澪つくし あらすじ 61話ネタバレ朝ドラ / 河原畑が律子!弥太郎が? キャスト再放送感想

澪つくし あらすじ 67話ネタバレ朝ドラ / 英一郎ひょっこり!黒不浄 キャスト再放送感想 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年11月30日(月)

澪つくしキャスト

沢口靖子、桜田淳子、川野太郎、明石家さんま、織本順吉、岩本多代、福田豊土、寺泉憲、安藤一夫、石丸謙二郎、草笛光子、加賀まりこ

<<前回60話 TOP 次回62話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

かをる(沢口靖子)と惣吉(川野太郎)の結納が交わされ、かをるは千代さん(岩本多代)に挨拶し、漁師の家に嫁ぐ覚悟を語ります。

その頃、拘留されている水橋(寺泉哲章)と律子(桜田淳子)の手紙のやり取りも難しくなってきていました。

夏には二年ぶりに盆踊りが開かれ、かをると惣吉も久しぶりに会うことができました。

盆踊りの場でもしょうゆ屋と漁師のけんかが起こり、二人は結婚を機に、そんな仲たがいがなくなればいいと思うのでした。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

昭和3年5月10日、かをる満18歳の日に、結納が交わされました。

挙式は12月4日です。

かをるとるいさんが、千代さんの所へあいさつに行きます。

千代さんは、漁師の女房は忙しい上に、お姑さんは寝たきりなので大変だと話しますが、かをるは全て覚悟の上で決めたことです。

昭和3年6月4日、満州で列車が爆破された張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)がおこります。

6月29日、治安維持法が改正されます。

律子は、水橋を純粋に応援していますが、水橋が出所したとしても、ものものしい世の中になり、今までのような活動は厳しくなりそうです。

偏見

由岐に女の子が生まれ、かをるは遊びに来ました。

ところが由岐の母が、かをるが外川の漁師へ嫁に行くと聞いて、あまり良い表情をしません。

律子絶望?

律子は、沖田のところへ水橋からの手紙を受け取り行くと、沖田は、世間の動きを心配して、今後の手紙の取次を断ります。

水橋の手紙の文面から、今の置かれた状況がわかりますが、水橋が律子に願うことは・・・

律子の恋愛は、お先真っ暗です。

盆踊り

大正天皇の喪があけた夏の盆踊りが盛り上がり、この時は男女の交際は大目に見られます。

かをると惣吉の美男美女カップルが、ひと際目立ちそうです!

河原畑とバー!
冷静沈着な律子が、何を血迷ったのか河原畑とバーにいます。

河原畑にはチャンスですが、水橋とのことで思うようにいかない律子が心配です。

甘いささやきが

盆踊りの後、かをると惣吉は、漁師と醤油屋が仲の悪いことなどを話しますが、婚約中の二人です。

誰にも邪魔をされず、甘いささやきに酔いしれるかと思っていると・・・

引用元:

<<前回60話 TOP 次回62話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました