をわかっているので、惣吉がいくら頑張ったところで、見込みがないと見ています。

かをるに諦めさせようと、いじわるで言っているのではないのがわかります。

ハマさんは、母親の言いなりになっている気弱な旦那との過去の結婚生活について話しをします。

ハマさんの意外な一面にビックリ!

仕事には厳しいけれど、悪い人じゃないのかもしれませんね。

絵の買い手が!
律子がモデルになった絵を河原畑が買うと聞いた律子は、すかさず自分が買うと言います!

律子の気持ち、わかるな~

河原畑になぞ、気持ち悪くて買われたくない><

河原畑は自分が書いた小説の感想を律子に聞くと「回りくどくて女々しい」

河原畑に、そのまんまぶつけたような感想で笑っちゃいますが、これってもしかして、嫌よイヤもスキのうちになったりして、、、、

律子は、自分で絵を買おうと久兵衛を頼りますが、絵を買う代わりに、警察から律子の書いたチラシに目をつけられたからと外出は禁止です!

いっそのこと家を飛び出して、新聞記者でもやれば良いのに。

箱入り娘のお嬢さまに、自由は許されないのですね。

でも律子は、知恵は働きます!

律子は、かをるに手紙を渡すようにと頼みごとをしますが、ただの手紙ではなさそう。

かをるは、イヤな予感を感じますが、当たりませんように!

引用元:

 

<<前回55話 TOP 次回57話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました