澪つくし あらすじ 59話ネタバレ朝ドラ / 河原畑!草笛光子説得す キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月27日(金)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、織本順吉、岩本多代、鷲生功、鷲尾真知子、草笛光子、寺泉憲、石丸謙二郎、高橋珠美子、山添三千代、加賀まりこ、津川雅彦

<<前回58話 TOP 次回60話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

るい(加賀まりこ)の家に籠もっているかをる(沢口靖子)の元へ律子(桜田淳子)が訪れ、かをるの潔白を説明しに惣吉(川野太郎)に会いに行ってきた、と告げます。

惣吉はまだかをるを愛しているから希望を捨てるな、と言う律子の言葉に感極まるかをるでした。

るいさんは吉武とね(草笛光子)に会いに行き、惣吉にかをるを諦めるよう説得してくれと頼みますが、とねは、あのふたりを引き離すことは出来ない、とるいの申し出を断ります。
参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

重荷が解放される

律子が、かをるのところへやって来ましたが、素直に謝るのだろうと思いきや、そんな一筋縄でいくような人ではありません。

律子は外川へ行って惣吉に、ことの次第とかをるが純潔であることを話したと打ち明けます。

かをるが惣吉にだけは、ほんとうのことを知ってもらいたいことを律子はわかっていました。

惣吉からの手紙

久兵衛は、惣吉からの巻紙の手紙を読んでいます。

かをるの無実を知ったこと、何度も押しかけ面会を強要したことを謝罪した上で、ちゃんと話をする場を設けて欲しいと言う内容です。

久兵衛は、律子に、どうして惣吉にかをるのことを知らせたのかと責めます。

浜辺で
昭和3年4月20日の新聞で、合田醤油の争議が解決した内容が掲載されました。

組合側の惨敗です。

水橋は、ずっと拘留されています。

律子は、気持ちを鎮めようとしたのか浜辺にいます。

すると、タイミングよく河原畑が現れた!

律子には、とんだ邪魔です!!

ちなみに桜田淳子さん、身長160cmです。

律子は、千代さんのところへ見舞いに行きます。

千代さんは、穏やかにかをるたちの話をしますが、英一郎の性格は、千代さん譲りだろうな。

るいさん外川へ

るいさんは惣吉の手紙を返しに外川へ来ました。

真っ黒に日焼けした浜の豪快な女主人と、大店の旦那のお妾さんとして、おしろいのかほりが漂ってきそうなるいさんが対照的です。

るいさんが心配に思うのもわかるので複雑ですが、こういう吉武とねのような人の息子なら、間違いないと思うけどな・・・

ともかく吉武とねは、久兵衛の気持ちを動かせるのは、るいさんだけだと説得!

感想

律子が来た
律子のおかげで捕まったのに、かをるは、愛想よく律子を出迎え、人がいいよー

ツエさんが、お茶を持ってこようとすると律子は「結構です」と断ると、ツエさん、調子を崩して転びますが、ほとんどコントレベルでおっかしいwww

律子は「迷惑をかけてしまったわ」とクールですが、それだけ?

律子は、惣吉と会ってかをるが純潔だということを話したと言うと、かをるは目を潤ませます!

清いです。

律子に「希望を持って」と言われると、かをるの瞳がキラキラして、健気にお礼をしてかわいい☆

由岐とみずえとかをるの3人で泣いていると、ツエさんもそばへ寄って泣き出しますが、ツエさんの純粋さが良く出た泣き方が印象的。

惣吉からの手紙

英一郎は、惣吉の巻紙の手紙を読む久兵衛の様子をうかがっています。

この微妙な英一郎の表情が良い!

ところが、どんな誠意を持った内容でも久兵衛には、届きません。

久兵衛が律子に呆れると、英一郎は「父さんは石頭だな」と呆れます。

久兵衛は怒りますが、この怒り具合わかる。

昔のお父さん!

英一郎を叩こうとして、かすって肩を痛め笑っちゃいますw

四十肩。。。

絶望的?

律子が工作資金を工面しても、思うようにいきません。

合田醤油の争議で、組合は惨敗したと新聞の紙面に掲載されます。

思うようにならない現実への怒りがピアノに現れているよう。

少女に何が起ったか・・・

そんな中、水橋は取り調べでうつろな目つきですが、なんだか笑っちゃう。

律子は、ピンクの洋服で海を眺めて、なんてドラマチックと思っていると、河原畑の声が!

しかも河原畑、転んだ!

ひゃ~寄って来ないで~

せっかくの衣装も、河原畑の出現で台無し。。。

ペシミスティック

律子は、河原畑にいつものごとくクールに交わしますが「邪魔しないで!」と言ってくれた!

千代さんのところへお見舞いに行きますが、河原畑からの千代さん。

ホッとします。

説得されるるいさん
るいさんは、惣吉の手紙を、わざわざ外川へ返しに来ました。

るいさんはとねに「惣吉のお嫁に来てくれたらありがたい」と言われると「そんな簡単におっしゃらないでください」と、この言い方。

このるいさんの気持ち、わかるな。

とねさんは「かをるさんをもらうのは命がけだよ。失敗したら笑いものだよ」

これも言いたいこと、わかる。

すごくリアルな会話です。

とねさんは「涙ぐましいほど惚れ合っている」と、二人の気持ちを理解して、ウルッと来た、、、

「一生恨まれるかもしれませんよ」

ウッウウウ、、、

とねさんにこんこんと説得され「旦那の気持ちを変えられるのはアンタしかいない」

キッパリと話すとねさん、素敵すぎる、、号泣、、、、

るいさんが、ただの小娘にしか見えない。。。

引用元:

<<前回58話 TOP 次回60話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました