澪つくし あらすじ 63話ネタバレ朝ドラ / 吉武かをると惣吉!5日目で キャスト再放送感想

澪つくしあらすじ 157話ネタバレ感想 / 久兵衛が死去!とねさん泣く キャスト再放送朝ドラ 澪つくし

スポンサドーリンク





 

2020年12月2日(水)

澪つくしキャスト

沢口靖子、川野太郎、織本順吉、鷲尾真知子、安藤一夫、高師美雪、飯沼慧、浜田晃、三田村賢二、竹内のぶし、草笛光子

<<前回62話 TOP 次回64話>>

澪つくし あらすじ ネタバレ

披露宴は一日では終わりません。

二日目は縁故者、三日目は近所の人、四日目は惣吉(川野太郎)の友人関係、と客を入れ替えながら四日四晩続きます。

その間にかをる(沢口靖子)は寝たきりの惣吉の父文吉(飯沼慧)と言葉を交わしたり、吉武家の炊事場の女中たちと漁師の家の台所について話を聞いたりします。

ようやく披露宴が終わって五日目の晩に、ふたりは愛を語り合い、ようやく結婚できた幸せをかみしめ、結ばれたのでした。

参考:Yahoo!テレビ

前置きレビュー

OPが古川かをるから、吉武かをるになりました!

披露宴が終わり「嫁迎えは鶏が鳴くまで」と銚子で言われていますが、酔いつぶれた惣吉はすでに眠ってしまっています。

かをるの新しい1日が始まりました。

朝、善吉が台所に来ると、かをるが手伝いをしているので驚きます。

お手伝いのおばさんが、惣吉がやることもやってなく外川漁師の恥だと笑っていますが、今ならセクハラ案件?

新婚早々、気まずい思いをする羽目になったかをるです。

寝たきりの惣吉の父にあいさつをするかをる。

父の文吉は、惣吉が嫁をもらったことをちゃんとわかっています。

披露宴は1日では終わりません。

2日目は、遠い親戚などが呼ばれますが、かをる側の出席者は勘当されたことがあってかいません。

その夜、今度はかをるの疲れがひどく惣吉よりも先に眠ってしまいます!

惣吉は、かをるの寝顔だけで満足するしかありません。

ツエさんが、漁師たちに自己紹介しますが、口の悪い人たちですが、ツエさん、負けません!

ハマさんの次は漁師たち相手に、ツエさんの人生、楽じゃありません。

披露宴3日目は、近所の人たちを集め、4日目は惣吉の友人がメインです!

披露宴が終わり、やっとかをるは惣吉と二人きりになりました。

と言っても、みんな片づけをしているので、かをるは落ち着きませんが、網主の惣吉はしっかりしています。

かをるは漁師の女房として生きていくことを誓いますが、これで甘い時間を過ごせるかと思っていると・・・

かをるは惣吉と一緒になれたことをひしひしと感じます。

惣吉はかをるの覚悟を知り、これ以上ないくらいの幸せを感じたでしょう。

5日目でやっとです・・・

感想

新婚!
今日から漁師の女房として、新しい1日が始まりました!

と言っても、新婚早々、かをるが台所の手伝いをして善吉は驚きます。

「することもしねえで!」おばさんが代弁!

かをる、恥ずかしかったでしょうね、、、、

巻き網の文吉

惣吉のお父さんは寝たきりですが、ちゃんとかをるのことはわかっています。

惣吉にお嫁さんが来てくれて、涙が出るほどうれしいと思う。

酒と女におぼれなかったら、今頃組合長になっていたと、とねさん悔しいでしょうね。

今晩はかをるが

かをるは疲れて、惣吉より早く寝ちゃいました。

惣吉は、かをるの寝顔だけで満足・・・

もうれんやっさ

広敷に慣れたと思ったら、今度は漁師相手で、ツエさんの人生も楽じゃないです。

ツエさんは、元気よく自己紹介すると、「もうれんやっさ」と幽霊呼ばわり!

失礼すぎる!!

網主の披露宴

盛大な披露宴と言っても4日連チャン!

こんなかわいいお嫁さんをもらって、惣吉は鼻高々だろうから、楽しいのかも!

やっとかをるは惣吉と二人きりになりましたが、まだみんな片づけなどしている時間。

かをるが落ち着かないのもわかります。

しかし、惣吉はしっかりしています!

初めが肝心とばかりに、かをるに網主の女房として、自分の手につかまっていれば良いと、きゃー

惣吉さん、、、

するとタイミングいいのか悪いのか、とねの恐縮しているような声で、惣吉の仲間がよんでいると言って来ました!

一人きりになったかをるは、ここまでたどり着けた思いに、しみじみと久兵衛とるいさんに感謝をします。

反対されても、諦めずに惣吉との絆を信じて良かった。

そして今日こそ、かをるは寝ないで、惣吉を待っています!(笑)

惣吉が、凛々しく戻ってくると、かをるは、「この世で一番の幸せをつかんだ!」と漁師の女房としての覚悟を惣吉に打ち明けます。

いや~ん、惣吉、うれしいでしょうね。

そしてやっとかをると惣吉が。。。。

良く眠れそう。

引用元:

<<前回62話 TOP 次回64話>>

スポンサドーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました